★阿修羅♪ > 昼休み28 > 318.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【時事、不況は終結へ、新興国がけん引】(パックスハゲタカーナが終了し、パックスチャイナ、パックスインディアーナの時代です
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak28/msg/318.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2009 年 10 月 01 日 18:25:59: 4sIKljvd9SgGs
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091001-00000101-jij-int
海外
海外総合
中国
韓国
世界経済、10年に3%成長=不況は終結へ、新興国がけん引−IMF見通し
10月1日15時41分配信 時事通信

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は1日、世界経済見通し(WEO)を公表し、2010年の世界全体の成長率が3.1%のプラス成長に回復するとの予測を明らかにした。今年7月の前回予想からは0.6ポイントの上方修正となる。09年についてもマイナス1.1%と前回予想から改善。世界を揺るがせた昨秋の「リーマン・ショック」から1年余りを経て、IMFは「世界同時不況は終わりつつある」と宣言した。
 日本の成長率は09年がマイナス5.4%と前回予想を0.6ポイント上方修正する一方、10年はプラス1.7%で据え置いた。危機の震源地である米国は09年のマイナス2.7%から10年は1.5%、ユーロ圏はマイナス4.2%から0.3%と、いずれもプラス成長に回復。ただ、失業率の上昇を背景に先進国の経済成長は「2010年を通じて緩慢なものとなる」とした。
 先進国とは対照的に、新興・途上国の成長率は09年に1.7%、10年に5.1%と急速に加速する。特に中国は8.5%、9.0%と2ケタ成長をうかがうまでに回復する見込みで、IMFはインドを含めたアジア新興国にけん引されて「世界経済は再び拡大に向かっているようだ」との認識を示した。景気の急速な回復見通しを踏まえ、これらの国では「先進国よりも早期に金融緩和策の解除を始めるのが適当になるかもしれない」とし、非常時の財政・金融政策からの「出口戦略」の本格検討を促した。 

【関連ニュース】
・ 金融機関損失、307兆円に縮小=危機後初改善
・ アジア危機の教訓、生かされた=新興国への対応で-IMF
・ 新興国の権限拡大=IMF・世銀の改革で合意
・ 米国民の8割「まだ不況」=当局の認識とずれ
・ 物価指標、資産バブルに無力=中銀は判断手段の拡充を-IMF報告 最終更新:10月1日15時47分

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。