★阿修羅♪ > 国家破産62 > 640.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地銀の破たんが米国経済を次第に蝕んでいきます  【nevada】
http://www.asyura2.com/09/hasan62/msg/640.html
投稿者 愚民党 日時 2009 年 5 月 22 日 13:28:16: ogcGl0q1DMbpk
 

http://blog.livedoor.jp/nevada_report/

2009年05月22日

株式情報(主流株の下落と高値を付ける小型株)

トヨタ −70円(3580円)
ソニー −45円(2455円)
新日鉄 − 6円(343円)
パナソニック−17円(1315円)

有名な大企業の会社の株がそろって値下がりしている中、小型株の中には高値を更新してきている銘柄が多く出ています。

名村造船 +15円(510円) PER 5倍 *年初来高値
サノヤス + 2円(292円) PER 4倍 *年初来高値

造船会社の株は高値から急落したものが多いのですが、既報の通り業績は大幅に上方修正されてきており、上記の通り【株価収益率(PER)】はあり得ない低さとなっているのです。

株価は安値から上昇を続けていますが、いまだ上記の株価収益率であり、今後株価が2倍になりましてもまだ株価収益率が10倍となります。

また、【ネット関連株】の中には商いを含ませて上昇し続けている銘柄が出てきており、利益の大幅増額修正(PER6倍)+PBR0.3倍という異常な安値となっている銘柄もあり、今後、有名会社の株が沈む中、色々な中小型株の急騰が相次いでみられるかも知れません。

そして、とっかえひっかえ食い散らかされた後には、資金の回転が止まり、全ての銘柄の急落になります。

また、夕方にはなぜ今、【トヨタ】・【新日鉄】等の株価が上昇しないのか、解説させて頂きます。
(今日は金曜日であり、投信・年金資金等による”お化粧”買いがあり、株価は持ち直すかも知れませんが)

金融情報(異例の銀行破たん)

通常、金融機関の破たんは週末と決まっていますが、昨日、フロリダの【バンクユナイテッド】が突然破たんしています。
理由は危機的な資本不足と説明されていますが、一体何がおこったのでしょうか?

大手銀行(大手地銀も含む)は救済するとなっていますが、中小地銀はその救済対象外となっており、資金がじわりじわりと流出しているのです。

地銀の破たんが米国経済を次第に蝕んでいきます。


nevada_report at 07:15

2009年05月21日

経済速報(19年前に戻った所得:日本人)

厚生労働省は【国民生活基礎調査】を発表し、2007年の一世帯あたりの<平均所得額>が一年前に比べ1.9%減少の556万2000円(過去最高は1994年の664万円)となり、1988年以来19年ぶりの低水準となったと発表しています。
また、労働者1人あたりの所得は313万2000円となりこちらは過去最低となっています。

今回の調査で重要な事は労働者の年収が過去最低にまで落ち込み、300万円割れも時間の問題となっていることです。
年収300万円以下では都会ではぎりぎりの生活しか送れません。

今や非正規労働者が30%以上を占めており、これがため平均年収を押し下げている部分もありますが、一般正社員の給与も今や10%、20%減少は当たり前になってきており、2008年、2009年分の調査では、恐ろしい程の減少を見せることになる筈です。

日本人の収入が20年前、30年前に戻るのも時間の問題だと言え、これで個人消費が増えるはずがありません。
今はエコポイントとして騒いでいますが、これも所詮は一過性の需要の先食いであり、全体として消費が増えるものではないのです。

ここからも日本の衰退の一面が見えてきています。

nevada_report at 22:58

経済情報(ソニーデフレ)

ソニーは自社の生き残りの為に今後5000億円ものコストカットを行うと明らかにしたと日経は報じていますが、取り引き先企業数が2500社から1200社になると言われており 更に電機の生産拠点を57ケ所から49ケ所に削減するとしており、人員削減も併せ今後日本国内で猛烈な《ソニーデフレ》が襲う事になります。
与謝野大臣は『景気の最悪期は脱した』と述べましたが早晩撤回に追い込まれる事は避けられません。


nevada_report at 09:12

経済情報(日本から去る頭脳集団)

テキサスインスツルメンツは筑波市にあります研究開発拠点(開発要員等100名)を閉鎖し、インドとアメリカ本土に移設すると発表しています。

先日は既報の通り、日本企業がスパコンからの撤退を明らかにしましたが、相次ぐハイテク分野の撤退・閉鎖は日本が置かれている状況を如実に表していると言え、日本の衰退がかなりの速度で進行している証でもあります。

日本人は未だに日本は世界一の裕福な優秀な国であると思っている間に世界は日本を忘れさってしまっているのです。
この認識ギャップは今後益々拡大していき、気がついた時には取り返しのつかない事態に陥っている筈です。

