★阿修羅♪ > 昼休み16 > 174.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【毎日「反省すべき点あった」第三者委で西川社長】(第四者委員会が必要です)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak16/msg/174.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 2 月 20 日 22:44:01: 4sIKljvd9SgGs
 

http://mainichi.jp/select/biz/news/20090221k0000m010100000c.html
かんぽの宿:「反省すべき点あった」第三者委で西川社長

「かんぽの宿」のオリックス不動産への一括譲渡問題を受け開かれた日本郵政の第三者検討委員会初会合。(右手前から)川端和治委員、黒田克司委員、渋井和夫委員と日本郵政の西川善文社長(左中央)=東京都千代田区で2009年2月20日午後5時14分、内藤絵美撮影 「かんぽの宿」の一括譲渡問題で、日本郵政は20日、外部の専門家による第三者検討委員会の初会合を開いた。検討委員会では数カ月程度をかけ、かんぽの宿を含む不動産売却ルールを作成し、報告書としてまとめる。日本郵政はこのルールに従って、不動産売却を進める考えだ。

 検討委員会のメンバーは、川端和治・元日本弁護士連合会副会長▽黒田克司・日本公認会計士協会副会長▽渋井和夫・日本不動産鑑定協会常務理事の3人。この日、メンバーの互選で、川端氏が委員長に選ばれた。

 委員会の冒頭で、日本郵政の西川善文社長はかんぽの宿事業譲渡について、「収益性、効率性と公共性の両立を図ることが大きな課題。経済情勢が悪化するなかで焦りはなかったか、地元への配慮は十分だったか反省すべき点はあった」とあいさつした。

 委員会では、「売却の経緯が不透明」という鳩山邦夫総務相の指摘を踏まえ、(1)適切な譲渡先や譲渡価格の決定方法はどうあるべきか(2)不動産として売却すべき資産と、(手法として)事業譲渡を用いるべき資産をどう区分するか(3)情報公開のあり方−−を主な論点として、売却ルールを整理していく。

 かんぽの宿の入札や、民営化前の旧日本郵政公社時代の不動産売却の手続きが適切だったかどうかについても検証する。委員会は非公開だが、会議資料や議事録は日本郵政のホームページで原則として公開する。

 かんぽの宿は年間50億円規模の赤字事業。オリックス不動産への一括譲渡を白紙撤回したことで、日本郵政は当面、かんぽの宿の経営改善も進め、事業価値の向上を図る。【前川雅俊】

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み16掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。