★阿修羅♪ > 議論29 > 381.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なんとしても自民党・公明党を下野させましょう
http://www.asyura2.com/09/dispute29/msg/381.html
投稿者 縄文ビト 日時 2009 年 7 月 08 日 09:27:49: egUyw5BLxswRI
 

(回答先: 「まずは自民党・公明党を下野させることです」、全く異存はありません 投稿者 有島実篤 日時 2009 年 7 月 07 日 18:20:41)

>「民主党政権に代わることで革命に近いもの」というのは、期待のし過ぎではないかと思います。
 
今の自民党の慌て方を見て現在の自民党政権がひっくり返ったとき、元総理の森氏等自民党のお偉方が下野し、単なる野党の一議員になるということです。厚生労働大臣も陽の当たらない議員席にいってしまうわけです。そのことを予想し耐えられない気持ちの反映として、何が何でも政権にしがみついていようとしている姿をマスコミを通じて流していると見て取れます。国民はそのことを知ってきたのではないでしょうか。

>「自民党が少数政党に変わっていく」「二大政党制の中で社民党を伸ばしていけばいい」というのも楽観的過ぎると思います。
 
 あなたが恐れていたこと>自公の退陣は歓迎だが、民主の圧勝は困る 。ということは民主党が衆議院で過半数以上を制した場合を想定していたのではないでしょうか。そこからの方向として、現自民党に変わる政権として民主党が浮かび上がるわけです。そのとき二大政党制の中で自民党と民主党の駆け引きの政権になれば、今までの古い構図の政権と同じですが、そのとき無党派層は沈黙してしまい、投票率の低迷という結果になってしまいます。

 今の民主党が政権を維持していくためには企業献金を止め、無党派層の掘り起しから個人献金に向かっていかざるを得ないという構図になっていきます。
 
 もし仮に民主党が今回の総選挙において政権に就いた場合、少なくとも自公を下野させるということで民主党に投票した人達は、私及びあなたを含めて次回の国政選挙で民主党に票を投じますか?おそらく自公を下野させるということでの投票である限り、本来の支持している政党に入れるのではないでしょうか。それが社会党であり国民新党であったとしても。

>民主党政権が、本気で「政財官癒着構造からの脱却」を目指したとき、自民と通じて「政財官癒着構造の維持」を図ろうとする輩が現れないとも限りません。

>その時に、民主党のリベラル派や社民党が、いったん手にした政権を手放すことも覚悟のうえで、毅然として、裏切りと闘うことができるかどうか、疑問に思うのです。

 裏切りと戦うという裏切り者は誰を指しているのかわかりませんが。ただ前にも書き込みましたが「ローマは一日にして成らず」で民主党のリベラル派や社民党をみていくことが大切かと考えます。急がず焦らづです。


>政権維持のために妥協を重ねれば、村山内閣時の社会党のように、「社民党を伸ばす」どころか、自ら墓穴を掘ることになると危惧するのです。
ついでに言えば、民社党を伸ばすよりも、共産党を外から改革する方が早いのではないでしょうか。

 今回の総選挙において民主党が政権をとったとき、共産党はどのように出るのかが見ものだと感じます。民主党の出した議案に反対票を投じれば野党に成り下がった自公の肩を持つようになるのではないでしょうか。またそれはケースばいケースとしてもです。国民はそれを注視していると思いますよ。

>歴史を少しずつ人間が人間らしく生きられる社会に近づけていく。それが我々に課せられたものだと感じますが。
 
>全く異存はありません。

 このことは重要なことです
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論29掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。