もっとも日本は農家・水産業・林業で生きて行く道がありますのでGDP 500兆円が100兆円以下になり慎ましくアジアの片隅で生きていく道もありますのでハイテク分野がなくなりましてもそれ程悲観する必要もないかも知れませんが、今の世界的に見て裕福な生活が送れなくなる事だけは確かです。

nevada_report at 08:37

2009年05月20日

経済情報(GDP統計の報道内容)

今日、発表になりましたGDP統計(1−3月期)では15.2%の減少と戦後最悪の状態になりましたが、報道機関により、報道の内容に差が出ていたことには殆どの方は気づいていない筈です。

    <朝日新聞>   <日経新聞>
GDP −15.2%    −15.2%
個人消費 −1.1%    −1.1%
住宅投資 −5.4%    −5.4%
設備投資 −10.4%   −10.4%
政府消費 +0.3%    +0.3%
公共投資 −0.0%    −0.0%
在庫投資 −0.3%     記載なし
輸出   −26.0%   −26.0%
輸入   −15.0%   −15.0%

上記の通り、【在庫投資】につき、日経新聞はカットして報じているのです。
そして、このような解説がされています。
「在庫調整進み、生産プラスに」
「民間座在庫品増加の1−3月期の実質成長率への寄与度(年率)は1.0ポイントのマイナス。統計上では急激な在庫調圧縮が成長率を押し下げた格好」

ここまで【在庫】の事を解説するのであれば発表数字をカットする必要はなかった筈なのですが、日経新聞はカットして報じているのです。

また、この解説のしめくくりに以下のような記載があります。

「在庫圧縮が進んだ結果生産の底入れにつながり3月の鉱工業生産指数は半年ぶりにプラスとなった」

この点につき【朝日新聞】はこのようにコメントしています。
「企業の生産活動を示す鉱工業生産指数は今年1月、2月ともに前月比約10%マイナス」

では、3月はどうなったのでしょうか?

+1.6%上昇

2ヶ月連続10%を超える減少後に1%台の上昇で果たして底入れと言えるでしょうか?

また3月は決算月でもあり企業は生産を増やす傾向があるため、生産を増やします。
特に業績不振企業にこの傾向が強く、しかも在庫に融資するという融資手法もあり、
余計に生産を増やす傾向が強くなっています。

【輸出増加】(3月は前月比+3.1%)もそうです。
期末の売り上げを増やす為に、海外の支店・関連会社に在庫を“飛ばす”ことも行われていると言われており、結果、輸出が増えます。
そして、これらはいずれ<不良在庫>として表面化します。

今回のGDP統計を巡る報道は企業経営者にとり報道機関の姿勢を見る上でかなり参考になった筈です。


nevada_report at 21:13

経済情報(激減した?お土産消費)

北海道の千歳空港では今まで売り切れて買えなかった《ジャガポックル》が山積みされていたり、ものすごい列をなしていた《生キャラメル》売り場が閑散としていたりしており、旅行客がお土産ものへの消費を減らしているのがよく分かります。
札幌市内も閑散としておりいたるところで店が潰れてきています。
旅行客が減り消費がへる北海道経済に赤信号が点滅しています。

nevada_report at 15:32

経済情報(楽観論を吹き飛ばした住宅着工件数)

米国商務省が発表しました【4月住宅着工件数】は3月に比べ12.8%減少し、過去最低を更新しています。
1年前に比べまして54.2%減少しており、今回の減少で2ケ月連続して前月を下回っています。

住宅着工件数は依然として《半減》となっており、一向に回復していません。

アナリストは大幅に回復するとしていましたが、完全に予測(期待)が外れる事態になっています。

今の景気・株式市場は《期待》が余りにも強いのですがこれが反対になれば反動はものすごいものとなります。

nevada_report at 09:09

金融情報(急降下したメガバンク株)

昨日の日経平均は急上昇していましたが、寄付きの高値から急降下したのが【メガバンク株】です。

みずほ 終値 227円(−1円)
寄付き +10円(238円)

三井住友 終値3780円(+20円)
寄付き+100円(3860円)

両銘柄とも買い気配で始まりほぼ安値圏で終わっていましたが、何が起こったのでしょうか?

何もありません。
買い物が消え売り物が急増しただけなのです。
空売りの買い戻しがほぼ終わったのです。

では新たな買い手は居ないのでしょうか?
居ます。
【投信】です。

個人の株購入意欲が高まってきていると言われており投信の設定も増え、新規の資金が投信市場に流入していると言われているのです。

今度も個人が高値をつかむ事になるのでしょうか?


http://blog.livedoor.jp/nevada_report/



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。