★阿修羅♪ > 外国人参政権・外国人住民基本法01 > 326.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
これが本当の『在日特権』(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/326.html
投稿者 旅烏 日時 2010 年 1 月 04 日 01:11:11: SWN/9Stw90kzo
 

これが本当の『在日特権』
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1573.html (全文転載)


前々回、前回に続いて、在日米軍についての記事です。

次に引用するヤメ蚊さんの記事、私には非常に衝撃的な内容だと思いました。元記事には資料となる新聞の切抜きのスキャンが載っていますので、それはリンク先で見ていただきたいですが、ここに引用する本文に書かれた事実を少しでも多くの人にぜひ知っていただきたいと思います。


●情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
当番弁護に行ってきます〜ところで、外国人の取り調べで米兵が優遇されてたこと、知っていますか?
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/6698c70725700f4ecf0e128af1b30a2a

(前略...リンク先をごらんください)

外国人の取り調べをどうするか分かりますか?

 ちょっと、抽象的な質問でしたね。

 当然、通訳が入りますよね。

 通訳を入れた取り調べってどんな感じになされるか、分かりますか?

 で、取り調べに入る前に、この通訳が警察官だったりするんですが、それはご存知ですか?

 そして、そして、取り調べの過程で、何が行われるかは、想像に難くないのだけれど、はっきりしているのは、供述調書は日本語だけで作成されるってことです。

 母国語のバージョンも添付すればいいんだろうけどそこまではしてくれない。

 とすると、どうやって、逮捕された被疑者は、日本語で書かれている供述調書が自分の話したことを正確に記録したものであるかどうか、知ることができるのだろうか。

 あなたが被疑者の立場だったら、どうしますか。

 一所懸命、通訳人に確認しても、通訳人までもが取り調べる側の警察だったら、信用できなくって、署名することなんてできない…てことになりませんか?

 この問題を解決するためには、取り調べを録画・録音するほかないわけです。

 では、米軍は、この問題をどう解決しているか?

 実は、地検にごり押しして、英訳文を添付させているんですね。

 1999年ですから、もう10年以上前に、山口地検岩国支部と長崎地検佐世保支部で、米兵の調書には翻訳文をつけることになっているという特ダネを毎日新聞が次のとおり、すっぱ抜いた。

(中略...リンク先をごらんください)

 その後、長崎地検佐世保支部では、取り調べ過程をすべて録音していたことが発覚している。自民党政府のもとでは、警察、検察が絶対に導入させなかった全面可視化を米兵には認めていたのだ。

(中略...リンク先をごらんください)

 さらに、実は、英訳文を添付するようにとの指示が、全国的なものだったことも毎日新聞がスクープした。

(中略...リンク先をごらんください)

 しかも、裁判所内でも特例の扱いだった…というのが、冒頭の記事…。


 しかし、このすさまじい人権侵害ぶりと、属国ぶり、自民党政権ではこれが長らく続いていたのです。いまも、一般の外国人の調書に英文が添付されるっていう話は聞きませんが、米兵の調書はどうなんでしょうね…。


 結局、自民党政権は、日本市民の上に米兵をつくったってとこでしょうか?

 そして、自民党政権のもとで、米兵を優遇してきた検察が、米国と対等な関係を求めている民主党の首脳を徹底的に叩こうとしている…。とっても分かりやすい図式ですね。

 がんばれ、民主党!

 圧力をはねのけ、日米関係の正常化と完全可視化の導入を!

(引用ここまで)

ヤメ蚊さんが紹介している事実のポイントは、「日本人には(今のところ)認められていない、警察での『取り調べの可視化』が、在日アメリカ兵に対しては日本政府のお墨付きのもとで認められている」ことです。

ネトウヨ用語に「在日特権」というのがありますが、日本人には認められていないものが在日アメリカ兵に認められているというのは、言葉本来の意味で「在日特権」です。ネトウヨの言う「在日コリアンの『在日特権』」は実際には存在しませんが、在日アメリカ兵の「在日特権」は確かに存在するわけです。

(「在日コリアンの『在日特権』」が実在しない事実については、どろさんの『「在日特権」小ネタ集』もぜひどうぞ。)

さて、日本人には認められていない『取り調べの可視化』が在日アメリカ兵に対して認められているという事実からわかる、民主党連立政権が解決すべき問題が四つあると思います。

一つめは、取り調べの可視化が制度化され実践されていることこそが司法の正常化のために適正な状態であるのに、それが日本ではまだ実現していないという問題。(その意味で、アメリカが、たとえ米兵対象だけではあっても、取り調べの可視化を要求していることそれ自体は正しいのです。)

二つめは、在日アメリカ兵には適用されている「取り調べの可視化」が日本人には適用されていないという、「日本政府による日本人への差別」の問題。しかも、その差別が政府内の通達によって「制度化」されているということはなおさら重大な問題です。

三つめは、そもそも、これに限らず、日米地位協定の見直しも日米関係を対等なものにするために必要であるという問題。

四つ目は、在日アメリカ兵には適用されている「取り調べの可視化」や通訳の手配などの便宜が他の在日外国人には適用されているのかという、「日本政府が異なる外国人の間で扱いを変えているという差別」の問題。「米兵を優遇している」ということは他の外国人を差別しているということですから。

民主党は、この件について、この四点の正常化のためにしっかり働くべきです。それが民主社会での政権政党の当然の務めです。こういうことについて、一般市民が必死に民主党に投書などのはたらきかけをしないと民主党は問題を意識、あるいは解決できないのか、そこまでしなくてもちゃんと問題を理解して解決できるのか、民主党の政党としての価値が問われます。


(転載終わり)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月04日 02:27:01
この投稿と外国人参政権って何の関係があるの?

そういえば、以前に在日朝鮮人犯罪者で、日本と日本の裁判を馬鹿にして、
裁判では英語でしか答えず英語しか使わせなかった奴がいたが、
それの在日特権と似てる、という話なのか?


