★阿修羅♪ > 国際4 > 583.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
緊急な為替介入の必要性について
http://www.asyura2.com/09/kokusai4/msg/583.html
投稿者 PCOG 日時 2009 年 11 月 27 日 10:13:17: QQblZfjbsVI.6
 

藤井財務相は直ちに為替介入を実施すべし!

2009年11月27日8時40分現在、USD/YEN は85円をつけて、円が急騰している。理由としては、米国の超低金利政策が長期化するとの観測が為替市場にあるためと言われている。

日経平均株価も円高のため低迷しており、日本経済は政府も発表したとおり「デフレスパイラル」の状況にあり、日本経済は縮小再生産の途を辿らざるを得ない現況である。

自国通貨を安くすれば景気が回復するのは、今日では世界の常識である。米国主導で1985年9月にG5により実施された「プラザ合意」で実証済みである。「提言11」参照。

為替介入から反転まで数ヶ月を要するのが一般的であるので、藤井財務相の早急な為替介入が期待される所以である。

http://www12.bb-west.ne.jp/matuoka/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
またドル買うの?
もう100兆円くらい買ってる。
今回のドル安で何兆円も損した。
まだ買うの?
2009/11/27 11:55
為替介入ではなく、抜本的な改革が必要


2009/11/27 13:09

事業仕分けで搾り取ったお金がある
それを大規模ドル買いに突っ込むんだろう
事業仕分けの終盤になっていきなり為替介入の話が出てくる
このタイミングを怪しいと思えよ
アメリカと財務省の企んだ罠に
鳩山さん見事に引っかかったんだよ
これから年末の予算編成だけど
財務のやつら鳩山さんに
お金はもうドル買いに使ってしまいましたとケロリというよ
鳩山さん真っ青
だけどこんな事表にはだせないから
もうどうしようもありません
ちなみにドル買いを行った場合
ドルの売り手は外資です
奴らは日本の大規模ドル買いを虎視眈々と待っています
2009/11/27 18:09
もうドルはあきらめるか、ドルと一緒にインフレにするか決断するしかないな。
国債を考えると政府はインフレを望んでるんじゃないかな。


どうせ米国債は売れないし、米国の消費も期待できない、中国との貿易額のが上回ってきている今日なら、円高誘導するより国内にその資本を還流した方がいいと思う。
2009/11/27 20:43

慌てるな。円高は放置しておくのが良い、「日本は慌ててドルを買う」と投機家が狙っているだけ、放置しておいても円安になるはずだ。
円高になったら、反って真面目は販売努力をすべきだし、輸出企業には、国内、海外販売分の製造コストが低下するのが反って好都合のはず、また国内物価も下落し消費を喚起する起爆剤にして欲しい。円高で貿易黒字が減少すればアメリカやヨーロッパ諸国に付け入る隙を減らすことができて好都合ではないか。
大体、自動車メーカーは外国工場生産が主流なのだから、円高には無関係なはず。これを利用して儲けようとする魂胆はミエ見えだ。その手に乗ってはならない。
2009/11/27 20:57
ドル安のため、ドル資産を多通貨バスケットで保持しようとする傾向があるならば、売り手のドル資金は巨額であることが想定され、容易にはドル買い介入で円安をくいとめることはできない可能性がある。
 あたふたと為替介入を求める論があるが、単独介入なら十分様子を探る必要がある。そもそも、為替介入は望ましくない、産業の構造改革が必要になっているのだ。
2009/11/27 21:49
この筆者は売国精神の持ち主か?
考え方が浅はか過ぎる。

アメリカの衰退が始まり、帝国は資金繰りに四苦八苦。
ドルを買ってもらうためにドル安を誘発し、ATM日本にドルを買わせようとする。

もうその考え方は古い。
2009/11/27 23:59

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。