★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK60 > 445.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【低額給付金ごときで政府に自分の口座を教えるな!】 同姓同名・生年月日も同じ別女性の預金差し押さえ 大阪市ミス
http://www.asyura2.com/09/senkyo60/msg/445.html
投稿者 passenger 日時 2009 年 3 月 19 日 10:40:23: eZ/Nw96TErl1Y
 

【低額給付金ごときで政府に自分の口座を教えるな!】同姓同名・生年月日も同じ別女性の預金差し押さえ 大阪市ミス

 


低額給付金は、基本的には国民各個(全世帯の世帯主)に銀行口座を
申告させて、そこに振り込む方式がとられる。

つまり低額給付金制度というのは、端金で国民全世帯の銀行口座データを
国家が入手する企みだということだ。

さらにいえば、麻生政権は「高速道路1000円で走り放題」という
インチキ宣伝を行ない、大多数の自動車ユーザにETC使用を
強制普及させている。 甘い罠に引っかかったバカ国民どもは
競ってETC購入に飛びついている有様だ。

この騒動も別の視点からみれば、政府が、国民各個の自動車の
移動状況を、少なくとも高速道路網をつうじて逐一把握する
企みであると言える。

麻生政権、自公カルトのファシスト政権が国民に投げ与えた甘い罠は、
国民を物理的・経済的に監視する精緻なインフラ作りに他ならない。


そして、このインフラが完成すれば、下記のニュース報道のように
乱用されて、国民が犠牲になるのである。

賢明な諸君は、低額給付金ごときのために政府に自分の口座データを
絶対提供しちゃいけない!

インチキな「高速道路の使用料金値下げ」宣伝に乗せられて、
ETCなど取り付けて、自分の移動データを政府に差し出すような
奴隷のような真似をしてはいけない! 

本来、高速道路は、もはやタダで利用できるはずじゃなかったのか?!

政府の詐欺にだまされるな!


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090318/lcl0903182332011-n1.htm

同姓同名・生年月日も同じ別女性の預金差し押さえ 大阪市ミス

     2009.3.18 23:31

 大阪市梅田市税事務所(北区)は18日、20代の市税滞納者の女性の銀行預金と思いこみ、同姓同名で生年月日も同じ別の女性の預金11万4100円を差し押さえるミスがあったと発表した。2人とも同じ銀行支店に普通預金口座があり、担当者が同姓同名の女性を滞納者と思いこみ、住所を十分確認せず処理をしたという。市は女性に謝罪。改めて滞納女性に支払いを請求する。市は「まさか誕生日まで同じとは思わなかった」と話している。

 市は2月20日に同姓同名の別の女性の銀行口座を差し押さえ、滞納女性の住所に、「差押調書」と「配当計算書」を送付したが、全く反応もなく、差し押さえは“成功”したとみていた。

 ところが、今月16日、誤って差し押さえられた女性から市に苦情があった。市は差し押さえの際、女性の通帳の住所が、滞納女性の住所と違うことは把握していたが、「かつて住んでいた住所だろう」と思っていた。苦情を受け、実際に滞納女性の転居履歴を調べたところ転居の事実はなく、ようやく別人と判明したという。

 市はこの女性に謝罪したものの、誤って差し押さえた金はすでに市に入金されてしまったため、返金手続きに手間取り、まだ、返却できていないという。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
 
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK60掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。