★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK62 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
雨上がりの夜空に旅だった「忌野清志郎さんの死」(保坂展人のどこどこ日記)
http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/553.html
投稿者 ダイナモ 日時 2009 年 5 月 04 日 14:46:32: mY9T/8MdR98ug
 

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/14185ef8f9494622f2d36196a8aa873c

忌野清志郎さんが、亡くなった。
58歳。ガンと闘病中だったことは知っていたが、まさか、こんなにという「早すぎる訃報」だった。道を歩いている時や何を始めるぜという時に、ぼくの耳の後ろに響いていたのは「雨あがりの夜空に」だったり、「ディ・ドリーム・リバー」だった。カラオケで歌ったのも数限りない。その激しくも明るい情感をポップに開花させる清志郎の歌は、お茶目ないだずらっ子に戻ったかのような元気をくれた。

最後にみたステージは、苗場で行なわれた05年夏のフジロックだった。7月30日、1時間40分にわたってライブを堪能した。清志郎は、ステージ狭しとジャンプし、歌い、叫んでいた。あの時のこんな、セリフが頭に残っている。

「俺は36年もロックンロールをやっているんだ。ベトナム戦争の頃から戦争に反対してきた。でも戦争はずっと続いていて終わらない。21世紀になっても、終わる兆しが見えないじゃないか」

 森の中に清志郎の声が響く。前からこうして歌ってきた。そして、今も変わらず歌っている。でも、ふりむけば、あの時代をつくった仲間たちの姿が見えない。そして、今、
清志郎のライブに酔いしれるのは、ベトナム反戦や学生運動世代の子どもたちだ。

「愛しあってるかーい」と清志郎。まさに「ラブ&ピース」の世界だ。

 ぼくは、20代の頃に野外ライブの制作・企画をたて続けにやっていた。喜納昌吉さんのと親しくなって、全国ツアーをやったのがきっかけだが、自主的なコンサート制作グループを組織して、毎年のようにお祭りをやってきた。「雨上がりの夜空に」がヒットした1980年頃は、こうした活動が日常のすべてだった。仲間たちで集まると清志郎を歌った。

 いつも時代を走ってきた清志郎が、先に逝ってしまうとは、なんとも寂しい。憲法9条を捨てて、戦争を始めたい世襲議員が支配する「毒牙の城=アンシャンレジーム」に攻め込む、ぼくらの解放歌(テーマソング)は、RCであり、ザ・タイマーズであり、清志郎だと心に決めて、今日も動き始めよう。

ご冥福を祈ります。

※今日(5月4日)は、J-WAVE「JAM THE WORLD」のカッティングエッジのコーナーで、「裁判員制度」をテーマに生出演する。スタジオ入りは、午後7時45分なので放送はその後の8時20分ぐらいからになる模様だ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。