★阿修羅♪ > 地域13 > 288.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
長野市長選 市民の声をより大切に 【信濃毎日新聞】
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/288.html
投稿者 みちばたの蝶 日時 2009 年 10 月 26 日 13:17:45: JxOH7lIi5LSzQ
 

http://www.shinmai.co.jp/news/20091026/KT091025ETI090003000022.htm

10月26日(月)
 3人の争いとなった長野市長選挙は、現職の鷲沢正一氏が3選を果たした。新人の高野登氏の追い上げをわずかの差でかわした。
 2期8年にわたる鷲沢市政を継続するか、転換するかが問われた選挙である。県都の市長選らしい戦いになり、投票率は前回を上回った。
 実績を訴えた鷲沢氏に多くの支持が集まった。とはいえ、得票率は半分に届いていない。高野氏が票を伸ばしたのは、現市政に対する不満の表れだろう。重く受け止めなければならない。
 地方分権の流れが加速する中、かじ取りは難しさを増している。歩みを確かにするため、市民の声に謙虚に耳を傾ける姿勢がより一層求められる。
 鷲沢氏は、選挙戦を通じ「行政で一番大事なのは、市民の生活を守ること」と強調した。信濃毎日新聞社が事前に行った電話世論調査でも、市政で優先してほしい課題として、福祉・医療を挙げる人が多かった。
 長野市は来年1月、上水内郡信州新町、中条村と合併する。都市問題と中山間地の問題がともに重要課題になってくる。
 市民の暮らしをどう守り、活力を取り戻していくのか、積極的な取り組みが欠かせない。
 現職に挑んだのは、元外資系ホテル日本支社長の高野氏と元県商工参事の小林計正氏の2新人である。ともに市政の転換を掲げて戦った。けれども鷲沢氏に対抗する勢力が二つに割れたことが響き、出遅れもあって逆転することはできなかった。
 今回は民主党が政党色を前面に出して戦った点が目立った。大勝した衆院選の勢いで、党県連は小林氏を擁立し、公認候補並みの支援態勢を敷いた。菅直人副総理兼国家戦略担当相や原口一博総務相ら閣僚が応援に駆けつけた。
 政権交代に続く市政交代を、ともくろんだけれど、結果は最下位だった。
 擁立をめぐる迷走が影響したのだろう。候補者公募の形を整えたものの「擁立過程が不透明だ」との批判が出ていた。
 政党の都合優先で市民不在だった。そう言われても仕方ない。
 選挙戦で、政策論争が深まったとは言えない。世論調査では、長野市民会館の建て替えについて賛否は割れたままだ。
 住民自治をどう高めていくか、公共交通をどう守るか、といった課題は山積している。鷲沢氏はさらに気を引き締めて、3期目に臨んでほしい。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。