02. 2010年1月04日 11:19:27
この投稿、レベル低すぎ

03. 2010年1月04日 12:17:13
>>1-2
あなた方、イジメに弱そうですね。
04. 2010年1月05日 08:48:45
>03. 2010年1月04日 12:17:13

なんだ当たり屋のコリアンか

05. 2010年1月05日 08:52:24
在日コリアン特権ならたくさんある。

・偽名合法(通名)
・減免税
・国公立大学特別枠
・留学生成りすまし合法
・生活保護受給(一部自治体年金受け取りあり)

こういったことは事実で過去に何回も投稿されているのだけど、
何故か目を背けたがるんだよね。こういう投稿者って。
在日外人批判も平等にね。


06. 2010年1月05日 10:59:43
>>5
ソースは2ちゃん

07. 2010年1月05日 11:26:14
本文中の「どろさんの日記」は下記

http://d.hatena.ne.jp/dondoko9876/20100103/1262455156


08. 2010年1月06日 00:29:33
01へ
 ネトウヨは在日特権の拡大と関連付けて外国人への地方参政権の付与に反対している。旅烏氏は在日朝鮮人の特権などはなく、在日特権と呼ぶべきものは日米地位協定を根拠とする米軍兵士・家族に対するものだといっている。
 旅烏氏の投稿はまことに適切である。故意に捻じ曲がった理解は見苦しいのでやめよう。

09. 2010年1月06日 06:50:31
はいはい反米左翼。
とっとと憲法改正して軍隊持って安保解消してから言おうな。
在日特権も事実だろ。

10. 2010年1月06日 08:56:22
>06. 2010年1月05日 10:59:43

残念!殆どが事実。


在日米軍の特権もいいけど、コリアンの特権も無視しないようにね。

08. 2010年1月06日 00:29:33のように自演しているような
奴だから隠したいのは分かるんだけど、現実見ようよ。

>在日朝鮮人の特権などはなく

息をするように嘘を吐く朝鮮人乙w



11. 2010年1月06日 10:00:07
09. 2010年1月06日 06:50:31
 韓国人の在日特権が事実と言うならまずは示してね。あるかないか白黒のはっきりした問題だ。

 05があげた在日特権例は、いつもだれかにつっこまれるとうやむや。ドロン。
 発言には責任持たなきゃね。
 私は、ネトウヨがいうような事実があれば、そんなものは許さない。
 しかし、職務上の経験からいって、まったくそんなことはなかった。
 朝鮮人で嘘をつくのも粗暴なのもたくさん見てきたが、我々の中にも同程度いた。要は個人の問題だ。


12. 2010年1月06日 12:08:59
>11. 2010年1月06日 10:00:07

>我々の中にも同程度いた。要は個人の問題だ。

誰もお前みたいな奴を日本人と見ていないぞw


13. 2010年1月06日 14:37:12
12. 2010年1月06日 12:08:59
 お前は偏見で人を見、物事を判断しているようだ。日本人であることは、お前の一つの属性だ。人はいろんな属性を持って生きているが、品性は人間そのものだ。
 嘘は人間なら誰でもつく。なぜなら嘘は困難な課題をもっとも安易に解決する非合理的・非理性的方法であるということが出来るからだ。人間の弱さが嘘をつかせる。
 
 05の言っていることが嘘かどうかが問われている。お前が真の日本人なら在日特権の存在を証明しなければならない。
 それが出来ないなら、お前こそ「息をするように嘘を吐く」人間だということになる。

14. 2010年1月06日 23:00:23
wikipediaに乗っていた「在日特権」の事例

1 日本国公文書への通名使用可(外国人登録を行っている全ての外国人が可能)
2 犯罪防止指紋捺印廃止(現在では全ての外国人が指紋押捺廃止)
3 減免税・所得税・資産税等税制優遇・相続税(下記参照)
4 永住資格所有者の帰化優遇(帰化認定基準の緩和)
5 朝鮮学校・インターナショナルスクール卒業者に対する大学入試での高等学校卒業程度認定試験免除(国際バカロレア資格、アビトゥーア資格は世界共通)
6 外国籍のまま公務員就職(全ての国籍の外国人が対象)
7 公務員就職の一般職制限撤廃(全ての国籍の外国人が対象)
8 大学センター試験で英語・フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語を外国語試験科目として選択可能へ
9 外国において、学校教育における十六年の課程(高等教育まで)を修了した者の司法試験一次試験免除(海外の大学出身者であっても、司法試験法第4条の規定に準じた単位を取得している場合は免除される)
10 外国人無年金高齢者・障害者の自治体特別給付

これらを11は全て否定できるみたいなので、
11はそういうものはないとwikipediaに申告して削除願いをした方がいいと思う。


15. 2010年1月07日 00:19:11
14. 2010年1月06日 23:00:23
 wikipediaでは上記の例を「在日特権であると主張される例」として挙げており、その記事の正確さについては疑問が提出されているか、議論中と断わっている。議論あるものとして紹介しているにすぎない。
 wikipediaでは次の定義をしている。
 在日特権(ざいにちとっけん)とは、在日外国人が生活する上での便宜を図るなどのために整備された諸制度(それが「特別な権利(特権)」でないものも含む)に対し、これを「過度の処置」であると批判する際に、便宜上一まとめに括るための呼称。主に「在日コリアンへの過度な優遇措置への批判」として用いられる言辞。
 即ち外国人とくにコリアンに対する「過度な優遇措置」が問題点だということ。

 上記の10事例は国際人権規約に則る国内法上取り扱うためのものであり、批准国である日本は当然遵守すべきものだ。外国人も日本人と平等の権利行使が出来るということであって、当然「過度な優遇措置」などに該当しない。

「過度な優遇措置」の例として、旅烏さんは在日米軍の例をあげている。  
 在日アメリカ兵には適用されている「取り調べの可視化」が日本人には適用されていないという、「日本政府による日本人への差別」の問題 
 これこそ、在日特権ではないのか。
 


16. 2010年1月07日 01:47:59
いやだから全て否定できると言い切る11ならば
議論中の事象に対しても議論するまでもなく結論が出るんじゃ。

10事例について国際法上も日本国内法上もちろん合法的に優遇しているのは誰だって承知。
外国人の中の在日コリアンとそれ以外を区別したときに、
在日コリアンが上記10事例について在日コリアン以外の人よりも
過度な優遇措置を受けていると思われることへの批判なわけ。
論点ずれてない?

あなたの言ってることは外国人に対する扱いは法律に則っていますよって言ってるだけ。
そんなもの事例の否定にも全然ならない。何を言っちゃってるの?とさえ思う。
あなたはいつもそうやって論点をごまかしてきたのかもしれないが、
相手は討論するに値しない相手と悟って話し合わなくなっただけなのでは。

あなたのやらなくてはいけないことは、事例1つ1つに対して
そのものの事実を否定するか、
正当性を主張するか、
特別なことではないことを主張するかなどが挙げられる。
あなたは一体何をしたいのだ?


