★阿修羅♪ > 昼休み27 > 823.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【時事、高速道無料化でCO2が3割増=国交省試算】(官僚が出鱈目の試算を出しても、天下りゼロの流れを止めるのは無理です)
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/823.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 9 月 15 日 11:15:52: 4sIKljvd9SgGs
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090914-00000193-jij-pol
高速道無料化でCO2が3割増=自動車6割増で鉄道離れ−国交省試算
9月15日2時32分配信 時事通信

 民主党がマニフェスト(政権公約)に掲げた高速道路の無料化を実施した場合、鉄道など他の公共交通機関に与える影響などを推計した国土交通省の試算が14日、明らかになった。高速道路の無料化で自動車の利用者数が全体的に増え、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量も3割超増加する。一方、鉄道の利用者は10.6%減、航空は4.2%減となり、高速道路無料化の影響を強く懸念する鉄道会社などの主張を裏付ける内容となっている。
 同省は、民主党中心の新政権発足を控え、高速道路無料化実施に向けた課題として影響を試算、新国交相などに説明する方針だ。
 試算は、いずれの交通手段を利用する場合でも、200キロ以上の長距離移動の場合の影響のみを集計。自動車の利用者数は現在より年間57.5%増え、その結果、自動車・鉄道・航空のCO2排出量は33%増加するという。ただ、高速道路の無料化で一般道の渋滞が緩和される結果、逆にCO2が減ると指摘される効果については反映してない。
 民主党は「温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減する」ことも公約している。今後、高速道路無料化との整合性のほか、同省の試算方法なども議論になりそうだ。 

【関連ニュース】
・ 【動画】アクアライン探検隊、出動!
・ 〔用語解説〕「高速道路無料化」
・ 民主公約、10年度成長率押し上げ=子ども手当で個人消費アップ
・ 重要課題、首脳級で討議=核から温暖化まで目白押し
・ 「脱原発」は現実対応=社民・阿部氏 最終更新:9月15日3時22分

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み27掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。