★阿修羅♪ > 昼休み22 > 300.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【朝日、献金先はほとんどが自民党、テレビ局も】(検察は小沢氏を変質且つ偏執的に捜査する暇があるなら自公議員を捜査すべき)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak22/msg/300.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 6 月 14 日 15:42:56: 4sIKljvd9SgGs
 

http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000906130004
リサーチ岡山/あの企業、どこに献金?
2009年06月13日

 小沢一郎・前民主党代表の公設秘書逮捕をきっかけに注目を集め、次期衆院選の争点に浮上しつつある「企業・団体献金」。みなさんは勤務先や取引先の会社がどんな政党へ献金しているかご存じですか? 地元国会議員らが代表を務める政党支部の政治資金収支報告をもとに、身近な会社の気になる献金先をのぞいてみました。(宮武努)


 訪れたのは県庁の県選挙管理委員会事務局。ここでは、県内の政治団体が毎年提出する政治資金収支報告書を要約した県公報を閲覧できる。


 政治資金規正法は、株式会社、医療法人、社会福祉法人などの団体(政治団体は除く)が政治家個人や後援会に献金することを禁じる一方、政党、政党支部、政党が指定する政治資金団体への献金は認めている。このため、多くの政治家が自身が代表を務める政党支部を通じて企業献金を集めており、政党支部が政治家の「第2の財布」と呼ばれるゆえんだ。


 そこで、昨年8月に発行された07年分の県公報や総務省のホームページから、県内選挙区選出国会議員や次期衆院選立候補予定者が代表を務める14の政党支部をピックアップ。情報公開請求で得た各支部の収支報告書も参照し、企業などの献金(報告書上は「法人その他の団体からの寄付」)を調べた=表(1)。


 また、各党の政治資金団体の収支報告書にも目を通し、県内企業からの献金を拾った=表(2)。


■際立つ建設業界


 献金元の企業名が公開されるのは、年5万円を超える献金をした場合。やはり、まず目に付くのは公共工事にかかわる建設業界だ。


 土木・建築・電気・管工事などを含めた県発注工事の「入札参加有資格者名簿」(08年12月版)に載る県内外の約3千社のうち、70社以上が政党支部や政治資金団体の献金元として登場していた。


 献金先はほとんどが自民党。例えば、地元大手のアイサワ工業(岡山市)が逢沢氏側へ600万円、片山氏側へ27万円、党の政治資金団体「国民政治協会」へ84万円▽荒木組(同)が加藤氏側へ12万円、片山氏側へ336万円、党県連へ30万円▽中国建設工業(同)が片山氏側へ300万円。


 県議、市議らが代表を務める同党支部へ地元建設業者が献金する例も多くみられた。


■有力企業もしっかり


 岡山の「顔」とも言える有力企業はどうか。


 通信教育事業を全国で手がけるベネッセコーポレーションは、国民政治協会へ200万円を献金。


 百貨店・スーパーを展開する天満屋グループは天満屋、天満屋岡山店、天満屋ストアを合わせて、逢沢氏側へ36万円、萩原氏側へ24万円、村田氏側へ12万円、片山氏側へ60万円、国民政治協会へ38万円。


 バス・電車・旅客船事業や不動産業などを手がける両備グループは、両備ホールディングス(旧両備バス)が萩原氏側と村田氏側へ各12万円、片山氏側へ96万円。岡山電気軌道が国民政治協会へ24万円を献金していた。


■報道を担うテレビ局も


 献金元の中には、選挙報道を担うテレビ局や学校法人、金融機関などもあった。


 岡山放送(OHK)は片山氏側へ5万円。同社は「記録が残っている03年から07年まで毎年行っていたが、08年にやめた。政治的意図は全くなかった」と説明している。


 一方、岡山理科大や倉敷芸術科学大を運営する学校法人加計学園は逢沢氏側へ100万円を献金していた。


 金融機関では、中国銀行が逢沢氏側と村田氏側へ各12万円、片山氏側へ24万円。トマト銀行は村田氏側と片山氏側へ各12万円。おかやま信用金庫は片山氏側へ12万円、村田氏側へ6万円、国民政治協会へ13万円。業種を問わず、様々な企業が自民党の収入源になっているようだ。


