★阿修羅♪ > 地域13 > 245.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小川政務官、国の出先機関廃止で見解【四国新聞社】
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/245.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2009 年 9 月 19 日 18:25:28: YdRawkln5F9XQ
 

小川政務官、国の出先機関廃止で見解【四国新聞社】
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090919000090
2009/09/19 09:39

 総務政務官に就任した民主党の小川淳也氏は18日、民主党政権が地域主権確立のための政策として掲げる国の出先機関の原則廃止について、「方針を掲げた以上、高松も対象になる」との見解を示した。

また、前原誠司国土交通相が表明したダムや導水路など全国143事業の見直しについては「内海ダムなど県内の4カ所もゼロベースで見直していくことになる」と話した。

【→参照記事】

 国の出先機関の廃止に対しては、高松など多くの官公庁の出先機関が集中する都市で、廃止に伴う政治的、経済的影響力の低下を懸念する声がある。

 原口一博総務相は就任後にあらためて廃止の方向を示しており、小川氏も「徹底した地方分権は地方の魅力を存分に引き出す。

出先機関があることによる発展よりメリットは大きい」と強調。

「高松だけ特別扱いということはできないが、具体的なことはこれから。地元の意見にしっかり耳を傾けながら慎重に議論していきたい」と話した。

 地域主権確立のための具体策としては出先機関の廃止のほか、ひもつき補助金から一括交付金への移行、直轄事業に対する地方負担金の廃止などを予定しているが、従来のシステムを大幅に変える政策の実現までには霞が関との緊張した局面も予想される。

 小川氏は「どんな政策にしろまず地方の意見を聴き、官僚と真摯(し)に向き合い、務めを果たしたい」と対話重視の姿勢を強調した。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 地域13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。