★阿修羅♪ > 国家破産65 > 473.html  
【特報】修正新自由主義にノーベル経済学賞
http://www.asyura2.com/09/hasan65/msg/473.html
投稿者 真夏の海の家 日時 2009 年 10 月 13 日 16:58:23: KrtQ.xI9naUzg

2009年10月13日 夕刊
【ストックホルム】スウェーデンの王立科学アカデミーは12日、2009年のノーベル経済学賞を米国シカゴ大学のエリナー・オッペケ氏(64歳)に授与すると発表した。

オッペケ氏はシカゴ大学教授で、同大学では1976年にミルトン・フリードマン氏が同じくノーベル経済学賞を受賞している。オッペケ氏はフリードマン氏に師事し、同じく新自由主義を掲げていたが、フリードマン氏の政府と民間の対立概念に批判的で、2006年にフリードマン氏が死去された後、「修正新自由主義」を発表していた。

オッペケ氏によれば、フリードマン氏の新自由主義では、政府と民間を対立するものと捉えて、規制のない自由市場経済が唱道されていたが、この考え方は中途半端であり、真の意味での自由は、民間が政府となることで達成されるとしている。昨年、ブッシュ政権が行った金融機関救済はオッペケ氏の考えに基づく行動の一環であり、オバマ政権になってゴールドマン・サックスなどの元民間金融機関在籍者が財務省に多数入ることによって、真の自由は達成されつつあるという。

特定の金融機関救済に国民の税金が使われていることについて、オッペケ氏は「投資対象に税金かどうかは問題にならない。小さな投資で莫大な利益を上げることが金融機関の目的であり、当然のことながら、税金もまた投資対象になる」と述べている。実際、米国では、金融分野ばかりでなく、税金で建設されてきた建物や道路なども投資対象として次々と買収が進んでおり、議会で最大の議案になっている医療改革法案もこの方向で話が進められているようだ。ごく近い将来、株主の利益だけを最大目的とした完全民営政府が誕生するかもしれない。【10月13日アホウ通信】

湘南の片田舎から
http://ootw-corner.asablo.jp/blog/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産65掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

★コメント投稿フォーム (1000字まで)
よかったら一言、ここに感想などお聞かせ下さい。
コメント投稿するとすぐにこの上部に表示されます。

スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。

ch1:    ch2:  

 

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995

 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。

このページを含むすべてのページのコピー・引用、リンクは自由です。確認メールは不要です。