★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK62 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「共感チェック」が諸悪の根源だと思う。
http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/250.html
投稿者 児童小説 日時 2009 年 4 月 25 日 20:30:45: nh40l4DMIETCQ
 

(回答先: SMAP草g逮捕:「お酒飲んでたからしょうがないとか可哀想扱いする人いるけど、その感覚が分からない」=グラビア女性が指摘 投稿者 月読 日時 2009 年 4 月 25 日 18:38:28)

カルデロン一家報道もそうでしたが、

関連記事:

マスコミの「同情」報道が最悪でしたな。
http://www.asyura2.com/09/senkyo61/msg/830.html

まーー 日本人の特徴かもしれませんが、
報道も 報道を見た人も 毎度のコトながら 感情論によりすぎる。

草なぎとかカルデロンとか林ますみとか、そーゆー「ネタ」が出てくると、
多くの人はその対象に対して「自分が共感(同情)できるかどうか」をチェックしてる気がする。

たとえば今、書いてるこの文章だって、読詠んでいるあなたは「自分が共感できる箇所」を探しているのではないか。

そうした「共感チェック」も第一次的にはあっていいだろう。

しかし、民主主義とは「共感チェック」は性質が異なるものだ。

それがわかってない人が多い。

選挙を思い出して欲しい。
選挙で議員に投票するとき、誰に投票すればいいのか?
「自分が共感する人」だろうか?
それは少し違う!
「市民としての自分を幸せにしてくれる人」である。

市民とは何か。civil society(市民社会)という概念がある。
「市民が良くなることは市が良くなることだ。市が良くなることは県が良くなることだ。県が良くなることは日本国が良くなることだ。日本国が良くなることは世界が良くなることだ」ということだ。
選挙はそれらの領域をチェックすることだ。国政なら日本国。知事選なら、県域。市議会選挙なら、市だけが対象となる領域だ。それらが相互関係にある。

市民というと日本では左翼的なイメージがあるが、そのイメージは関係ない。ただの無理解である。(右翼も当然、市民である)

このため、選挙は「自分が共感するか否か」というよりも「市民社会を幸せにしてくれるかどうか」が重要視される。極端にいえば、自分が共感しない人でも構わないのだ。市や県を良くしてくれた結果、間接的に相互関係の宇で、自分が幸せになれるようになるのであれば。

詳しくは、ヨーロッパの地方自治か何かの本を参照されたし。

そしてこれらの、「市民としての自分が幸せになれる相互関係を作る」というのは、選挙だけじゃない。恋愛や結婚だってそうだし、国際紛争の解決方法もそうだろう。

恋愛がわかりやすい。

「相手に共感できるかできないか」でつきあうと、必ずといっていいほど、いやなところを発見してしまい、もしくは発見されてしまい、気づいたら別れてる。(笑)

そうした近代的な相互関係の常識を踏まえると、
「共感チェック」なるものは、どこまで必要かは疑わしい。

もし「共感チェック」至上主義の傾向が、若い人に限定されるものだとしたら、
年長者は、経験が多いぶん、共感ではない部分でも何かあるよね、とある程度は理解できるのだろう。

では、草なぎ事件やカルデロン事件で「共感チェック」ではない、何が必要なのか。
もはや簡単だろう。
「公正な法執行がなされてるか、どうか」である。
草なぎは良い奴か悪い奴か、とかカルデロンには共感できるとかできないとか。そんなの関係ない。

厄介なことに、法律や何らかのルールよりも感情論のほうが「上位概念」であるのが日本だ。勘弁して欲しいね。

まず、「共感チェック」はやめよう。賛成派も反対派も。無意味だ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。