★阿修羅♪ > 地域13 > 160.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
サンマ丸ごと 銚子電鉄、初の駅弁誕生 
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/160.html
投稿者 あややの夏 日時 2009 年 6 月 19 日 10:40:34: GkI4VuUIXLRAw
 

6月19日7時59分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090619-00000042-san-l12

 ついに念願の駅弁が誕生!−。千葉県銚子市の銚子電鉄(営業距離6・4キロ)で、同社初となる駅弁「さんまかば焼すし」が21日から販売される。サンマのかば焼きをすし飯に乗せた押しずしで、地元のすし店や水産加工場などのコラボから生まれた。当面は犬吠駅の売店で休日だけの限定販売となる。

 多くの鉄道ファンや観光客に愛されている銚子電鉄。意外にも大正12年の開業以来、駅弁が販売されたことはなかった。昨年7月に同社公認の「銚子電鉄弁当」が大手コンビニエンスストアから期間限定で販売されたが、これは駅の売店で扱わなかったため駅弁とはいえず、今回の「さんまかば焼すし」が正真正銘の「初駅弁」。

 「仲間と一緒に銚子で水揚げされる魚で駅弁を作り、銚子電鉄の新しい名物にしたい」と、水産加工会社「マルカ加藤水産」(同市内浜町)の加藤輝吉社長(65)らが考案した。

 加藤さんの工場で開きにしたサンマを、知り合いのウナギ専門店でかば焼きにしたあと、市内のすし店「喜可久寿司(きかくずし)」で押しずしにして完成。

 同店店主の西宮智宏さん(48)によると、すし飯の間には錦糸たまごをはさんで、銚子電鉄の線路沿いに咲く菜の花の黄色をイメージ。さらに、細かく刻んだワサビの茎を混ぜ込んで、香り付けとともにサンマの脂っぽさを中和する工夫も凝らしている。

 サンマまるごと1匹分の押しずしを6等分に切り分けた“6両編成”で、1人前780円。銚子漁港での本格的なサンマの水揚げは秋口になるため、当面は土日祝日のみ1日20食の限定販売を予定。販売開始は午前10時から。問い合わせは銚子電鉄(電)0479・22・0316。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 地域13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。