★阿修羅♪ > ホロコースト6 > 111.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[書評] 『ホロコーストの真実(下)−大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』デボラ・E.リップシュタット著   パレスチナの
http://www.asyura2.com/09/holocaust6/msg/111.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2009 年 3 月 30 日 19:00:16: of0poCGGoydL.
 


(転送・転載を歓迎します/アマゾンの書評より)

ホロコーストの真実〈下〉―大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ
デボラ・E. リップシュタット著
エディション: 単行本

内容の乏しさに加えて日本語訳が不正確, 2009/3/30


 ドイツがユダヤ人を差別、迫害した事は明白な史実である。しかし、そのドイツと言へど、本当にユダヤ人をただユダヤ人であると言ふだけの理由で「絶滅」しようとまでしたのだろうか?したと言ふなら、著者はその証拠を示すべきである。しかし、著者であるリプスタットは、本書の何処においても、その様な証拠を示して居ない。又、「ドイツはガス室でユダヤ人を殺した」とする主張についても、本書は何も証拠を示して居ない。ガス室で大量殺人が行はれたと主張するなら、最大の物証である「ガス室で殺された死体」の解剖記録を提示するべきだし、戦後、ポーランドが「処刑用ガス室」として提示して来たアウシュヴィッツやマイダネックの「ガス室」とされる部屋が、真実、処刑用ガス室であったと主張するなら、図面などの証拠を示すべきではないか。しかし、この本には、その様な証拠は全く提示されて居ない。
 本書の末尾で、著者は、フランスの反見直し論者プレサックの著書から引用する形で、「証拠」の代はりとして、複数の文書を提示しては居る。しかし、プレサックが提示したこれらの文書については、フォーリソン、ウェーバー、マットーニョ、などの論者が徹底的に反論を加えて居る。更に、この日本語訳では、そのプレサックの著作の資料の内容を提示する際の文章が、プレサックの著作の表現を正しく反映して居ない。まさか意図的な誤訳ではないと思ふが、論より証拠である。この日本語訳を読んだ読者は、プレサックの原文を参照して、本書の日本語訳と比較してみて欲しい。末尾箇所の日本語訳の不正確さに気が付く筈である。

(西岡昌紀・内科医/パレスチナの土地の日に) コメント | ブックマーク

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%80%88%E4%B8%8B%E3%80%89%E2%80%95%E5%A4%A7%E9%87%8F%E8%99%90%E6%AE%BA%E5%90%A6%E5%AE%9A%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%98%98%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%BF-%E3%83%87%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%BBE-%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88/dp/4765250997/ref=cm_cr-mr-title

(この書評は、私のインティファーダです)

(参考サイト)
http://www.ihr.org/
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。