17. 2010年1月07日 11:39:25
16. 2010年1月07日 01:47:59
@ 論理的に全部否定できると言っている。議論すべきものを議論せず結論がでるのは、「飛躍」という。まあ宗教的ニオイがプンプンするね。これ滅茶苦茶ね
A 在日コリアンとその他外国人と区別したとどこに書いていますか。wikipedia
が言う「過剰な優遇措置」が問題なのであって、外国人が日本人と平等な条件で生きる権利を保障することはこれに当たらない。
B 法律に則らない行政行為は無効で違法だよ。官庁が外国人に優遇措置が取るには法律を根拠としなければまったく出来ない。10の事例は国際人権規約と関連国内法が根拠だから出来るのだ。
C あなたは法律にはないけど官庁が過剰優遇措置を行っている事実があるというのか。それこそ「なに言っちゃってるのか」理解に苦しむ。そんな事実があれば是非とも事例を示されたい。
D 事例1 B規約2条 例えば選挙では「通名」での立候補が認められるのと同等の取り扱い。外国人のみに許可されているものでない。(公職選挙法)
  事例2 B規約5条 日本人には指紋押捺の義務はないのと同じ扱い。(外国人登録法)
  事例3 外国人に対する特別規定はない。同一所得に対し国籍で不平等な課税している事例があれば、違法。担当職員の責任問題発生。。(国税通則法)
  事例4 敗戦により日本国籍を喪失した朝鮮人台湾人対する救済措置であって権利ではない。入管特例法
  事例5・8・9 A規約13条 外国人で日本国内で教育を受ける者の日本人と同等水準の教育と機会均等の保障
  事例6・7 A規約7条 ただし外国籍の者は国家意思形成に参画したり、公権力行使に携わる職には就けない制限規定。(国家公務員法)
  事例10 A規約2条 自治体の高齢者給付金等は国民年金無資格者に給付されるもので日本人と同様の取り扱いをするもの。(条例等) 

 何れも、日本人と同等程度の取り扱いとなっており、とても「過剰な優遇」と呼べるものではない。何度もいうが何れの外国人に対しても「過剰な優遇」は許さないというのが私の立場だ。
 
 あなたは投稿テーマの米軍の在日特権についてまったく、触れないのはなぜだ?
 取調べ取り扱いで、日本国内にありながら米兵等に比べ日本人が差別的取扱いを受けている。それに全く怒りはないようだ。
 あなたは一体何をしたいのだ?
 


18. 2010年1月07日 13:31:21
17さんへ。まー、興奮しないで。この程度の知識も持たないのだから、天下国家を語るに値しない輩でしょう。国家公務員・地方公務員の職務遂行なんか、尚の事分からないでしょうね。議院内閣制も知らないで、喚くだけの子供か外国人でしょうね。日本人なら、障害者保護が該当するんじゃないですか。米軍に触れたくないのは、国民性に由来するのでしょう。最近徘徊してるんですよ。右翼を語る偽物が。親米・反日・反アジア・反共・天皇制を叫ぶ人達。彼ら、沖縄の人やアイヌを土人呼ばわりしています。これって、日本人しないでしょう。たとえ右翼でも。

19. 2010年1月07日 22:15:35
>13. 2010年1月06日 14:37:12

国籍で装ってもバレバレですよ!


20. 2010年1月08日 04:05:04
疑わしい日本語を使う方への注意
1)反米だとしても、国内においては反米左翼の表現は使わない。右翼に使われる親米は、戦前・戦後の右翼を判別する目的で使われるようになった。
2)在日コリアンは、国内において、一般的に使用されない。現状の国名を尊重する意味で、在日韓国・朝鮮人と表現するのが一般的。
3)国内では、嘘を吐くは使われない。出てくる物質がある場合に吐くで、言葉の場合は言うが用いられる。
4)在日特権は、国内では右翼も使ってこなかった。戦前から、創氏改名で日本に帰化したメンバーが含まれていたため。
*このコメント欄では、日常の会話で、日本人なら使わない言葉をピックアップしました。半島の方は、上手く化けてるつもりでも、自分の家族間で有効な言葉だが、日本人だと何とか理解しているという事に気付かない。言葉の奥に情緒性があることを、理解できないのだ。半島系の皆さん、文化の違いは隠せません。汚い言葉で他人のコメント欄汚すと、自分の出身地に傷がつきますよ。

21. 2010年1月08日 07:15:18
反米・親米と右翼・左翼は単に言葉の組み合わせ。
在日コリアン・在日特権はwikipediaからの引用で使用。
嘘を吐くは知らない。
17については後日書く。

22. 2010年1月09日 12:44:24
17へ
@君が議論中の問題に関して皆が納得するに足る結論を持っているのなら、
皆を納得させてWikipediaの議論を終了することは簡単なはずだと言ってるんだが。
議論をするなとは一言も書いてねーよ。日本語通じてんのか?

Awikipediaの特別永住者の項を見ろよ。
この場合在日コリアンが99%いるわけだから総称して在日コリアンを指すのが一般的。
他の特別永住者以外の外国人については在日コリアンではないわけだから、
在日コリアンかそうでないかの区別で間違っていないだろう。
この場合特別永住者と在日コリアンは同義語として以後使用する。

B国際人権規約はいいから国内関連法の具体的にどこのどの部分か示せよ。
きちんと年金に加入して払われる在日コリアンもいれば、
年金に加入してないのに払えという在日コリアンもいる。
年金に加入せずに払わなくてはいけない根拠は何なんだ?
自治体が勝手な判断でやって法律に則っていたとしても、
それが過剰な優遇措置であるかは十分に議論の対象になるはずだが。
あくまで理念に基づいた行為は全て「やらなくてはいけない」ものではない。

Cその事例が10事例と指摘されてるんだろ。何を言ってるの君は。

D1つ1つ国内法のどの項のどの条項かを示せ。人権規約は国内法ではない。
A規約は必ずしも守らなくてはいけないものでもない。
B規約は守るべきものであるはずなのに、
指紋捺印なんてむしろアメリカは強化してるし、
韓国だって2012年から全ての外国人に対して義務づけようとしている。
日本がもちろん守ろうとするのはいいことだが、
17が挙げた人権規約ではそれぞれの事例の根拠にはなってない。羅列して書いただけ。

日本は在日コリアンに限って指紋捺印はしなくてもよいとされているが、
この在日コリアンに限っている部分が過剰な優遇措置と判断するかどうかは人によって当然分かれるわけ。
日本人・在日コリアン・在日コリアン以外の外国人に分けたときに、
日本人はいいとして在日コリアンのみ優遇する明確な根拠はどこにあるの?