 一方、民主党への献金の中では、大和自動車教習所(岡山市)から姫井氏側への100万円が目立った。


 高井氏、津村氏、柚木氏側は07年は企業献金ゼロ。ただ、衆院選があった05年の収支報告を見ると、津村氏側には若干の企業献金があった。


■自民、集金ダントツ


 次に、過去の県選管発表資料をもとに、05〜07年の3年間に各党の全県内支部が集めた企業などの献金を集計。党別の集金力を比べた。


 県内のあらゆる地域、様々な業界に100以上の支部を組織する自民党がダントツの首位。県選管の集計に含まれていない同党県衆議院比例区第1支部や、国民政治協会(いずれも総務省へ届け出)が県内企業から集めた献金を加えると、他党との差はさらに広がる。


 ちなみに、郵政民営化に反対して自民党を離れた平沼氏は、政党支部を持たないため企業献金を受けられないが、政治資金パーティーを通じて企業からも資金を集めている。同氏の資金管理団体「平沼会」の収支報告書によると、07年は都内や県内で計8回のパーティーや懇親会を開き、2億4589万円の収入があった。このうち企業による支払いが占める割合は不明だが、大口支払者には天満屋(計160万円)など県内外の企業が名を連ねている。


 県選管によると、県内政治団体の08年分の収支報告をまとめた県公報は、8、9月ごろ発行の見通しだという。  


 〈注〉記事中の「○○氏側へ」という表現は「○○氏が代表を務める政党支部へ」という意味です。表現の重複を避けるため省略しています。表(1)〜(2)はいずれも政治団体からの寄付を除外。金額は1万円未満切り捨て。


