★阿修羅♪ > 議論29 > 310.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 小沢一郎の「官僚と闘う」ということの胡散臭さと危険性
http://www.asyura2.com/09/dispute29/msg/310.html
投稿者 仁王像 日時 2009 年 5 月 09 日 11:28:43: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 「官僚と戦う」というのは確実に約束されていることなのかい?――小沢は約束している 投稿者 南青山 日時 2009 年 5 月 09 日 10:47:51)

 私が言うのは、実行可能性ということ。そして一番大事なことは、「官僚と闘う」ということが、道理とスジが通っているなら、私も断固支持する。しかし、小沢のそのようなアマチュアの善意をはるかに超越した危険極まりないものである可能性を、一方では良く考えておかないと足元をすくわれ泣きっ面を書くことにもなる。

 ヤコブ・モルガンは早くも下のような警告を発している。ネット善人にとっては、いかに胸苦しくても、真正面からよく考えていかないといけない。

 小沢の片言隻語からアメリカと闘う、などという確証が得られますか。いつどのようにどんなキッカケで変心したのか。良心に目覚めたのか。「第七艦隊発言」などは、小川和久氏や江畑謙介氏などの軍事専門家の見解を聞かないと簡単には素人判断はできない。

 貴方は小沢の過去の政治的業績から国民のためになったものを三つ挙げられますか。また、小沢がいかに優れた政治家であることを三つぐらい論証できますか。端的に、過去の実績から言って、本人の言うことをそのままに信用はできない、ということ。

ヤコブ・モルガン『悪魔の使者・小沢一郎』/第一企画出版(1994)から一部抜粋

<自衛隊をユダヤ国連軍に献上したいのだ>
・小沢が目ざす日本改造のプログラムとは次の通りだ。
 о自民党を政治スキャンダルで倒し連立政権を樹立する
 о二大政党制をつくり一方の領袖として政治を独占化する
 о官僚制を崩壊させ地方分権をはかると同時に新たな独裁制を敷く
 о憲法を改正し、自衛隊を改組して国軍とするが、この軍隊は日本国民のための軍隊ではなく「世界政府」に奉仕する軍隊である
 
<中央集権破壊は小沢独裁のためのステップ>
・小沢が日本人を「規制」好きの国民であるとし、「規制」の緩和を目論むのは実は別の目的がある。官僚による中央集権体制の崩壊であり、日本国家の解体である。そのためには中央官庁のもつ数万とも言われる許認可権、規制を撤廃し、官僚の力を殺ぎ政府を弱体化させることである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論29掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。