★阿修羅♪ > 昼休み27 > 303.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【dpj、内藤国際局副局長、米国政策研究機関と意見交換】(民主は、身勝手な要求をスマートにいなす術を身に付けるべきです)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/303.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 9 月 02 日 20:31:32: 4sIKljvd9SgGs
 

http://www.dpj.or.jp/news/?num=16952
2009/09/02
内藤国際局副局長、米国政策研究機関「ウッドロー・ウィルソン・インターナショナル・センター」一行と意見交換



 内藤正光国際局副局長は2日、参議院議員会館にて、米国政策研究機関であるウッドロー・ウィルソン・インターナショナル・センターのジョン・アーリントン主任顧問一行を迎え、意見交換した。岩國哲人国際局長が同席した。

 内藤国際局副局長は歓迎の意を表するとともに、今回の選挙で政権交代を実現したのは、これまでの自民党政権による官僚主導の政治への国民の不満と、政権交代への期待の高まりが結果に繋がったこと、参議院では2年前の選挙で既に政権交代を果たしていることを説明した。

 米国政策研究機関側からは、民主党が米国と対等の立場を主張していることについて説明を求められ、岩國国際局長は、自民党によるこれまでの米国との関係について、全て「イエス」であったことを指摘し、イラクへの自衛隊派遣やインド洋での給油活動を例に挙げ、「ノー」と言うべきときは主張することが同盟国として大切なことであるとの認識に民主党は立っていると述べた。また、武器や燃料による支援、自衛隊の派遣よりも人道支援が最も重要だと語り、活発な意見交換を行った。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み27掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。