★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 481.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
参考人から「待った」がかかり、新型インフルワクチン副反応の疫学解析を事務局が約束 厚労省検討会
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/481.html
投稿者 どっちだ 日時 2009 年 12 月 05 日 22:13:10: Neh0eMBXBwlZk
 


 松本和則・独協医科大特任教授(安全対策調査会座長)は

「現段階では新型インフルエンザワクチンと死亡や重篤な例との間に因果関係を認めるものはないという整理」

でとりまとめ、押し切ろうとした。しかし、桃井真理子・自治医大小児科教授(参考人)のまっとうな意見で待ったがかかった。

「これらのデータを見せられて、よいですねと言われても、疫学的に比較検討できるデータもないし、カルテも見てないし、何も言えない。因果関係がないと言うためには、何日まで何人見たらよいのかというスタディデザインがされたデータが出てこないと言えない。そのようなスタディを行うことで危険なのかという疑念を呼ぶマイナスはあるかもしれないが、ぜひ検討いただきたい」

それを無視して結論を急ごうとした検討会事務局だが、稲松孝思・東京都健康長寿医療センター感染症課部長(副反応検討会委員)からも待ったがかかり、疫学的比較試験と解析を行うことになった。

もう少しで、科学とは無縁のシャンシャン検討会になるところだった。
今回は恥ずかしい事態が回避されたが、次回はいかに?


-------------------------------------------------------------------------------

ロハス・メディカルから転載
http://lohasmedical.jp/news/2009/12/05152726.php


新型インフルワクチン 疫学解析を 副反応検討会

川口恭 (2009年12月 5日 15:27)


 先月30日に新型インフルエンザワクチンの安全性について検討する厚生労働省の検討会が開かれた。接種後まもなくの高齢者の死亡が相次いでいることに関して、委員からは「ワクチンとは関係ない」という意見が大勢を占めたが、「関係あるとかないとか言えるだけの疫学データが示されていない」と参考人から「待った」がかかり、事務局は研究班に依頼して解析を行うと約束した。(川口恭)

 先週から今週にかけて非常に多忙で報告できていなかったが、疫学解析を行うと事務局が約束したことに関して、あまりメディアで報じられていないようなので、議論がなかったことにされないよう証拠保全的意味を込めて書いておく。

 この検討会は『薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会』と『新型インフルエンザ予防接種後副反応検討会』が合同開催されたもの。新型インフルエンザワクチン接種後の死亡例や重篤症例に関して、主なやりとりは以下の通り。

 永井英明・国立病院機構東京病院呼吸器部長(副反応検討会委員)
「季節性ワクチンに比べて死亡の報告が多い。これは報告義務があるから多いのか。というのは、新型ワクチンの死亡例が多いというイメージが流れている。因果関係のないものは排除して季節性と同じようにして数を出さないと今後ますますこの数だけ増えることにならないか」

 多屋馨子・国立感染症研究所感染症情報センター室長(副反応検討会委員)
「明らかにワクチンとの関連ないものはハッキリ分けてしまうほうが誤解を招かないのでないか」

 稲松孝思・東京都健康長寿医療センター感染症課部長(副反応検討会委員)
「報告基準が違うので同列には比較できない。基礎疾患のある人が接取されているから死亡率も高くなっていて、念のために報告というのがほとんどだろう」

 河野茂・長崎大学病院院長(参考人)
「今の薬剤に関しては関係あろうがなかろうがすべて報告することになっている。報告が来るのは当たり前で仕方ない。そして、その因果関係が本当にサイエンティフィックに結論が出るかというとなかなか難しい。たとえ関係ないと言っても、それを信用する人もいれば信用しない人もいる。それを議論しても仕方ない。問題は従来のワクチンと理屈のうえではリスクが変わるはずはなく死亡までの副反応があるとは考えられない一方でメリットはあるということだ。いわれのない罪をワクチンに着せるのはかわいそう。その辺りのメリットデメリットを世間の方とか先生方にわかりやすく提言するしかないのでないか」

