★阿修羅♪ > 議論29 > 186.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
↑の続報 <街のうた>自立支える善意の輪―事務所の八畳間は、布団と米袋で天井まで埋まった。
http://www.asyura2.com/09/dispute29/msg/186.html
投稿者 有島実篤 日時 2009 年 2 月 21 日 17:43:46: JnUMLBjEgL1oc
 

(回答先: 人間の善意を信じます 投稿者 有島実篤 日時 2009 年 2 月 13 日 23:34:36)

http://blogs.yahoo.co.jp/kamasuzuminoru

2009.02.19 北海道新聞朝刊地方ページにこんな記事が載りました。
実際にはコメ2トン、布団も200組を超えているようです。
「なんもさなポート」が経営し、元ホームレスなどが利用する食堂「あそびば」は、3月15日まで限定ですが、ご飯物を一律50円値下げし、「善意」を還元しています。朝食は150円になりました。

【北海道新聞の記事】
 「私もパートで、勤務日数の少ない月は貯金を下ろしながら生活しています。失業のニュースがあまりに多く胸が痛みます。入寮されている方が安心して暮らせるよう祈ります」。十キロ入りの米袋の一つには、こんな手紙が添えられていた。

 ホームレスの自立を支援する札幌市北区の市民団体「なんもさサポート」(中塚忠康所長)。路上生活者を寮に受け入れ、衣食住を提供しながら、職探しから自立までを支えてきた。

 大量解雇が始まった昨年秋以来、寮の入居者が急に増えた。布団とコメが足りなくなり、新聞紙上で食料と寝具の寄付を呼びかけた。

 それから二週間。寄付を申し出る電話は鳴りやまず、ビニール袋にくるんだ清潔な布団や、米袋を事務所の玄関先に置いて黙って立ち去る人の姿が、絶えなかった。

 全道から集まった寄付は、布団百五十組、コメは約一トンに達した。「こんなに集まるなんて、ほんとにびっくりしました。世の中捨てたもんじゃありませんね」。真鍋千賀子相談員は、少し目を潤ませる。

 寄付を寄せたのは、決して裕福な人ばかりではない。むしろ、年金生活の高齢者や女性の姿が目立った。その中に一人、真鍋さんが忘れられない人がいる。五十代半ばの女性だった。

 「私の息子も行方不明です。もしかしたら、いずれこちらにお世話になるかもしれませんので」

 女性はそう言って、コメ十キロと布団を真鍋さんに託した。そして名前も住所も言わず、また雪道を一人帰って行った。(佐藤千歳)

【写真説明】寄付された大量の布団を整理する真鍋相談員

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論29掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。