★阿修羅♪ > 昼休み19 > 631.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【造山運動】(自公官が大政奉還を拒んでも、樵頭の小沢氏を痴漢に仕立てても、歴史の造山運動に抗う事は不可能です)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak19/msg/631.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 5 月 05 日 21:01:22: 4sIKljvd9SgGs
 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A0%E5%B1%B1%E9%81%8B%E5%8B%95
造山運動
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

造山運動の痕跡が残る地層帯造山運動(ぞうざんうんどう、orogeny)とは、大山脈や弧状列島を形成するような地殻変動のこと。

かつては、山脈を構成する地質の特徴から地向斜が何らかの力により隆起に転じて山脈を形成したと考えられてきた。隆起させる力としては、欧米では地球の自転や地球の冷却・収縮による水平圧力であるなどとされ、日本では珪長質火成活動によって形成された花崗岩質マグマによる浮力であると説明された。前者の考えでは必ずしも全ての地向斜が造山運動を起こすわけではないが、後者では地向斜は必然的に造山運動を伴うことになり、これを特に地向斜造山論と呼ぶ。

プレートテクトニクス理論が登場してからはプレート運動による山脈・列島の成因が論じられるようになり、大陸プレート同士の衝突・隆起による山脈の形成、海洋プレートの沈み込みに伴う火成活動による島弧の形成、ホットスポットの活動による海山列の形成などが考えられている。

ただし、プレートテクトニクス理論登場以降は造山運動という言葉自体が学界ではほとんど使われなくなっており(一般にはしばしば見かけられる)、本用語は、ほぼ地向斜の隆起による山脈形成の意に限定される。従って、以下では地向斜造山論による造山運動について記述する。

目次 [非表示]
1 過程
1.1 第一段階(堆積期)
1.2 第二段階(造山期)
1.3 第三段階(侵食期)
2 造山運動の識別
3 関連項目
4 参考文献


[編集] 過程
地向斜造山論では、造山運動の過程には次のようなサイクルが存在するとされる。このサイクルを造山輪廻と言う。


[編集] 第一段階(堆積期)
地表表面の大規模に沈降が起こっている地帯(=地向斜)は、ほとんどが海底に存在しているが、陸地から浸食されて運ばれてきた砂や泥等の堆積物が厚く堆積する。向斜は堆積物の重みで沈降し、最終的には10,000mを超える程の地層が出来る。


[編集] 第二段階(造山期)
こうして深い海の堆積物と浅い海の堆積物が複雑に重なり、地向斜の一部に褶曲山脈が形成され始めると、圧縮力により周辺の地向斜に複雑な断層や堆積運動が起こる(フリッシュ)。さらにこの圧縮力により地下深くの溶けた岩石がマグマとなって貫入し、花崗岩類が生じる。その後運動の進展とともに、隆起による高い褶曲山脈が出現する。


[編集] 第三段階(侵食期)
隆起運動が収まってくると、以後は風雨による浸食作用によって次第に低くなり、ついには準平原となる。


[編集] 造山運動の識別
古生代以後約6億年前以降、全世界的に以下の造山運動期があったとされる。

カレドニア造山運動…6〜4億年前
バリスカン造山運動…4〜2億年前
アルプス造山運動…それ以後現在まで
この3つの造山運動に識別されている。現在見られる大山脈の全ては、アルプス造山運動によって出来たものであるとされる。


[編集] 関連項目
造山帯
地向斜
プレートテクトニクス
プルームテクトニクス

[編集] 参考文献
泊 次郎 著 『プレートテクトニクスの拒絶と受容 戦後日本の地球科学史』 東京大学出版会、2008年、ISBN 978-4-13-060307-2。

表・話・編・歴プレートテクトニクス

理論 大陸移動説 - アイソスタシー - マントル対流説 - 海洋底拡大説 - プルームテクトニクス

地球の内部構造 地殻 - マントル(上部マントル・下部マントル) - コア(外核・内核) // リソスフェア(プレート) - アセノスフェア - メソスフェア

プレート境界 発散型 : 海嶺 // 収束型 : 沈み込み帯(海溝 - トラフ) // トランスフォーム型 : トランスフォーム断層

地殻変動 地震 - すべり - 褶曲 - 断層 - 地溝 - 地塁 - 断裂帯 - 構造線 - 付加体 - 造山運動 - マグマ - 火山 - 噴火 - ホットスポット


プレート

ユーラシア アムール - 揚子江 - 沖縄 - スンダ - ビルマ - モルッカ海 - バンダ海 - ティモール - アナトリア - エーゲ海

フィリピン海 マリアナ

太平洋 カロライナ - 北ビスマルク - 南ビスマルク - マヌス - フツナ - バルモーラル暗礁 - コンウェイ暗礁 - ニューヘブリデス

北アメリカ オホーツク - ベーリング

カリブ パナマ

ココス ファンデフカ - リベラ

南アメリカ スコシア - サンドウィッチ - シェトランド - アルティプラーノ - 北アンデス

ナスカ ガラパゴス - イースター - ファン・フェルナンデス

南極 -

アフリカ ソマリア

アラビア -

インド・オーストラリア インド - オーストラリア - ケルマデック - トンガ - ニウアフォ - バーズヘッド - モルッカ海 - ウッドラーク - ソロモン海



トピックス

超大陸 ヌーナ - ローレンシア - コロンビア - パノティア - ロディニア - パンゲア - ゴンドワナ - ローラシア - ユーラメリカ - アフロ・ユーラシア - アメリカ - アメイジア - パンゲア・ウルティマ

古海洋 パンサラッサ - テチス海 - イアペトゥス海

古期地殻変動 カレドニア造山帯 - ヘルシニア造山帯 - ウラル造山帯 - 中央アジア造山帯 - タスマン造山帯 - アパラチア造山帯 - インド大陸 - 洪水玄武岩

主要なプレート境界 発散型 : 大西洋中央海嶺 - 南東インド洋海嶺 - インド洋中央海嶺 - 南西インド洋海嶺 - 太平洋南極海嶺 - 東太平洋海嶺 - 大地溝帯…その他 // 収束型 : ペルー・チリ海溝 - 中央アメリカ海溝 - カスケード沈み込み帯 - アリューシャン海溝 - 千島・カムチャッカ海溝 - 日本海溝 - 伊豆・小笠原海溝 - マリアナ海溝 - 琉球海溝 - フィリピン海溝 - トンガ海溝 - ケルマデック海溝 - ジャワ海溝 - プエルトリコ海溝…その他 // 環太平洋造山帯 - アルプス・ヒマラヤ造山帯


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A0%E5%B1%B1%E9%81%8B%E5%8B%95" より作成
カテゴリ: 地球科学
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み19掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。