本文について書けと書かれたので一応書いておく。

在日特権という言葉は在日コリアンについて使用される言葉であるから、
米軍特権という言葉で話すが、
確かに一般の外国人よりも過剰な優遇措置と判断してもおかしくない事象だと思う。
但し軍関係の諸問題については日米安保の問題もあり、
一概に杓子定規的に扱っていい問題とは思わない。

日米安保をとっとと解消できるよう法整備をした後に、
そういうことが起きないよう政府は努めるべきだと思う。
軍関係者に限定される話であることから、
本文のように深刻に考える必要性は自分は感じない。


23. 2010年1月09日 22:08:22
22へ
@ 10事例についてはあなたが在日特権例として挙げたものだ。したがってまずその具体事例等の証拠を挙げて議論をする者の常識だ。しかし立証がないままにあると強弁するので、反証をあげたまで。10事例の立証がなされるやと思っていたが、時間が経過したのに全く出てこない。

A 年金に加入せずに払わなくてはいけない根拠は何なんだ?
 これ在日特権問題とは別問題だよ。
 自治体の高齢者給付金等は国民年金無資格者ではあるが、制度創設時既に高齢で国民年金に加入することが出来なかった人に(月額1万円程度が多い)の給付するもの。どうしてもやらねばならないものではないが財政状況等を踏まえ条例を根拠として実施してる。

B 国際人権A規約(経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約)は第2条
2項で発展途上国については規約遵守を猶予している。しかし日本が猶予される根拠はどこにもない。指紋押捺に関する規定はB規約であり、例外は許されない。
 しかし、外国人に指紋押捺がテロ防止という観点から止むを得ない措置として
実施される傾向があるというのは事実、自国民がテロ犯人の場合も多く不平等であり、規約との関係は問題になる。

C 指紋押捺の事例でも(犯罪防止指紋捺印廃止(現在では全ての外国人が指紋押捺廃止)と書いている。在日コリアンのみ優遇との認識に誤りがあるのでは。

D 御説はわかりました。ただ安保条約と米兵・家族の犯罪はなんら関係がない。 米兵・家族は日本防衛のために犯罪を犯していない。個人的理由で犯罪を犯す。 しかも在日米軍のみならず米軍兵士・家族すべて基地内に逃げ込めば重犯罪でない限り逃げ得。60年以上沖縄の人たちや内地の基地付近の人たちの人権が蹂躙されてきた。基地から離れているだけ実感が低いのはわかるが、同じ日本人として苦しみや怒りが共感できないなんて信じられない。


24. 2010年1月10日 02:22:45
@事例の立証をしろ?裁判で訴えた場合はもちろん立証責任は訴えた側にあるが、
この場合あなたが煽ったコメントに対して例として述べたまで。
自分から吹っかけといて立証してから言えってどこのやくざ?

A在日特権問題そのもの。10番の事例そのものじゃないか。
確かに法律の実施時期・条件によって加入の有利不利はあったとしても、
実際に払っていないのに受給をしているのだから過剰な優遇措置と受け取っても差し支えない。

Bあの国が守ってないからどうのこうのという言い方はもちろんしたくはないが、
国際法がどの国も守られていないというような代物であるならば、
世界の中の日本の国益を考えれば日本だけが守っていてもメリットは感じられない。

C指紋捺印は外国人に対しては出入国管理及び難民認定法により義務化されてるよ?
在日コリアンは義務にはなっていないが。
Wikipedia読んだだけで勉強した気になってない?

D安保条約そのものとは関係がなくても、日米の政治事情があると言ってる。
それは日本人としては色々悔しいという気持ちは自分だってある。
だがそれは日本が国際社会においても米国と対等な位置に立たないと、
面と向かってNOと言えない政治的側面があるのは否定しきれないことであるはずだ。
少なくとも日米においては。

いわば米国の庇護下にあると言っても間違っていない日本が、
米国を無視するわけにはいかない。
この問題はもちろん一方的すぎるわけだから、
ある程度の要求を米国に突きつけるべき問題であるとは思ってる。
但し感情論でいちいち全て突きつけていても根本的な解決にはならない。
感情論は理解する。理解はするが、解決にはならない。

日本が米国とは本当の意味で対等の日米関係を築いてこそ、
あなたのいう「在日特権」が解決できるものだと思っている。


25. 2010年1月10日 18:15:34
@ 10の事例について根拠となる規約及び関連法規を示した。一般法に在日特権、外国人に対する特例に該当するものはない。仮にそれを法制化しようとすれば特別立法をして法体系の整備をしなければならない。本件に該当されるものとして、「特別永住者」では根拠法して「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」があるが、旧内地に居住している平和条約国籍離脱者(朝鮮人(韓国人)及び台湾人)とその子孫が対象となっており、国籍を失った日本人として措置をする合理的根拠がある。

A あなたは在日特権があると主張している。上記以外私はないと言っている。あるのなら、具体的に示せるはずだ。煽ったとか、やくざとかの問題ではない、あなたは自分コメントに対し説明責任がある。

B 事例10が日本人に対する措置と同様の措置がなされており、在日特権という「過剰な優遇」措置でないことは明白。払っていないのに受給しているのは日本人も同じ。

C あなたが自身が「犯罪防止指紋捺印廃止(現在では全ての外国人が指紋押捺廃止)」を在日特権の例としてあげている。この例は外国人登録法が念頭にあるのがはっきりしている。
 そこで、出入国管理及び難民認定法を持ち出し、特別永住者が他の外国人に対して優遇されているから在日特権だという。おかしいね。
 在日特権とは、日本人と比較して「過剰な優遇」されていることをいう。この法律で指紋押印がないことが、特権と呼ぶに値するものかどうか常識で考えたらわかる。
D 日米関係の認識については私はあなたとあまり差がないように思う。ただ、在日特権をいう場合、在日韓国人・朝鮮人にあるという特権と米軍の在日特権とを比較した場合、在日米軍の特権こそが緊急に是正されるべきものであると考えている。
E 朝鮮人・韓国人の在日特権だと叫ばれているものは、多くはアウトローの関係するものだと思っている。アウトローはどこまでもアウトローだ。これを法律で説明しようなんて土台無理だ。アウトローを排除したい気持ちは大いに理解できるが、人種問題にするのは間違っていると思う。

 


26. 2010年1月10日 20:39:57
なんでこう噛み合わないんだ。

@全然示してねーよ。全然噛み合ってねーし。
ここでいう特別永住者のことを在日コリアンという前提で話すと書いてるだろ。
その特別永住者とやらが戦後日本国籍を離脱しているのに在留してるから作られたわけであって、
日本国籍を取るかもしくは元の国籍を取得すればこんな法律など存在しない。
国籍を失った日本人ではない。
国籍を取らない外国人に対しての特例措置としての法律だ。