 ■表(1)■
地元国会議員や次期衆院選立候補予定者が代表を務める政党支部が07年に企業などから集めた献金((1)総額(2)主な献金元)
【自民】
▼県第1選挙区支部(逢沢一郎衆院議員)
(1)4665万円(2)ウエスコ11万円、アイサワ商事750万円、岡山ガスエネルギー12万円、ナカウン24万円、服部興業50万円、オージー技研50万円、西日本アチューマットクリーン60万円、大林組広島支店162万円、玉川マンション(神奈川県)480万円、岡山県貨物運送24万円、更井豊商店60万円、廣栄堂12万円、サンマルクホールディングス20万円、東洋八興24万円、ナカシマプロペラ12万円、トンボ12万円、天満屋36万円、建美装社24万円、ミサワホーム中国12万円、太陽建設58万円、五洋工業24万円、アイサワ工業600万円、カイタック12万円、サンヨープレジャー12万円、(有)大成商事100万円、海成100万円、岡山駅前第一ビル12万円、中国銀行12万円、加計学園100万円、岡山四国共和50万円、Lee24万円、旭電業12万円、アイサワリフォームサービス(東京都)660万円など
▼県第2選挙区支部(萩原誠司衆院議員)
(1)302万円(2)日本技研建設12万円、岡山ガステクノサービス12万円、オージー技研12万円、ナカシマプロペラ12万円、両備ホールディングス12万円、天満屋岡山店12万円、天満屋ストア12万円など
▼県第3選挙区支部(阿部俊子衆院議員)
(1)15万円(2)真庭環境衛生管理10万円など
▼県第4選挙区支部(橋本岳衆院議員)
(1)366万円(2)一力興業45万円、芝岡24万円、ビナンエンジニアリング(千葉県)100万円、BTS24万円など
▼県第5選挙区支部(加藤勝信衆院議員)
(1)1735万円(2)京岡(東京都)100万円、医療法人慶真会100万円、荒木組12万円、千田組36万円、永燃30万円、ワイテック(東京都)100万円、オハヨー乳業12万円、ナカシマプロペラ8万円、岡山ガスエネルギー8万円、ミドリ安全(東京都)76万円、目黒建設24万円、下電開発12万円、下電タクシー12万円、金子組24万円、中国興業24万円、岡山トヨタ自動車36万円、吉備システム36万円、三洋コンピュータ12万円、三洋ホールディングス12万円、下津井電鉄12万円、母里建設44万円など
▼県衆議院比例区第1支部(村田吉隆衆院議員)
(1)1120万円(2)医療法人清和会笠岡第一病院150万円、田村耳鼻咽喉科医院60万円、財団法人淳風会24万円、おかやま信用金庫6万円、トマト銀行12万円、旭電業12万円、岡山県貨物運送12万円、岡山ガステクノサービス12万円、青江造園土木24万円、大森工務店(倉敷市)60万円、中国銀行12万円、天満屋12万円、大同塗装30万円、中央建設(倉敷市)12万円、冨士ベークライト36万円、妹尾機械工業30万円、両備ホールディングス12万円など
▼県参議院選挙区第2支部(片山虎之助参議院議員=当時)
(1)4213万円(2)アイサワ工業27万円、大森工務店(倉敷市)60万円、ソート50万円、中国建設工業300万円、アス12万円、荒木組336万円、オージー技研36万円、岡山ガスエネルギー24万円、岡山放送5万円、おかやま信用金庫12万円、奥村建設24万円、小倉組24万円、カーツ12万円、カイタック36万円、サンヨープレジャー12万円、下津井電鉄36万円、中央建設(倉敷市)36万円、天満屋60万円、システムズナカシマ62万円、トマト銀行12万円、フジワラテクノアート24万円、双葉電機200万円、吉田組中国支店12万円、両備バス96万円、岡山プラザホテル300万円、川本50万円、社会福祉法人旭川荘12万円、中国銀行24万円、カバヤ食品12万円、廣栄堂12万円、片山組(東京都)160万円、ぎょうせい(東京都)50万円、倉敷建設業協会120万円、医療法人全仁会100万円、大王製紙(東京都)100万円、朝日出版社(東京都)200万円、オハヨー乳業50万円など
【民主】
▼県第1区総支部(高井崇志氏)(1)0円(2)―
▼県第2区総支部(津村啓介衆院議員)(1)0円(2)―
▼県第4区総支部(柚木道義衆院議員)(1)0円(2)―
▼県第5区総支部(花咲宏基氏)
(1)75万円(2)アイマネージ(東京都)72万円など
▼県参議院選挙区第1総支部(江田五月参院議員)
(1)10万円(2)大和10万円
▼県参議院選挙区第2総支部(姫井由美子参院議員)
(1)125万円(2)大和自動車教習所100万円、下電造園土木10万円など
【国民新】
▼県支部(熊代昭彦氏=現在は無所属)(1)0円(2)―
………………………………………………………………………………
データは県公報や総務省HPなどに基づく。支部名の後のかっこ内は代表者名。主な献金元は知名度、公共性、献金額などを考慮して抜粋。衆院選立候補予定者のうち東毅氏(共産)、赤松和隆氏(国民新)、平沼赳夫衆院議員(無所属)は07年時点で政党支部の代表を務めていない。


 ■表(2)■
政党の政治資金団体が07年に県内企業から集めた主な献金
▼国民政治協会(自民)
アイサワ工業84万円、アステア50万円、井笠鉄道18万円、大本組36万円、岡山県貨物運送12万円、県タクシー協会30万円、岡山国際ホテル18万円、おかやま信用金庫13万円、岡山電気軌道24万円、岡山トヨタ自動車12万円、岡山プラザホテル18万円、小倉組12万円、カイタック30万円、天満屋38万円、ナカシマプロペラ12万円、蜂谷工業44万円、ベネッセコーポレーション200万円、元浜組18万円など
………………………………………………………………………………
民主、公明、国民新の政治資金団体の07年の報告書には、5万円を超える献金をした県内企業はなかった。共産、社民は政治資金団体を指定していない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み22掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。