★阿修羅♪ > エネルギー2 > 162.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「東電OL殺人事件」を読み直して
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/162.html
投稿者 taked4700 日時 2009 年 10 月 27 日 03:16:59: 9XFNe/BiX575U

(回答先: 佐藤栄佐久前福島県知事の裁判と二つの事件、日本のエネルギー政策を左右する影 投稿者 taked4700 日時 2009 年 10 月 20 日 06:40:31)

 ここ数日、何冊かの本を読んでいる。その内のひとつが「東電OL殺人事件」だ。何年か前に読んだものを改めてもう一度読み直したのだが、徹底した悪意が事件を作り上げているのだなと改めて考えた。そういった悪意は神戸連続児童殺傷事件にも、桶川女子大生殺人事件にも感じるものだが、そこまでの悪意を生むものとはいったいなんだろうという疑問が浮かんできてしまう。そういった悪意が生まれるはずがないというのではない。そういった悪意を持ってしまった場合、それが通用しなくなるという不安を感じないのだろうかという疑問だ。余りに徹底的に相手を叩きすぎていて、その反動が自分に向かうのではという危惧を抱かないのかという疑問だ。

 もう一つ気が付いたのが、盗聴法とか共謀罪などの法案審議がされたのと和歌山毒カレー事件がシンクロしていたということだ。

 終戦後、一時期の労働運動許容期を過ぎて、下山事件、三鷹事件などGHQが絡んでいたとほぼ認めることが出来る謀略事件が多発したが、ソ連崩壊と同時進行したバブル崩壊以降に日本で起きたさまざまな事件も、同じような構図であるように思う。太平洋戦争後の事件は主に日本社会の共産化を妨害するために起こされたものだったが、1990年代ぐらいから起こっている事件は日本を植民地化するための、主に経済的な利益を狙って起こされた事件だ。

 10年とか20年を振り返ってみるといかに激動の時代だったか、いまさらながらに再度認識する次第だ。いかに自分が世間知らずだったか、現実の世界で何が起こっていたのかを知らずにいたのかを今一度思い知った次第。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月18日 19:27:06: HkHUZcOjuk
全面的に賛成です。昭和戦前期の思想弾圧の特高警察よりはるかに巧妙残忍な「闇の公安警察」が動いている。自衛隊は三矢作戦、赤衛軍事件の頃から何かやってるなと感じてたが、日航123便事件、オウム事件を見ると昭和戦前期の病気が憎悪している。天皇族、官僚族、大企業族、みんなの軍となる。ひどい重病だ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。