在日特権の一部でもあるが、
そのために在日コリアンに対しては日本国籍の取得が容易になっているわけだろ。
日本人として扱ってほしいなら日本国籍をとれば済む話。
日本国籍をとらずに、どっちつかずの存在に対して扱いが困難だからこんな法律がある。
法律で定まっている範囲において日本人と同じ扱いをする部分もあるだろうが、
日本国籍を持ってない人に対して、法律に書いてないからといってイチイチ日本人と同じ扱いをする必要はない。

A上記以外って何?明確に話してくれないか。

B日本人と在日コリアンは全く違う。その認識をとりあえず直せ。
話が通じるとは思えない。

Cもう何を言っているのか支離滅裂。
その例が必ずその外国人登録法と結びついていないといけないわけがないだろ。
その考えがおかしいから。

出入国管理及び難民認定法の第三章、第六条三項の指紋捺印の義務から
在日コリアンが除外されている理由が、
在日コリアンが昔から主張してきた指紋捺印の拒否の訴えが背景にある。
それについてその訴えが適正か否かという問題において、
この措置は在日コリアンに対する自分は過剰な優遇措置であると判断している。

あなたがこれを過剰な優遇措置かどうかについてそうではないという判断をしても、
それは在日特権に関する議論に十分なりうるだろう。

D日米関係については日米同盟の在り方から見直す必要があるから、
緊急に是正できるものとは思えない。継続して協議を進め、
日本国内でも議論を進めて改憲も含めて検討していかなければならない。
それに対し在日コリアンについては日本国内の問題であることから、
諸外国の外圧等に振り回されることなく、政治主導で解決できる問題だ。
それこそ民主が得意としている政治主導で解決してもらえる話と思っている。

Eアウトローだけとは思っていない。


27. 2010年1月11日 22:47:47
26へ
@ あなたはwikipediaで在日特権の例として挙げていることを否定事例については納得しない。また10事例の在日特権の肯定事例は証明できないと理解する。

A 要するに法律的に在日韓国・朝鮮人の「過剰な優遇措置」が存在するかしないかだけの簡単な事柄だ。在日特権存在論に何一つの証明もないのに対し、否定論は昭和54年日本が国際人権規約を批准しており、10の事例についての留保等はないので、外国人に対する完全平等取り扱いの義務を国際的に負っていること。および10事例の関係国内法には外国人に対する優遇条項がないことを、「過剰な優遇措置」はない根拠にしている。

B あなたは「日本国籍を持ってない人に対して、法律に書いてないからといってイチイチ日本人と同じ取り扱いをする必要はない」と言っているが、日本国政府は同じ取り扱いの国際的義務を負っている。

C あなたは出入国管理及び難民認定法の第三章、第六条三項の指紋捺印の義務から在日韓国・朝鮮人が除外されていることを「過剰な優遇措置」といっているが、そもそも特権とは議員特権とか外交官特権のように他に優越する権利なのである。
 仮に法務省が日本人の出入国に指紋押捺の義務を課す一方、在日韓国・朝鮮人が除外されている場合なら「過剰な優遇措置」であり、在日特権である。 


28. 2010年1月13日 01:04:08
27言ってること苦しすぎるぞ。
だんだんあなたが在日コリアンに見えてくるんだが。
もしそうなら日本国籍とっとと取ってくれないか。
そうすれば済む話だから。

@むしろ指紋捺印と年金給付について証明しようとしているじゃねーか。
他の8事例を持ち出すまでもない。
こっちとしては事例の1つでも証明できれば、
在日特権の有無の話で目的は証明されるのだから。

A証明をしているだろう。
挙げた事例に対して根拠となる法律を述べてるじゃないか。
それなら人権規約が個別事例を一々全て記述しない根拠を述べろ。
記述するわけがないだろ。国によって事情が全て違うんだから。

言っておくが給付する自治体としない自治体がいる限り、
自治体によっての優遇の有無の話になるからそんな中身のない話などしていても、
自動的に証明されてるんだよ。

外国人と在日コリアンに対して「完全平等」なら、
関連法規は外国人についても指紋捺印の義務を課さないか、
もしくは在日コリアンについて指紋捺印の義務を課すかしないと理屈に合わない。
この整合性はあなたの理屈だとどう説明できるわけ?

B日本人と全く同じ権利と義務を保障している法律もってこい。
そんなものはないから。
そういういい加減な理屈を振りかざすようなら、
レスするに値しない人物だと判断して今後レスしない。

C在日特権という言葉狩りまでしたいようだな。
そっくりそのまま返すよ。
ならあなたのいう米軍の在日特権が外交官特権のように他に優越して、
保障されている権利なのか?
ダブルスタンダードも甚だしい。

特権を辞書で引いたら下記の意味があるようだ。

(1)特別の権利。ある身分・資格のある者だけがもっている権利。
(2)特定の職務にある者が、その職務の故に与えられている特別な権利。例えば、外交官特権など。

この場合あなたは(2)じゃないと特権じゃないとか言ってるが、
自分は在日コリアンという日本国における特別永住資格を持っている人たちが
もっている権利という意味で使っている。
何か問題あるのか述べろ。

あなたの米軍の在日権利というのは、当然(1)の意味で使っているわけだろう。


29. 2010年1月13日 14:02:12
@ あなたの説は「日本人と全く同じ権利と義務を保障している法律もってこい。そんなものはないから」。
 これが根本から誤った認識。日本の法律は条文で「日本国民は」と特に断っていない限り全て平等に権利と義務を保障している。日本の法律を持って来いといってどうするのだ。

A あなたは、外国人の身分に関する基本法である外国人登録法を逃げ、出入国管理及び難民認定法を例にあげている。そして指紋押捺で在日韓国・朝鮮人が他の外国人に比べ「過剰な優遇措置」を受けていると主張する。日本人に比べることについてはこれまた逃げている。出入国の管理なら日本人に対しても必要だろうが。

B 最終論拠として特別永住者が他の外国人に比べ優遇されているという。確かにそうだ。しかし出入国管理及び難民認定法の趣旨、即ち国が出入国の管理・情報収集の目的からいえば、当然ではないか。出入国する本人に対する情報については、特別永住者も日本人とは同じであるのに対し、初入国の外国人は日本国として特定の仕様がないという情報不足という実務的な問題だ。

C「米軍の在日特権が外交官特権のように他に優越して、保障されている権利なのか?」
 まったくそのとおり。外交官は「外交官等身分証明票」を所持しておれば特権を有するが、米軍兵士等はIDカードのみで手続きを経る事なく日本に自由に出入国できる特権を有する。

D 「言っておくが給付する自治体としない自治体がいる限り、自治体によっての優遇の有無の話になるからそんな中身のない話などしていても、自動的に証明されてるんだよ。」との主張。
 あなたが事例10高齢者・障害者の自治体特別給付が優遇の例として給付制度がある自治体の外国人その制度がない日本人と比べている。これ自動的に間違っていると証明される。比較がおかしいだろ?
 

