★阿修羅♪ > 議論29 > 261.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ネット部落民の「単線思考法」は、「思い上がり」と「視野狭窄」からきている
http://www.asyura2.com/09/dispute29/msg/261.html
投稿者 仁王像 日時 2009 年 4 月 25 日 08:51:40: jdZgmZ21Prm8E
 

・Re: 「小沢でなければ勝てないという意見が分からない」に同感
 http://www.asyura2.com/09/dispute29/msg/253.html
 投稿者 仁王像 日時 2009 年 4 月 19 日 21:25:05: jdZgmZ21Prm8E

 (上の続き)
 ネット部落の世論で優れているのは、激しいメディア批判である。だが、そこに陥穽もある。

 今回の西松献金事件では、不当な国策捜査であり、小沢一郎は法を犯してない、ゆえに代表の座を降りる必要はなくそのまま闘え、代表の座に留まった方が、総選挙にも勝てる、の一点ばりだ。
 国策捜査という変数「x」のみで方程式を立て、その変数のみで思考するから「単線思考」である、一次元を行きつ戻りつするので、「行ったり来たり」思考とも言える。

 対するプロは違う。「金権体質」への国民の批判がどの程度か、変数「y」でも方程式を立てる。さらに、まだ政権を運営した実績のない民主党の政策で、自民党と対比して際立っているのは何か、国民はどれくらい支持するのかという変数「z」でも方程式を立てる。そのほかにも変数はある(アフガン派兵等)。

 プロは複数の方程式を立て、自らリサーチしたデータやメディアの各種定量的データも勘案して、連立方程式の解を出力する。だからアマチュアとは異なる質が伴い価値がある。だから売れるのである。生計を立てられるのである。その解は論者によって異なることはある。

 ネットのアマチュアは自分の都合の悪いデータは全く眼中に入らない。いや排除する。思考の外側に放り出す。自ら金や労力を出してリサーチしたデータがあるわけではない。もっとも得意とするのが単線思考である。情緒的・感情的な「マスこぎ思考」になっている。都合の悪い事実やデータを踏まえないから主観的妄念には歯止めがかからない。その思考出力が一般国民に売れるなら、即プロになれる、生計を立てられることになる。
 しかし、そんなことはあり得ない。そこにプロとアマの本質的な違いがある、ということは十分自覚されてしかるべだ。

 一般国民は家族を抱え、仕事を抱え、日々の生活に追われている。匹夫の正義感に支配される単線思考に付き合っているヒマはない。総合的に判断する。苦労しているから「直感力」も働く。思い上がった「ネット貴族」とは違う社会規範にあると考えられる。健全で良識的とはそういうことだと思う。ネット部落世論は、一般国民世論の前に一敗地にまみれるだろう。


・小沢代表が地方行脚を始めた事に恐怖したアソウ自公政権…前原に小沢攻撃をさせて、メディアに空疎な辞任要求を怒鳴らせる。
 http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/201.html
 投稿者 新世紀人 日時 2009 年 4 月 24 日 13:03:51: uj2zhYZWUUp16

・民主小沢が元気を取り戻した!マスメディアはスルーするが…今夜の記者会見で戦闘モードを感じた!
 http://www.asyura2.com/09/senkyo61/msg/950.html
 投稿者 明日のジョー 日時 2009 年 4 月 21 日 20:14:25: 2mRCBALq2vKFs  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論29掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。