★阿修羅♪ > 地域13 > 133.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
坂出市長選公開討論会 立候補予定者の発言要旨【四国新聞社】
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/133.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 5 月 10 日 15:20:05: YdRawkln5F9XQ
 

坂出市長選公開討論会 立候補予定者の発言要旨【四国新聞社】
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090510000099
2009/05/10 10:04

 坂出市長選の立候補予定者2氏が参加した9日の公開討論会。

両氏は自己紹介の後、市が抱える課題や互いの公約に関する5つのテーマに一問一答形式で答弁、それぞれ6分間の最終弁論で締めくくった。

「市をつぶさないためでなく、市民サービスの向上を図るための行財政改革を行う」と綾宏氏。

松浦稔明氏は「安全、安心なまちづくりを目指すため、20年の経験を生かして国の財政出動を坂出に導く」と持論を展開。

市民約600人の前で各自の政策を主張し合った。

(【注】出馬表明順。略歴は(1)現職(2)主な経歴(3)現住所(4)最終学歴、年齢)
【→参照記事】

綾宏(あやひろし)氏 まちに元気取り戻す
(1)会社役員(2)坂出市議会議長(3)坂出市元町(4)学習院大卒、56歳
 瀬戸大橋の架橋で、暮らしがよくなるなどの期待が大きかった。あれから21年、坂出はどう変わったのか。与島への入り込み客は3分の1に減少。商店街の空き店舗率は県内最高で、残念としか言いようがない。まちに元気を取り戻したい。

 まずは障害者や高齢者、子どもたちが住みよい、安心できるまちづくりを考えたい。そのために市立病院を存続させてほしいという市民の要望は多い。産科の再開も目指したい。市民が望むなら、建て替えなどによる赤字も、税金を投じて補てんしていいと思う。

 人口を増やすには、仕事も必要。雇用については地元企業と直接対話する。商住共存を進め、教育や子育て環境の充実も図る。

 行財政改革は、市民のために行うもの。行政サービスを向上させるため、現行事業を行政がやらなければならないかどうかを見直す「仕分け」が必要だ。民間でいいものは民間に任せたいし、道路の里親制度など、市民にできることはボランティア参加を促したい。

 みんなで行動し、まちづくりをするという意識付けに努め、市民と一丸になって坂出を盛り上げたい。

松浦 稔明(まつうらとしあき)氏 政府の財政出動導入
(1)市長(2)会社社長(3)坂出市大屋冨町(4)京都大卒、70歳
 百年に一度の恐慌の中、政府の財政出動を効率的に坂る。これが過去20年、行政経験を積んだわたしの大きな使命だ。

 行財政改革や市職員数の削減を強力に進める中、重点施策としてきた災害対策に今後も力を入れる。小中学校の耐震化は2015年度までに完成させ、市立病院の第3病棟は2年後までに建て替えるつもり。

 市立病院は大きな赤字を抱え、国から廃止を含めた検討を求められながら、廃止も縮小もしないとして市税投入などで黒字に改善した。ただ、基本は現状維持での存続だが、建て替えなどで赤字が続く場合は、つぶさざるを得ない。これ以上は財政を圧迫できない。

 子育て、教育に関しては「子ども課」を新設、育児に関して何でも相談できる場を提供する。学校では農園を設けての農業体験、生産現場を訪ねる企業見学などを行い、地産地消の推進や財政を支える企業活動に理解を深めてほしい。観光は高速道の料金値下げが実現した今が絶好機。天然の車エビを名産に育ててうどんとのセットで売り出し、事業として「うどん課」をつくって総合的な観光情報の提供を図りたい。出に導入す

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 地域13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。