 庵原敏昭・国立病院機構三重病院院長(参考人=治験実施担当医師)
「重症例の方でも明らかに因果関係のあるものはない。数字だけが勝手に走り出しては困る。公表する時にきちんと説明する必要があるのでないか」

 五十嵐隆・東京大学小児科教授
「0歳から50歳までは死亡者がいないことになっている。この年代には、どの程度の割合で打たれたのか。こちらの方が多いのでないか。そうでもないか。というのは、もし何かワクチンに原因があるのだとして、若い人にも副反応は起きるのだけれど、高齢者にだけ恐ろしいことが起きる理由を考えないといけない。そんなことはないんだと言うためにも、実際の接取割合が分かるともう少し判断できるのでないか」

 事務局
「医療従事者が最も先に行き、続いて妊婦と基礎疾患のある人という流れ。幼児と小学生には前倒し。高齢者の場合は、この中で言うと基礎疾患のある人になる。数に関しては、医療機関も忙しいので、まだ十分に捕捉できていない。その報告が出てくると、もう少し議論できるのかもしれない」

 稲松
「長年、高齢者の死因の研究をしてきた。年に100万人弱いの方が生まれて死にほぼ平衡。死ぬかたの多くが高齢者であり、その中でも24時間前までは元気で予期できなかったという人が大体5〜10%いる。その中で構図として、いつもと違ったことは何かなかったかと探した時に、そういえばワクチンを接種したというような話になってしまうものは、ある程度の数出る。

 だから、今回報告された症例の数々を高齢者には普通のことと感じるか、それとも何か異常なことと感じないといけないのか、臨床家としての能力を問われているのだと思う。今のところワクチンとの因果関係を疑わせるような症例はないと思うが、しかしそれを100%ないとも言えない」

 川名明彦・防衛医大内科第二教授(副反応検討会委員)
「資料では、季節性ワクチン接取後の死亡率は1000万人に1人とか、1億人に4人になっている。これを100万人に5人という新型インフルエンザの数字と比べると、逆に低すぎるんじゃないかという気もする。これはどういうことか」

 事務局
「前回も説明したが、新型インフルエンザワクチンに関しては因果関係の如何に関わらず報告義務のある予防接種実施要領で報告を求めている。これに対して季節性インフルエンザワクチンは、副反応によると疑われる事例のみ報告を求める薬事法の下のもの。そういう違いがある。また、社会的な関心が高いこともあるだろう」

 永井
「しかしネットなどでは、そういう背景は説明されずに数字だけが流れる。もう少し明確に、基準が違うんだと打ち出してもらわないと誤解を払しょくできない。我々現場の臨床家としても、基礎疾患のある人だから死亡率が高いんだというような話だけが出ると、基礎疾患のある人にこそ打たなければならないのに困る」

 松本和則・独協医科大特任教授(安全対策調査会座長)
「対象の人にそう説明しないといけないのでないか」

 永井
「ワクチンの副反応がきわめて怖いというイメージができるのを恐れている。国民全体のワクチンに対するリスクの許容範囲が明確になっていない。そこをハッキりさせてもらう必要があるのでないか」

 松本
「季節性と比べてどうかというのが一番簡単。きちんと評価した方がいいが実際問題難しい。打つべき人が打ってこういうことが起きている。基礎疾患を悪くした可能性は残っている。一方で、罹ったらもっと悪いことの起きる可能性が高い」

 河野
「ワクチンを打った後の問題と打たずに罹った場合の問題をどう見るかだが、医師の間にも誤解している人が多いのでないか」

 松本
「医師の教育について話が出たが」

 飯沼雅朗・日本医師会常任理事(参考人)
「我々のところに現場から届いている苦情で最も多いのは書類書きが多いこと。ワクチンの何たるかを現場で1人1人に説明するなんてことは不可能。国で責任を持って分かりやすくじっくり何回も広報して説明してほしい」

