★阿修羅♪ > 国家破産62 > 501.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米クライスラーが破産手続き、オバマ大統領が発表 (5月1日1時20分配信 読売新聞)
http://www.asyura2.com/09/hasan62/msg/501.html
投稿者 新世紀人 日時 2009 年 5 月 01 日 13:43:59: uj2zhYZWUUp16
 

(回答先: 予定通りにクライスラーは破産させたそうです。 「クライスラー 経営破綻 フィアットが資本提携で救済へ」(毎日) 投稿者 新世紀人 日時 2009 年 5 月 01 日 13:38:58)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090501-00000138-yom-bus_all

米クライスラーが破産手続き、オバマ大統領が発表
5月1日1時20分配信 読売新聞

 【ニューヨーク=池松洋】オバマ米大統領は30日正午(日本時間5月1日午前1時)、米大手自動車メーカー、クライスラーが米連邦破産法11章の適用を裁判所に申請すると発表した。

 クライスラーは申請後、裁判所の管理下で巨額の債務削減を進める一方、近くイタリアの同業大手フィアットと資本提携を結び、米政府の追加支援も受けながら経営危機からの早期脱却を目指す。

 オバマ大統領は、「破産法の適用は後ろ向きではない。米政府はクライスラーを支えていく。フィアットとの提携で生き残り、成功するはずだ」と述べた。

 米政府は、破産法適用を回避するため、クライスラーに同日までに人件費や債務の大幅削減を決めるよう求めていたが、一部債権者の同意が得られなかった。昨秋に起きた米金融危機は米新車市場を急速に冷え込ませ、米自動車大手3社(ビッグスリー)の一角が初めて破産手続きに追い込まれる異例の事態に発展した。

 クライスラーの破産法適用は、米ゼネラル・モーターズ(GM)再建の行方にも影響を与えそうだ。

 クライスラーは、すでに全米自動車労働組合(UAW)や債権(69億ドル)の7割を保有する大手金融機関などの大口債権者、提携するフィアットから再建計画への同意を得ており、あらかじめ再建計画を固めてから破産法11章の適用を申請する「事前調整型(プレパッケージ型)」の手続きに入る見通しだ。

 米政府は、クライスラーの申請が認められれば、30〜60日間で破産手続きを終了し、裁判所の管理下から抜け出せると見ている。

 米メディアによると、米国、カナダ両国政府は運転資金をクライスラーに供給して経営を支える方針だ。

 クライスラーが破産手続きに入ると、親会社の米投資会社サーベラスは約8割を持つ株式のすべてを放棄し、約2割を出資する独ダイムラーも資本関係を解消する。新生クライスラーでは、人件費の大幅削減などに同意したUAWが株式の55%、フィアットが35%、米国とカナダ政府が計10%をそれぞれ取得する。

 資本提携するフィアットはクライスラーを事実上傘下に収め、世界6位の自動車グループを形成する。両社合計の2008年の世界販売台数は約420万台だ。 最終更新:5月1日1時20分

Yahoo!ニュース関連記事
クライスラーの再建多難=危機に逆戻りの恐れも(時事通信) 5月 1日 6時56分
米クライスラー、NYで破産法11条の適用を申請[photo](ロイター) 5月 1日 2時57分
米大統領、クライスラーの破産法申請と伊フィアットとの提携発表[photo](ロイター) 5月 1日 1時53分
この記事に関連するニュース一覧を見る(50件)


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。