★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 204.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
海上保安庁は、平成20年度に沖縄本島北西沖に位置する海底熱水鉱床海域を発見
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/204.html
投稿者 matuoka yuuji 日時 2009 年 7 月 02 日 03:32:23: noT716RWWrvIk
 

未来社会を切り開く海洋資源探査ニュース

1 概要
海上保安庁は、4隻の測量船「昭洋」「拓洋」「明洋」「海洋」に搭載されている最新の測量機器を用いて、沖縄本島北西沖の海底熱水鉱床の徴候が確認されている「伊平屋いへや小海嶺」「伊是名いぜな海かい穴けつ」を含む海域において詳細な海底地形調査を行い、新たに海底熱水鉱床の可能性が高い地形を発見しました。
海底熱水鉱床は、地下深部に浸透した海水がマグマ等の熱により熱せられ、海底に噴出される
過程で、熱水中の金、銀、銅、鉛、亜鉛等の重金属が沈殿したもので、金属鉱物資源の新たな供給源として期待されています。
今回の調査の結果、伊平屋海丘群海域には、「伊平屋小海嶺」・「伊是名海穴」のみならず、海底熱水鉱床の存在が期待される特徴的なカルデラ地形が存在することが明らかになりました。今回の海底地形データを基礎情報として、新たな海底熱水鉱床が発見され、海底鉱物資源開発が促進されることが期待されます。海上保安庁では、我が国の海洋権益の保全に資するため、今後とも海底地形等の調査を推進するとともに、関係省庁とのデータの共有に努めてまいります。
2 調査及び成果
(ア)調査期間
平成20 年7 月〜平成21 年3 月
(イ)調査海域
沖縄本島の北西沖約100km の海域
(ウ)調査内容
海底地形調査
(エ)成果概要
別紙参照
海上保安庁は、平成20年度に沖縄本島北西沖に位置する海底熱水鉱床海域を最新の測量
機器を用いて調査し、海底熱水鉱床の可能性が高い地形を発見しました。今回の調査成果が、
今後の海底鉱物資源開発の一助となることを期待します。
問い合わせ先
海上保安庁海洋情報部
海洋調査課 課長補佐 冨山 新一
技術・国際課海洋研究室 研究官 及川 光弘
電話 03-3541-3815 (内線621)

以下参照

   http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAIYO/tairiku/EEZ.pdf

沖縄  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報8掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。