★阿修羅♪ > 国家破産61 > 750.html  
金勘定のみが蔓延る時。(或る浪人の手記)
http://www.asyura2.com/09/hasan61/msg/750.html
投稿者 あ+ 日時 2009 年 3 月 06 日 19:33:49: 8WlTWJKy3iQ86

An effective system?

トヨタ2次下請けの日本高周波が破綻

 帝国データバンク名古屋支店は5日、トヨタ自動車の2次下請け企業で自動車部品メーカーの日本高周波(愛知県豊田市)が今月3日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したと発表した。負債額は2008年3月末時点で約26億円。

 帝国データバンクによると、日本高周波の08年3月期決算の売上高は113億円。昨秋の金融危機以降、トヨタ関連の下請けで、年商100億円以上の企業の経営破綻(はたん)は初めて。

 同社は豊田市のほか愛知県内の田原、豊橋両市にも工場を持ち、自動車用ドアの内張り加工やヘッドレスト製造などを手掛けてきた。トヨタグループの主要企業、トヨタ紡織(同県刈谷市)からの受注が約8割を占めていた。

 トヨタの高級車ブランド、レクサス車向けに07年、豊田市内に工場を建設したが、生産初期に不良品が発生するなど経費がかさみ、07年3月期の純損益は1億8400万円の赤字だった。

 トヨタショックの影響で受注が大きく減り、資金繰りが悪化していた。

(2009年03月05日 中日新聞)


 まあ、トヨタを始めとする大企業の下請けになる事によって、何とか食いつないでいる中小が多い事は紛れもない事実な訳だけれど、そういう事実も含めて、そもそも、そういう体制を作り上げてしまった事、それ自体が、戦後日本の最大の失策、失政の一つではなかったかと思う。

 大企業があって、そこに依存して中小が存在するというのでは無く、中小があって、それに支えられて大企業が存在する、という構造を、例え、多少の効率の悪さがあるにしても、作り上げるべきだったのではないか、と。

 派遣切りにしても、リストラにしても、こういう下請けの見切りにしても、何故に大企業がこういう事を平然と出来てしまうのかと言えば、結局、連中が働く人間の顔、姿、生活というものを、全く見ていないからなのだと思う。

 近年は、グローバリズムなどというダメリカ発のカルトの蔓延によって、その傾向が更に悪化している。

 一時期、アホみたいに個人主義が叫ばれた時期があったけれど、あれは、こういう方向性をより押し進める為の、怪異疸連とカスゴミによるプロパガンダだったのではないかろうか。

 そして、その最終的な仕上げの為に出て来たのが、小泉チョン一郎という詐欺師。

 僅かに残っていた既存の価値観、道徳、良心の全てをぶち壊し、一部の者、ようするに罪怪塵の為だけの経済システム、社会システムを自己責任、個人主義の名目の下に導入した。

 しかし、少しばかりの脳味噌のある人間には当然の話なのだが、一部の者だけに大多数を犠牲にするシステムというのは、結局、その一部の者が得ている利益さえも収縮、縮小させてしまう。

 国民に回したお金は企業に戻ってくるものであり、そういう循環こそが個別企業や国民経済の利益に適う。

 欲望に狂ったサルどもには、この当然の論理が見えない。

 この原因も、結局、帳簿の額面ばかりを追いかけて製造の現場、仕事の現場を見ない餓鬼や修羅が跋扈する、今の企業のシステムにあるのではないだろうか。

 上手く纏められないのだが、結局、大地に根を張らないシステムというのは、どんなに「効率的」に思えるものであろうとも、必ず人間を不幸にするのでは無いだろうか、と。

 そういう風に思う。

http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-1602.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産61掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995

 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。

このページを含むすべてのページのコピー・引用、リンクは自由です。確認メールは不要です。