★阿修羅♪ > 昼休み16 > 236.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【朝日、制作会社の大半は「年収百万、2百万円台の社員」】(みの、古館、たけし、紳介などの「口害」分を削るべきです)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak16/msg/236.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 2 月 23 日 17:10:22: 4sIKljvd9SgGs
 

【マスコミ】テレビ業界の下請けいじめ是正へ "番組の買いたたき""制作会社が持つ著作権の譲渡強要"の禁止など
1 : ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2009/02/22(日) 13:41:40 ID:???0

 テレビ業界が、番組作りを発注する制作会社への「下請けいじめ」をなくそうと、
総務省と自主ルールをまとめた。契約書もかわさずに発注し、金額を一方的に下げる
ことが珍しくない現状を改める狙いだ。制作会社の著作権も尊重する。NHKと地上波
テレビ放送を手がける120社余りの全民放を対象に、3月中に実施する。

 自主ルールは「放送コンテンツの製作取引適正化に関するガイドライン(指針)」。
総務省と放送局、番組制作会社の代表が1年間協議してまとめた。制作会社の大半は
中小企業で経営が苦しく、長時間の不規則勤務にもかかわらず「年収100万、
200万円台の社員がぞろぞろいる」(大手プロダクション社長)という。ワーキングプア
(働く貧困層)が社会問題になったこともあり、業界として改善を目指すことにした。

 指針は「放送局は制作会社に対して取引上、優位な地位にあることが多い」と明記。

(1)制作会社への発注書・契約書の交付と契約金額の記載を義務づけ
(2)番組「買いたたき」を禁止
(3)制作会社が持つ著作権の譲渡強要を禁止、

の3点を盛り込んだ。

 関係者によると、昨年の調査では全放送局の約6割が、少なくとも一部の書面を交付
していなかった。総務省の調査では、制作会社が「書面を渡されても金額の記載がない」
「金額は口頭で告げられるだけ」などと回答。今後は、下請け業者保護について定めた
下請法に沿った発注書・契約書のひな型を用意し、書面を交付するよう求める。契約金
の早期支払いも促す。
(>>2以降に続く)

▽朝日新聞
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY200902210212.html
前スレ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235240484/


2 : ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2009/02/22(日) 13:41:52 ID:???0
(>>1の続き)

 番組「買いたたき」は、テレビCM収入が落ち込み始めた一昨年後半から目立つ
という。総務省の調査では「一方的に単価引き下げを通告された」「値下げ圧力が強く、
赤字で受注した」などの訴えが制作会社から寄せられた。「安い単価に変える時は番組
内容やキャストも見直す」「番組種類ごとの単価表を放送局と制作会社が話し合って
決める」ことを推奨する。

 制作会社が番組内容を放送局に提案し、制作に責任を持つ場合は、制作会社に著作権
があると判断される。ただ、この場合も放送局が著作権を握る例が少なくない。放送局
が著作権譲渡を迫ることを「不当な経済上の利益の提供要請」として禁止する。

 違反行為があると公正取引委員会が放送局に是正を勧告し、局名を公表する。総務省も、
放送局に対して契約に関する調査を行う方針だ。

(おわり)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み16掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。