★阿修羅♪ > 国家破産62 > 618.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
グリーンスパン前FRB議長:香港当局の98年の株買い取りを再評価(ブルームバーグ)
http://www.asyura2.com/09/hasan62/msg/618.html
投稿者 そのまんま西 日時 2009 年 5 月 20 日 23:46:05: sypgvaaYz82Hc
 

グリーンスパン前FRB議長:香港当局の98年の株買い取りを再評価  5月19日
(ブルームバーグ):

グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、アジア金融危機下の1998年に香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)による150億ドル(約1兆 4400億円)相当の株式買い取りを批判したが、ここにきて機転が利いた動きだったと再評価している。

 グリーンスパン氏は19日に電話インタビューに応じ、HKMAの任志剛(ジョゼフ・ヤム)総裁の当時の買い取り決定について、「彼のタイミングは絶妙だったことが分かった」と述べ、株価はその後数年間にわたって上昇しており「危険な行動だったが、うまくやってのけた」と評価した。その上で、「中央銀行の原則としては、それは勧められない」とも述べた。

 在任16年の任総裁(60)は今年10月1日に退任する。同総裁は 11年前に香港ドル防衛のため株式買い取りを実施した。グリーンスパン氏は98年9月に米下院銀行委員会で証言し、HKMAの戦略は破たんし、HKMAは「素晴らしい信用力の一部を損なう」との懸念を示していた。

 グリーンスパン氏(83)は「わたしは当時、中銀による国内市場への介入は極めて危険であり、極めて大量の証券を抱えてしまう恐れもあると懸念していた」と述べ、約6−8カ月後に「任総裁に正しい判断だったと伝えた。心配は無用だった」と付け加えた。

 87年から06年までFRB議長を務めたグリーンスパン氏は任総裁について「世界で在任期間の長い最も有能なセントラルバンカーの 1人だ」と評価し、「同氏の退任は惜しまれるだろう。彼の後任探しは容易ではない」と語った。


http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003009&sid=aKtUM75Fh_4M&refer=jp_top_world_news  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。