 


30. 2010年1月13日 22:26:20
とりあえずBで話終わったみたいだから終わりだね。
在日特権はある。

他の特権について論議をしてもいいが、
自分の目的は全てを証明するのが目的ではなく、
あなたの全て否定できるという論を崩すことにあったから、目的は達成した。
ゆえに他の特権についてあなたとこれ以上話すつもりもない。

@そうだよ?日本国民はと断ってる法律はいくらでもある。
日本国民と外国人には差があると権利と義務の範囲において、
明確に差がつけられているんだよ。

あなたのいう「日本国政府は同じ取り扱いの国際的義務を負っている」とは
どの法律のどの範囲においての話の中での話をしているんだ?
あなたは具体的な法律を示さずにそんなことを言っているから、
違うんだよと教えてあげたんだ。

んじゃ知っているなら最初からあなたはその主張は
具体的にどの法律のどの範囲においての話をしているかさっさと言ってね。
で何を言いたいのかも。

A外国人登録法と出入国管理及び難民認定法で後者を例に挙げたら、
それは逃げになるのか。随分無理のある主張をしていることに気づいてね。
誰もそんなの納得しないぞ。

日本人と比べるってことは日本人にも指紋捺印しろって言いたいの?
そりゃ「完全平等」を謳うなら日本人・在日コリアン・外国人全て指紋捺印するか、
指紋捺印しないかどっちかだろうね。
極論大好きなんだね。

んじゃ国際人権規約に批准したからといって、
どこの国が自国民に指紋捺印の強制をしているの?
「完全平等」をしようとしている国がどこかにあるの?

ないんだよ。そんなもの。
「完全平等」なんていう考えがそもそも無理があるんだから。
あなたは「完全平等」を目指すべきって本気で信じてるの?
共産主義好きなら中国でも北朝鮮でも帰化を勧めるよ。

B確かにそうだって認めてるから話終わり。過剰な優遇措置はあったね。
これ以降レスしない。

Cその出入国に関する例は日米地位協定によって保障されている権利だね。
但しこの裁判所における場合の在日特権は日米地位協定によって
保障されていない権利だと認識しているんだが。

保障されていないが、現実問題行使されている権利としては(1)としての意味合いが正しい。
それ以外は反論していないから在日特権でいいってことだね。

D顔真っ赤なのか知らないけど、日本語おかしいから読み直してから書いた方がいいよ。
もう書かれてもレスしないからいいけど一応忠告。


31. 2010年1月14日 01:20:26
 次第に議論が粗雑になり、刀折れ矢尽きたところかな。論点全て逃げて「在日特権はある。」また論理のすり替えも多い。これは見苦しい。
あなたの説をどうのこうの論評しない。

 主張のまとめ
@ 旅烏さんの投稿に賛同する。
A「在日特権」とは、政府・自治体が法的根拠に基づいて制度として「過剰な優遇措置」を実施することである。(ウィキペディア)
Bこの基準からすれば米軍兵士にあって「在日特権」があり、在日韓国・朝鮮人にはないことになる。
C在日韓国・朝鮮人の「在日特権」と呼ばれているものは、事実行為であって法律行為ではない。事実行為にアウトローが多く関与している。
D日本は国際人権規約を昭和54年に批准し、順次関係国内法の整備を行ってきた。外国人に対する差別的取扱いは参政権等を除き法律によって保障されている。

 
 


32. 2010年1月14日 21:43:38
論理のすり替えをしてる人に言われるとは驚いたので思わず書いてしまうな。
素直に認めることもできない人と議論するのが間違いだったな。

自分と議論した中で
「最終論拠として特別永住者が他の外国人に比べ優遇されているという。確かにそうだ。」と言ってるわけで、
政府が出入国管理及び難民認定法という法的根拠に基づいて制度として
「過剰な優遇措置」を実施していることをあなたは認めてるね?
んじゃあなたの主張通り立派に在日特権あるんでBは違うんだよ?わかった?
あなたはもう主張で認めてるの。
日本語理解できないなら議論なんか最初からやめてね。

それに外国人参政権を差別的取り扱いって言ってるのか。
在日コリアンだろあんた。
とっとと日本に帰化するか韓国でも北朝鮮でも帰ってくれないか?

日本人と同じ取扱いをするかどうかを決めるのは日本人なの。
国際人権規約ではあくまで人権に対して平等を謳っていても、
自国民と外国人を全て平等に取り扱えなどというものではないから。

あんたみたいなヤツが参政権など軽々しく要求してるから困ってるんだ。
日本人と同じ権利がほしければ日本人になってくれよ。
自分はあんたみたいなやつは同じ日本人にはなってほしくないけど、
制度としてはあるからどうせ認められるだろうし。
在日コリアンのまま同じ権利を要求するのは傲慢な思想だということに早く気づいてくれ。
国を捨てるから認められる権利もあるってことに早く気づけることを願ってるよ。


33. 2010年1月16日 00:56:03
 論理のすり替えは明白。しかも自覚がないみたい。悪意のないのはわかるけどね。
@ 「最終論拠として特別永住者が他の外国人に比べ優遇されているという。確かにそうだ。」といっている。他の外国人からそのような不満があるといわれている事実があるからだ。しかし私は「出入国の管理・情報収集の目的からいえば、当然ではないか。出入国する本人に対する情報については、特別永住者も日本人とは同じであるのに対し、初入国の外国人は日本国として特定の仕様がないという情報不足という実務的な問題」であって、法務省の取り扱いの差は妥当なものだといっている。
A いつの間にやら、単なる優遇(他の外国人の主張)が「在日特権」と拡大解釈し私が認めているがごとく言う。「在日特権」の比較は日本人であることを何度も言っているのにである。指紋押捺が日本人に強要され在日韓国・朝鮮人に免除されているなら、「過剰な優遇措置」であって、在日特権に該当する。
B あなたは、人種差別論者で、外国人排外論者で、自己の反対論者を在日コリアンとか日本から出て行けとかと言ってはばからないファシストだ。
 あなたにユダヤ人やイスラム教徒の抹殺を狙うネオナチと同じ臭いを感じる。
C あなたのような反韓反中ファシズムは反日ファシズムとなって跳ね返り、韓国、中国にも同種の団体があり、互いに不信憎悪を国民に定着させようと躍起だ。こんなアジに乗る国民は少数だと思うが、行き着く先は相手の抹殺というトンデモ思想だ。
D これほど国益を損なう考えはない。
E あなたの人権は憲法によって保障されているが、その前文に「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」とあり、実際の行動として世界人権宣言のもと国際人権規約を批准している。日本国はあなたの人権を保障すると
同様の人権を外国人に保障している。あなたが外国で人権を保障される根拠は日本が当該国民に平等の取り扱いをしていることが必要だ。日本人が世界で人権が保障されることにも繋がるのだ。

