★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 193.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
年金比率、日本は2番目の低さ 退職後に落差、OECD調査(中日新聞)
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/193.html
投稿者 そのまんま西 日時 2009 年 6 月 23 日 23:16:11: sypgvaaYz82Hc
 

年金比率、日本は2番目の低さ 退職後に落差、OECD調査(中日新聞)
2009年6月23日 18時52分

 【パリ23日共同】経済協力開発機構(OECD)は23日、加盟30カ国の年金制度に関する報告書を発表した。それによると、日本は退職前の現役時所得に占める公的年金の受給額の比率が下から2番目の低さで、現役時代と退職後の「落差」が浮き彫りになった。

 また、65歳以上の人口のうち、貧困基準(所得分布の中央値の2分の1未満)で暮らす人々の割合が22%と、OECD平均の13・3%を上回った。

 この結果、日本の高齢者はほかの加盟国よりも定年後の就労収入に対する依存度が高く、高齢者世帯の総収入に占める割合が44%に達した。OECD平均は20%。

 現役時所得に占める公的年金の割合を加盟国間で比べると、日本は平均賃金の所得層の場合で33・9%と英国(30・8%)に次いで低かった。平均賃金の半分の低所得者層でみても、47%とドイツに次いで低く、OECD平均(72%)を大きく下回った。

 日本は同一人物の現役時代の所得と公的年金の受給額を比べるのではなく、現役世代の収入と退職者の公的年金の受給額を比較している。このため、厚生労働省年金局はOECDとは比較のベースが異なると指摘。

 その上で、日本は無職の人まで含めたOECD加盟国でも例のない「皆年金制度」のため「一定以上の収入がある人々を加入対象とする国と比べ、順位が低くなりがちだ」としている。


http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009062301000757.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報8掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。