★阿修羅♪ > ホロコースト6 > 113.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[書評] 『夜と霧−ドイツ強制収容所の体験記録』(旧版)V.E.フランクル著   パレスチナの土地の日に
http://www.asyura2.com/09/holocaust6/msg/113.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2009 年 3 月 30 日 19:20:34: of0poCGGoydL.
 


(転送・転載を歓迎します/アマゾンの書評より)


夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
V.E.フランクル著
エディション: 単行本

「ガスかまど」とは何か???−−私が「ガス室」の実在を疑ふ理由の一端, 2009/3/30


 皆さんは、「ホロコースト」の内容が、実は、戦後、二転三転して居る事を御存知だろうか?もう一度言おう。「ホロコースト」の内容は、戦後、二転三転して居るのである。
 実例を挙げよう。ドイツ本国に在ったダッハウ収容所に関して、今日、「通説」は、「ガス室」による処刑は行はれて居なかったとする見解を採って居る。しかし、戦後間も無い時期には、この収容所でも、「ガス室」による大量殺人が大々的に行はれて居たと、「通説」側は、述べて居たのである。−−ニュールンベルク裁判でも、このダッハウ収容所での「ガス室処刑」の「目撃証言」が堂々と提出されて居た。−−では、一体、何故、今日、「通説」側の歴史家たちは、そのダッハウ収容所では、「ガス室処刑」は行はれて居なかったと、言ふ様に、その主張を変更したのだろうか?ダッハウでの「ガス室」に関する処刑」が「目撃証言」が信用出来る物なら、こんな変更は不要な筈ではないか。それなのに、彼ら自身が、「ダッハウでのガス室処刑」を否定してしまった理由は一つしか考えられない。ダッハウでの「ガス室殺人」の「目撃証言」がウソだったからではないのだろうか?
 もう一つの例は、本書に出て来る「ガスかまど」と言ふ言葉である。かつて、「通説」側は、アウシュヴィッツでは、ユダヤ人が火で焼き殺されたと言って居た時期が有ったのである。だから、この本には、その痕跡である「ガスかまど」と言ふ言葉が残って居るのである。他にも、この旧版の資料には、「ホロコースト」の内容が二転三転した痕が見て取れる。だから、「これはまずい」と思った関係者が、この本を新版に改定したのではないだろうか?

(西岡昌紀・内科医/パレスチナの土地の日に) コメント | ブックマーク


(クリックして下さい)
     ↓
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9C%E3%81%A8%E9%9C%A7%E2%80%95%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%E3%81%AE%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%A8%98%E9%8C%B2-V-E-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB/dp/4622006014/ref=cm_cr-mr-title

(この書評は、私のインティファーダです)

(参考サイト)
http://www.ihr.org/
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。