34. 2010年1月16日 06:57:47
何回か言ってる割に在日コリアンを否定しないんだな。
在日コリアン当事者と在日特権について話し合う気はあまりないんだよね。
あなたがやけに否定したがるから乗っかったけど。

自分の言ってることをあなたが理解しないように、
あなたの言ってることも自分は理解できない。
@もAも堂々巡りで同じこと言い合ってるから収拾がつかない。
あなたも譲歩するつもりもないだろう。だからこれ以上は議論しない。
見る人が見て判断してもらって構わない。
日本人としての主張と在日コリアンとしての主張では
立場上異なるわけでなかなか相容れがたいものなのだろう。

韓国人や中国人の個人は全く嫌いじゃないよ?
色々話したこともあるしな。
但し在日コリアンで参政権を要求する考え方を持っているようだから言ったまで。
ではなぜ参政権がないと差別的取り扱いになるのかぜひ述べてもらいたいものだ。


35. 2010年1月16日 23:23:31
@ あなたの愚劣な関心に答える価値はない。ここは議論の内容が問われる場、誰が言ったより論点の明確化と見解の優劣が重要なのでは。ここでも議論をさけ「在日コリアン」云々で逃げていると感じる。
A 正直なところ議論になっていない。私の否定論の論拠に対し、あなたは存在論の論拠を出さず、あら捜しに専念している。日本が直面する喫緊かつ決着のつく問題であるので、時間が答えを出してくれるだろう。
B 立場が異なっても日本の将来を心配していることは同じだ。しかしなぜ斜に構えたことしか言わないのか。
C 「参政権がないと差別的取り扱いになるのかぜひ述べてもらいたいものだ」
 我々は参政権によって、自分の身分財産等の権利義務の決定過程に参画している。参政権がないということは、自己が関与できないところで権利義務が確定されるということだ。即ち他人の思し召しで自己の生存が左右される。こんな不安定な状況を強いられるという点で差別的取扱いを受けているということになる。

 


36. 2010年1月17日 02:43:24
在日コリアンだって思い切り認めてるじゃん。
愚劣とか色々言ってくれてありがとう。
おかげでやっぱりこういう人たちなんだって思える。
主張の根底があけすけに見えるから好きになれないのさ。
あなただって嫌いな人間でしかも理解しない相手と議論していたくはないだろう?

斜に構えてるわけではない。
あなたは外国人で自分は日本人だ。
日本の将来を勝手に心配するのもあーだこーだ言うのもどうぞどうぞ。
日本に干渉してほしくないと思ってるから言ってるんだ。
憲法でも主権はあなた方にはないんでね。
勘違いしてるだろ?自分たちも納税とかしてるから要求して当たり前だとか?

在日コリアンは永住者であって日本国民ではない。
日本国憲法で前文で言っていることはあくまで日本国民について言っている。
憲法上日本国民は日本国籍を有しているものとして差し支えない。
つまり在日コリアンは日本国民ではない。

日本国憲法前文引用
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

前文によると議員は日本国民の手によって選ばれなければならない。
またよく言われるように最高裁判例では地方参政権については
憲法上禁止とされていないという見解を示しているが、
だからといって参政権を付与しないことが違憲ではないという見解も示している。
そして国会議員について最高裁判例では現在まで参政権を認めるような見解は出ていない。

そして人権を理由に参政権を求めるならば、
国際人権規約批准国かつ永住外国人の参政権を認めている国をまず挙げてもらいたい。
(もちろんここでは参政権は地方も国も両方認めてる国であること)


37. 2010年1月17日 11:57:40
 私をなんとか「在日コリアン」にして早く逃げたいのはよくわかる。まあ、勝手にレッテル張りして「在日コリアン」なんかと議論しないよと言って強がって。笑止の沙汰だな。
 改憲論者のあなたが、いざ自説の正当性をいうとき、日本国憲法に頼っちゃうほんと何でもありだね。産経なんか読んで勉強したんだろう。
 しかし、あなたの反対論の論拠にしては初めてまともなものが出てきた。しかしまたあなたの悪い癖、すり替えている。法案は地方参政権だったはずだよね。それがいつのまにか国会議員すなわち国政参政権に変化し、これでまた堂々めぐりとするつもり?
 永住外国人参政権問題は特別永住者等の長年にわたる要求に対する日本国の対応である。日本の状況が当て嵌まる国はない。各国には各国の事情があるのであり、単純な比較は馴染まないし、危険である。
 国際人権規約を云々するなら、まずここに書かれている条文を精読しましょう。 日本が国連外交を掲げ、安保理の常任理事国になり国際社会の指導的地位に立とうとしている。ダブルスタンダードは許されない。

 



38. 2010年1月17日 15:45:13
はぁ。馬鹿左翼はこれだからな。
改憲論者だよもちろん。だから何?
将来的に改正すべきだということと現状で憲法を遵守することは何ら矛盾しない。
あなたは何を言いたいの?改憲論者は憲法引用しちゃいけないって言いたいの?

悪い癖?あなたが言ってたのは参政権だ。
国と地方の区別もなく参政権といっているから言ってるんじゃないか。
まだ提出されてもいない法案についてあなたと議論は全く交わしていない。

都合悪いから地方参政権に逃げたいだけだろ。
ハッキリ言えよ。地方参政権についてのみほしいのか。
国の参政権まで必要なのか。
立場明らかにしてからうんぬん言え。

地方参政権限定という話をするなら、
誤解を与える言い方は最初からやめてもらいたい。
そしてあなたの主張だと国の参政権を求めない理由は述べられていないから、
きちんと理由を述べてもらいたい。

