★阿修羅♪ > 昼休み16 > 311.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【朝日、かんぽ「公共性に配慮必要」第三者委員会委員長】(第三者委員会のメンバーにハゲタカの息がかかっていないか問題です)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak16/msg/311.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 2 月 25 日 22:41:50: 4sIKljvd9SgGs
 

http://www.asahi.com/politics/update/0225/TKY200902250291.html
かんぽ売却「公共性に配慮必要」第三者委の川端委員長
2009年2月25日21時26分
印刷
ソーシャルブックマーク
 「かんぽの宿」の売却問題をきっかけに設立された日本郵政の「不動産売却等に関する第三者検討委員会」の会合が25日、東京都内で開かれた。終了後、川端和治委員長(元日弁連副会長)が会見し、かんぽの宿売却は「経済的収益性だけを考えて、自由に(売買を)判断できるものではないという配慮が必要だった」と述べた。

 この日は実質的な討議を開始。民営化の枠組みやグループ全体で2兆6852億円(帳簿価格)に達する保有不動産の説明を受けた。

 川端委員長は、かんぽの宿の売却経緯について「まだ詳細が分からない」としたうえで、「(経営陣は)経済的に有利な処分方法を考えて進めたが、この問題には公共性の側面もある」と指摘。「かんぽの宿の資産は日本郵政に引き継がれ、国がその株式を持っている。自由に(売買を)判断できる条件ではないという配慮が必要だった」と語った。

 今後は1カ月に2、3度の割合で会合を重ね、数カ月後に不動産売却の基準を作る。日本郵政の収益性や業務効率を重視しつつ、公共性とのバランスを図ったルール整備を進める考えを示した。委員長は「売却に当たっての基準や重視すべき事柄を示し、具体的にどう売るかは経営判断だ。そこまで決めるわけにはいかない」と語った。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み16掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。