★阿修羅♪ > 国家破産62 > 339.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
追加経済対策15兆円に 国債発行大幅増の旧態然 (九州企業特報)
http://www.asyura2.com/09/hasan62/msg/339.html
投稿者 そのまんま西 日時 2009 年 4 月 10 日 00:36:07: sypgvaaYz82Hc
 

追加経済対策15兆円に 国債発行大幅増の旧態然 (九州企業特報)
[政治]2009年04月09日 08:57 更新

  政府・与党は8日、追加経済対策にともなう09年度補正予算案の財政支出額(真水)を15兆円とし、事業規模を56兆円にすることで合意した。小渕内閣時代の98年度第3次補正の9兆7,000億円をはるかに超え、過去最大の規模となる。

 経済対策の内容は、与謝野財務相が示唆していた10日をめどに決定され、大型連休前には09年度補正予算案及び関連法案を国会に提出する見込み。

 麻生首相は当初、10兆円を越える財政出動(真水)を柱とする補正予算案の編成を指示していたが、結果的に15兆円を超えることになった。

財源の大半には「赤字国債」と「建設国債」発行(約11兆円)をあてるほか、09年度の本予算に計上した1兆円の緊急対応予備費や財投の準備金約3兆円を使うとされる。借金に頼る手法は旧態然というしかない。

 8日に民主党が発表した09・10年度の2年間で実施するという21兆円にのぼる経済対策では、その財源から「国債発行」即ち「借金」を排除している。

政府・与党、野党民主党それぞれの経済対策額が揃った形となったが、相変わらず「借金」に頼り、次代への負担ばかりを増やすという手法には賛成できない。民主党案の財源に不透明感はぬぐえないが、借金を増やさずに経済対策を実施するとする方向性は評価に値する。

借金→バラマキ→利権がらみの汚職→政治不信→生活・将来への不安増大、という悪循環に陥った現在の日本の姿を直視すべきである。なにより、借金を払うのは次代を担う世代であることを忘れてはならない。


http://www.data-max.co.jp/2009/04/0915.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。