★阿修羅♪ > 昼休み27 > 746.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【読売、貯金・簡保に全国一律サービス義務化】(これからは郵便局が地方主権の大事な担い手となります)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/746.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 9 月 12 日 20:38:52: 4sIKljvd9SgGs
 

--------------------------------------------------------------------------------

【政治】 貯金・簡保に全国一律サービス義務化 民主党、郵政民営化の抜本見直し 撤退すれば年金の引き出しが出来なくなることを問題視
1 :ビーフ・・・・・φ ★:2009/09/09(水) 06:18:12 ID:???0

★貯金・簡保に全国一律サービス義務化…郵政見直し

 民主党は郵政民営化の抜本見直しで、日本郵政グループのゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の
金融2社に全国一律サービス(ユニバーサルサービス)を義務付ける方針を固めた。

 連立政権樹立へ向けて協議を進めている社民党、国民新党と共に具体的な見直し作業に入る。
地方での金融サービスの維持と、金融2社からの手数料収入に依存する郵便局の経営を
将来的にも安定させる狙いだ。

 3党は次期臨時国会で、持ち株会社の日本郵政と金融2社の株式売却を凍結する法律を成立させる予定だ。
今年度中にも、郵政民営化関連法の一部改正や、見直し新法の提出などを検討しており、
金融2社への全国一律サービス義務付けを盛り込む。

 現行の郵政民営化関連法では、郵便局会社と郵便事業会社の2社に、
全国の郵便局ネットワーク維持と、郵便の全国一律サービスが義務付けられている。
一方、金融2社については、2017年9月末までの移行期間中に全株式を売却することが
決まっており、国の関与を少なくするため全国一律サービスは義務付けられていない。

 ただ、民営化前から引き続き、現在も全国で営業している
2万4204局(7月末現在)すべての郵便局で金融サービスを取り扱っている。
民主党などは、金融2社が経営判断によって不採算地域から撤退すれば、
地域の住民が貯金や年金の引き出しなどの金融サービスが受けられなくなることを問題視していた。
金融2社への全国一律サービスの義務付けは、こうした懸念を払拭できるものの、
金融サービス維持のコスト負担が経営効率化の足かせとなる可能性もある。

讀賣新聞 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090830-592896/news/20090908-OYT1T00608.htm


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み27掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。