★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 157.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
追悼・速水優氏 気骨の人、「強い円」を信奉(東洋経済オンライン)
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/157.html
投稿者 そのまんま西 日時 2009 年 5 月 27 日 01:06:09: sypgvaaYz82Hc
 

追悼・速水優氏 気骨の人、「強い円」を信奉(東洋経済オンライン)
- 09/05/26 | 19:00 

速水優氏は自他ともに認める「強い円」の信奉者だった。日銀入行は1947年10月。円の対ドル固定相場、1ドル=360円が誕生する半年前のことである。

 外国局次長、同局長と国際畑を歴任した局面で、国際通貨システムは固定相場制から変動相場制へ地滑り的に移行。円の価値が日々刻々と変化する中、速水氏は「円の価値」の安定、向上に尽力する。円相場は1ドル360円から170円まで上昇したが、速水氏が信じて疑わなかったように日本経済は発展し続けた。

 98年3月、一度は去った日銀に総裁として戻ったのは、不祥事で正副総裁が引責辞任という日銀史上、最大級と言える危機の渦中。金融危機の真っただ中でもあった。

 日銀を取り巻く環境の厳しさは容易に想像できた。それでも73歳直前という高齢を押してまで激職に就く決意をする。

そのときの心境について、敬虔なクリスチャンである速水氏が、母校である旧制府立第六中学校 ( 現、都立新宿高校 )時代の知人たちに語った言葉は

「Vocation」。神から与えられた使命、だった。

 99年に世界でも例のない「ゼロ金利政策」を導入したが、翌年8月には政治の猛烈な反対を押し切る形でゼロ金利を解除。その直前、速水氏は国会答弁の場で、ゼロ金利解除に対する強い意欲を、用意されていた想定問答を離れた突出発言で示した。

 この姿を目の当たりにした当時の蔵相、故・宮澤喜一氏は、速水氏がゼロ金利解除に不退転の決意であることを確信。金融政策決定会合において反対意志の表明手段として唯一、政府に与えられている議決延期請求権を初めて行使した。しかしそれを退けてゼロ金利解除を断行。人知れず、速水氏は信念の人と呼ばれるようになった。

 1年後、この政策は挫折。が、速水氏の気骨は残った。そして今、金融危機によって世界中でゼロ金利政策が選択されかけている中、「金利がないということはおかしい」という速水氏が信念を持って訴えた原理原則が再び問われている。

 円高局面のたびに日本中に湧き上がる恐怖心理を、「大した円高ではない」と一蹴したオールドスタイルのセントラルバンカーが逝去したのは5月16日午前4時。その頃、ニューヨークでは円相場が1ドル95円50銭で強含んでいた。


http://www.toyokeizai.net/money/markett2/detail/AC/b2a64185d57ae06af5190b606ad55a87/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報8掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。