 松本
「因果関係に関する判定基準も必要でないかとは思うのだが、しかし今のところ難しい。ということでよろしいか」

 永井
「発表することそのものに反対しているわけではない」

 松本
「では、現段階では新型インフルエンザワクチンと死亡や重篤な例との間に因果関係を認めるものはないという整理でよろしいか」

 桃井真理子・自治医大小児科教授(参考人)
「これらのデータを見せられて、よいですねと言われても、疫学的に比較検討できるデータもないし、カルテも見てないし、何も言えない。因果関係がないと言うためには、何日まで何人見たらよいのかというスタディデザインがされたデータが出てこないと言えない。そのようなスタディを行うことで危険なのかという疑念を呼ぶマイナスはあるかもしれないが、ぜひ検討いただきたい」

 松本
「その点は事務局でも検討を」

 事務局
「ではとりまとめの評価としては前回同様で、さらに今後の対応について、接種を行うことの適否を慎重に対応することの徹底と情報提供の徹底とを強調することで」

 なんと桃井参考人の意見を無視した。が

 稲松
「疫学的比較試験がなければ決着がつかない。今回の機会を捉えて解析すべきでないか」

と意見が重なったことで事務局もさすがに無視するわけにはいかなくなったようだ。

 事務局
「研究班などもあるので検討したい」

 次回、きちんと疫学研究について報告される。注目だ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
「桃井真理子」ではなく桃井真里子先生ですね。立派な参考人だ。子供の神経発達の観点から、妙なワクチン騒動に対して疑問を持たれていると確信します。
2009/12/05 23:14
医学会には、欧米系の製薬会社からのお金が、流れているのですか?
 
研究依頼という名目のワイロという意味ですが。
自分さえよければ、社会や国は関係ないという人は相当に増えているようです。
 
これからは、勤務評定に "売国率" という項目を設けたいですね。
松本・独協医科大特任教授は、売国率=80%以上
桃井・自治医大小児科教授は、売国率= 5%以下
 
医学会は、教授に逆らうと、出世は絶望的ですから、松本さんの配下は、まず
全員が売国率が高いでしょう。
こうやって、ワクチン陰謀は、徐々に裾野が広がることになります。
 
分野は別ですが、検察庁や警察も、同様の手口で売国的な人で満たされたと
思っています。
売国は怖いです。アヘン戦争で清国が英国に負けたのも、中国国内の売国者が、
英国艦隊の湾内進入を手助けしたのが原因でした。
(阿修羅の投稿で知りました。歴史の板。)

2009/12/06 02:57
桃井真理子先生の真の研究者としての御発言に同意します。

が、何より、妊婦さんの接種を最優先にとの事務局の発言に、何の異も唱えない、医師達の低能さにあきれ返るばかりです。

「いわれのない罪をワクチンに着せるのはかわいそう。その辺りのメリットデメリットを世間の方とか先生方にわかりやすく提言するしかないのでないか」とほざいた、長崎大学病院院長・河野茂、
 
「医師の教育」とのたまわった松本和則・独協医科大特任教授(安全対策調査会座長)

ワクチンのことになると必ず顔を出す、庵原敏昭・国立病院機構三重病院院長(参考人=治験実施担当医師)

今後生まれてくる子供たちに、万が一何かあった場合、おまえらがどんな発言をしていたか、この御投稿によって大勢の良識ある方々の心に大きく忘れされない記録として残った事を、心しておけ!

いったいどんなやつらが、馬鹿な御用人なのかと思っていたところでした。
貴重な情報心より感謝申し上げます。

桃井先生、稲松先生の御発言が、日の目を見る事を、また御用人によるねつ造された疫学調査でシャンシャンとならない事を、心から願います。
2009/12/06 03:18

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。