★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK59 > 822.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
内閣官房副長官・漆間巌の正体と役割を読み解く
http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/822.html
投稿者 鳥の目と虫の目 日時 2009 年 3 月 07 日 17:05:18: C.KjJ27t0yxbg
 

(回答先: 西松献金事件 捜査介入政府高官は漆間氏のやっぱり (九州企業特報) 投稿者 鳥の目と虫の目 日時 2009 年 3 月 07 日 17:01:34)

山崎行太郎の政治ブログ
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20090307/1236357683

2009-03-07

■内閣官房副長官・漆間巌の正体と役割を読み解く

「自民党には捜査は及びません。」と東京地検特捜部の捜査の進展状況を某「政府高官」氏が、自信を持って断言したために、「小沢民主党党首秘書逮捕事件」の風向きが逆転してしまったのではないかと思わせるほどの激震が永田町周辺を駆け巡っているわけだが、その「失言」をしてしまった「政府高官」氏とは、言うまでもなく内閣官房副長官・漆間巌であるらしいが、漆間巌という人物の正体は、意外に知られていないのではなかろうか。内閣官房副長官とは、かつては田中内閣の後藤田正晴や、小泉内閣の石原信雄、古川貞二郎各氏等が勤めた、官邸と官僚を結びつける官僚事務方のトップという重要な役職だが、麻生内閣の内閣官房副長官・漆間巌氏の存在は、東京地検特捜部が、派手なラクダのコートを靡かせるという、きわめて田舎芝居がかったイデタチで開始した今回の「大捜査線」に対する「失言」でクローズアップされるまで、ほとんど注目されることはなかったと言っていい。しかし、今回の「小沢民主党党首秘書逮捕事件」を解く鍵を握っているキーパーソンの一人が、つまりこの事件の物語の筋書きを書いた作者の一人が、どうやら、ここへ来て、この麻生内閣の内閣官房副長官・漆間巌氏であるらしいことが明らかになってきた。東シナ海の不審船問題の処理等で、当時、警察庁警備局長だった漆間巌に最初に注目し、密かに接触した上で、意気投合した政治家が安倍晋三元首相(当時官房副長官)である。北朝鮮、朝鮮総連関係に詳しい漆間巌は、以後、安倍晋三元首相の権力を後ろ盾に出世していくわけだが、安倍政権時代は警察庁長官を勤め、安倍晋三元首相と親しい麻生政権になって、「内閣官房副長官」に抜擢されたというわけだ。では、麻生政権における漆間巌の役割は何か。それは、彼が警察官僚出身であり、警察や検察に強い影響力を持つ元警察庁長官であるということと切り離せない。元来は、「内閣官房副長官」としての漆間巌氏の役割は、官僚の天下りや渡り等をめぐる公務員制度改革にあるはずなのだが、彼は公務員制度改革には不熱心で、たとえばテレビにまで出演して吼えまくる人事院総裁の反撃を押さえ、説得する立場のはずだが、逆に漆間巌は、むしろ公務員制度改革を妨害する存在らしい。では、麻生首相は、何故、漆間巌を切らないのか。それは、おそらく、麻生首相が、漆間巌氏に期待する役割が別にあがるからだろう。その役割こそ、警察や検察と組んで、何かを試みることだ。それが、今回、最後の詰めに失敗したとはいえ、めでたく実現したというわけだが、はたしてどうなのだろうか。僕の独断と偏見に基づいて、すばり、断言するならば、今回の「小沢民主党党首秘書逮捕事件」を企画立案し、麻生首相の了解の下に、東京地検特捜部を動かし、密かに指揮したのは「漆間巌」である。漆間巌氏が、「自民党には捜査は及びません。」と言ったとすれば、それはあまりにも正直に、自ら仕組んだ「国策捜査」の実体を暴露したものと言うべきだろう。というわけで、「漆間巌」を麻生首相に紹介し、推薦したのは安倍晋三元首相であることは間違いないが、さすがに安倍晋三元首相と言えども、東京地検特捜部を使った「国策捜査」によって政敵をつぶし、政権を維持するなどというような「悪の政治学」に手を染めるようなことまではしなかったが、おそらく「かんぽの宿疑惑」をめぐって「麻生降ろし」を画策する小泉元首相一派と、瀬戸際で「手打ち」した瞬間に、麻生首相もまた、小泉政権時代の「悪の政治学」の誘惑に呑み込まれたのだろう。麻生首相が、歴史に名を残すとすれば、おそらく小泉純一郎元首相と同様に、どのようなダーティな政治家でさえも、さすがにその一線だけは踏み越えなかったところの、いわゆる「国策捜査による政敵潰し」という「悪の政治学」に手を汚した政治家としてだろう。能力も人望もない卑小な政治家が国家のトップに立つと、いつでもこういうことになるということを、われわれ国民は知るべきである。麻生官邸には、他にも「警察官僚上がり」の怪しい人物が何人かいるらしいが、いつのまにか日本と言う国は、戦前の「治安維持法・国家」をも上回るような、言い換えればヒットラーやスターリンもびっくりするような、恐るべき「警察国家」「検察国家」「謀略国家」になってしまったものである。東京地検特捜部などという「国家の暴力装置」に依存しなければ、政権の維持もできなければ、また、たとえば内閣支持率が最底辺まで下落したような場合に、自らの判断で潔く「身を退く」ことも出来ないような、そういう卑小な政治家と、「正義」を勘違いして、つまり敵と味方を取り違えて、国民を敵視し、弾圧する「警察・検察という暴力装置」軍団を、われわれ国民の手で追放し、解体すべきだろう。


■参考。

ムネオ日記 http://www.muneo.gr.jp/html/diary200903.html

国会傍聴記ブログ  http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/a4b49c927aed5a22c0e19db289b86b53

内閣官房副長官・漆間巌/麻生官邸hp http://www.kantei.go.jp/jp/asodaijin/080924/21uruma.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK59掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。