どっちつかずで発言しているから文章通りに受け取って返してあげたのに、
話のすり替えなんて言われるんだからどうしようもないなこりゃ。


39. 2010年1月17日 22:22:19
 改憲論者は憲法引用しちゃいけないって言いたいの?
 日本国憲法は誰にでも表現の自由を保障している。唯、随分ご都合主義だなと痛み入った次第。私は護憲論者だが、またあなたは「馬鹿左翼」とレッテル張りを馬鹿のように続けている。懲りないね。
 ここのコメントは旅烏さんの投稿に対するところ。ところがあなたは「在日特権」の議論に行き詰まり、34番で参政権を持ち出した。在日韓国・朝鮮人の「在日特権」の議論の中でのことだ。議論の流れからして当然賛否論が巻き起こっている上程予定の法案のことになる。
 あなたは法案に反対の立場で、私は賛成の立場だ。しかし、ここで議論になるのは旅烏さん投稿の「在日特権」との関係である。一般論は別投稿で願いたい。(拡散して的はずれな議論で堂々巡りだもんね。)
 今般の参政権付与問題が「在日特権」に中のかどうか。即ち「過剰な優遇措置」に中るのかどうか。もちろんあなたは「過剰な優遇措置」だと言うだろう。だが肝心なのは論拠だ。
 あなたが書いているように地方参政権につては最高裁が「地方参政権については憲法上禁止とされてない」と判断され手続的な支障がなく、国際人権B規約2条「この規約において認められる権利を実現するために必要な立法措置その他の措置をとるため、自国の憲法上の手続及びこの規約の規定に従って必要な行動をとることを約束する。」ことを日本は批准している。今般の法案が「過剰な優遇措置」に中らないと考えている。
 

40. 2010年1月17日 23:08:44
31であんたが参政権と言い出してるんじゃないか。
勘違いも甚だしい。

外国人参政権の法案は政権交代後施行されてるわけでもなく、
起案されてるわけでもなく、国会で提出されてるわけでもない。
まだあなた達の嫌いなマスコミで提出される可能性があるかもしれないと
騒いでいる段階にすぎない。

この外国人参政権の法案についてと前置きなど一言もないにも関わらず
単に参政権などという言葉で地方参政権を指すのは無理があることは明白。
別にこんな言葉尻をいつまでも気にせずに無理がありましたっていえばいいのに。

またあなたの論理で国に対する参政権を求めない理由がさっぱりわからないのだが。
もしあなたが国に対する参政権は人権規約・憲法等いろいろ鑑みても、
いささか無理があるとでも話していれば文脈上地方参政権なんてことは理解できる。

あなたの主張では地方だろうが国だろうが関係なく、
日本人と外国人は平等であるべきだという話でしかない。
であるならばあなたの言う参政権は地方に限定されるものではないという判断をしても問題はあるまい。

一言言えばすむんだよこんな問題は。
地方参政権を指している。言葉が足らなかったとか言えば済む話だろ。
うじうじ女々しいやつだな。

で最高裁は原則上憲法上禁止とは認めていないと言ってるだけ。
積極的に付与しろというものではない。
人権規約も「必要な」行動を約束するだけで、
付与してもしなくてもいいような「不必要な」行動を約束はしていない。
よって在日コリアンに参政権を積極的に付与する必要もない。
必要もない程度の措置を与えることは過剰な優遇措置であると考えられる。
民主党政権で新たな在日特権増えるかもしれないんだからよかったね。
日本人としては悪夢だよホント。

それにあんたら在日は地方参政権をここで付与したら、
今度は人権規約では国と地方の区別などないとか言い出すんだろ。
郷に入っては郷に従えという言葉を微塵も感じさせない在日コリアンの人は
ある意味凄いと思うよ。心底日本人でよかった。


41. 2010年1月18日 00:15:19
 私の最初のコメントは8番、よく読んでね。またまたすり替え31番で「外国人に対する差別的取扱いは参政権等を除き法律によって保障されている。」と書いている。これで私が参政権議論を行っているというにはいかにも苦しい。要するに流れを読めばわかること。無理があったのはあなたではないか。
 憲法解釈上疑義があれば、結論を待つのが当然じゃないか。あなたは違憲立法審査権を知らないみたいね。最高裁にあなたの言う「積極的に付与しろ」という権限はないよ、行えば越権行為だ。あくまでも立法政策の問題であることぐらいは知っておこうな。
 何度も言うが「在日コリアン」で逃げるのはやめよう。せっかくのあなたの議論の品位を下げるだけ。日本人でなにがよかったのかわからないが、私は勲五瑞宝の父を誇りに感じている。そして中国人、韓国人の誇りも尊重する日本人だ。


 


42. 2010年1月18日 01:18:24
肝心なところに全く答えてくれないし、
疲れてきたから要点絞ってもう1回ね。

憲法上も人権規約上も参政権を付与する必要がないと40で主張したんだけど
それについて何も言わないでいいの?
反論しないなら在日特権だと認めるってことでいい?


43. 2010年1月18日 08:04:51
 論拠も示さず、憲法上も人権規約上も参政権を付与する必要がないと言われてもね。なぜ必要がないか理由を言わないと反論のしようがないじゃないか。最高裁がそんなことでもいってるの。
 最高裁は判断を国会の立法政策に委ねていると解釈するのが普通なんだけどね。 だから法案が上程される見込みなの。
 あなたのは単に呪文を唱えただけ。
「反論しないなら在日特権だと認めるってことでいい?」またまた暴走。 

 よく調べませんでしたとか言えばそれで済む話だろ?うじうじ女々しい奴はどちらかな????
 一言、軽率な発言をしましたぐらいのこと言って良いんじゃない?

 
 


44. 2010年1月18日 23:11:45
先に国民主権を取り上げて憲法上「必要」ではないとも言ってるんだが。

人権規約に照らし合わせて参政権が「必要」であるかどうかを判断するのは誰だ。
過去から現在まで参政権を付与してこなかったのは日本国が「必要」と判断しなかったわけだろ。
自国民に与えるべき権利を他国民にも与えることが「必要」と判断しなかったわけだ。

そして地方参政権について日本国民にアンケートをしても、
付与をするべきだという賛同について半数を超えた統計を見たことがない。
つまり日本国民も「必要」と判断していない。
では人権規約上は不必要なことをする義務はないね?

仮に国民に選ばれている議員が立法の立場で法案を通そうとしても、
最高裁判例として述べたけど単に傍論で述べただけにすぎないわけであるから、
それこそあなたのいう違憲立法審査において法案が潰される可能性だってある。
もしそうなったらどうすんの?

にしても驚きだな。同じ日本国民でこんな外国人への参政権に積極的な人がいるんだな。
あなたは何の利益のためにそういうことをしているのかさっぱりわからない。
左翼だらけと思われる阿修羅掲示板でも日本人で地方参政権に賛同している人は
なかなか見ないんだが。

それにしてもそろそろ終わりにするわ。
会社から帰ってきてあなたの投稿を見ると同じ日本人として頭くるんだよね。
延々続くというのも困ったものだし、もう見ないことにする。
勝手に打ち切ることについては悪かった。
これ以上得るものはお互いないからいいだろ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。