★阿修羅♪ > 議論29 > 291.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
森田氏は小沢個人の政治姿勢を以前から一貫して批判してきた。民主党を直接の対象にはしていない、
http://www.asyura2.com/09/dispute29/msg/291.html
投稿者 仁王像 日時 2009 年 5 月 05 日 08:50:54: jdZgmZ21Prm8E
 

・小沢一郎氏の基本的な政治スタンスは新保守主義・新自由主義である@A/森田実
 http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/556.html
 投稿者 仁王像 日時 2009 年 5 月 04 日 15:57:27: jdZgmZ21Prm8E

 (上に関連)
 とみるべきである。現に森田氏は民主党に政権を執ってもらいたいと考えており、そのため民主党内に党内民主主義が確保されているのかどうかも心配している。「小沢に率いられる民主党」を批判しているということは言える。

 第二に、小沢個人の政治思想と民主党の政治姿勢は完全に一致しているわけではないことも考える必要がある。民主党は小沢の私党ではなく国民に支えられた公党である。一つの事例は小沢が失敗した「大連立」がある。失敗後も小沢は自分の考えは正しかったと言い張り、だが党の意向には従うとしたのだ。小沢民主党が過半数前後を占めれば、またぞろ「大連立」が復活する恐れのあることを森田氏は指摘している。(小沢個人の政治思想と民主党の政策上の齟齬は実際の政権運営時にはもっと顕在化していくことが予想される)

 第三に、民主党は何年か政権運営をして、その実績を国民の前に問う政治状況を一度は作り出さなければならないと思う。民主党の政権公約が果たしてどれだけ実行されるのか。いろいろな原因で一部、あるいはほとんど不履行という可能性は考えておく必要がある。または政権と取るための単なる方便ではなかったと揶揄される事態もあり得ることである。この可能性を現時点で全否定し尽くすのは”赤子”のレベルである。

 第四に、小沢一郎『日本改造計画』の冒頭の部分を覚えているが、イエローストーン公園の事例を出して、ルールは作るがアチコチに禁止事項の札をやたらに立てて「規制」はしていない。事故やケガは自己責任のもとに自由に公園内を散策できるようにしている、ということで「規制はない方がよい」という考え方の走りを提示している。これを実行したのが小泉である。
 小沢が自民党に残ってもし首相の座についたら小泉と全く同じような「規制緩和策」(新自由主義)の政策ととっただろうこと筆者も思う(その代わり小泉の出番はなくなっていた)。

 冒頭のサイトから再引用。
 「小沢氏の「日本改造計画」を実際に実行したのは小泉純一郎首相だった。だが、「小泉構造改革」は日本を破壊した。日本はいま「脱小泉構造改革」に向かって動き始めている。しかし、小沢一郎氏がめざしているのは小泉構造改革と同じ「日本改造計画」なのである」。

・Re: 森田氏はむしろ民主党に政権を執ってもらいたいと考えている
 http://www.asyura2.com/09/senkyo61/msg/160.html
 投稿者 仁王像 日時 2009 年 4 月 03 日 07:18:53: jdZgmZ21Prm8E

・総選挙後、大連立政権が生まれる可能性は高い。自民党の大幹部、民主党の小沢代表ともに大連立志向である。/森田実
 http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/216.html
 投稿者 仁王像 日時 2009 年 4 月 24 日 19:53:09: jdZgmZ21Prm8E  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論29掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。