★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK62 > 746.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東京外環道=国交省OB・ゼネコンの自作自演/技術開発も選定も 国交省OBとゼネコンが推進(笠井あきらWebサイト)
http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/746.html
投稿者 gataro 日時 2009 年 5 月 09 日 19:27:54: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.kasai-akira.jp/news/090509-105228.html

【09.05.08】東京外環道=国交省OB・ゼネコンの自作自演
技術開発も選定も 国交省OBとゼネコンが推進

衆院予算委員で笠井議員追及


 「経済危機対策」として補正予算案に盛り込まれた東京外かく環状道路(外環道)の整備事業に大手ゼネコン役員が多数参加する財団法人が深くかかわっている構図が、八日の衆院予算委員会での日本共産党の笠井亮議員の質問によって明らかになりました。大型公共事業復活の背景に国土交通省と大手ゼネコンの癒着があることを告発した笠井氏は、「ゼネコンによるゼネコンのための事業ではないか」と追及しました。
政府は四月十日に発表した「経済危機対策」で、「国幹会議(国土開発幹線自動車道建設会議)の議を経て外環道等を整備計画に位置付け」と明記。同二十七日の国幹会議は、東京外環道(資料@/http://www.kasai-akira.jp/bt/updata/bt_20090509121656.pdf)
など四区間計七十一キロの整備計画への格上げを決定しました。(資料@/http://www.kasai-akira.jp/bt/updata/bt_20090509111831.pdf
 概算事業費総額一兆五千百九十億円のうち、外環道は一兆二千八百二十億円の計画です。
 笠井氏が取り上げたのは、「先端建設技術センター」の実態。同センターは国交省の専門委員会として外環道のトンネルの実現性を検討してきた「大深度トンネル技術検討委員会(資料A/http://www.kasai-akira.jp/bt/updata/bt_20090509111907.pdf)の資料作成などを受託しています。
 笠井氏が示した「技術センター」の役員・評議員名簿には、国交省のOBや大手ゼネコン、新日鉄、川崎重工などの現職役員などがずらりと名を連ねていました。(資料B/http://www.kasai-akira.jp/bt/updata/bt_20090509110304.pdf
 笠井氏は、「外環道の施工業者選定の判断基準となる技術開発を、選定する側の国交省の天下りOBと、選定される側のゼネコンが一体で進めている。こんなことが許されるか」と迫りました。
 麻生太郎首相は、「その点だけを見ると今の意見もわからんではない」と認めざるをえませんでした。しかし麻生氏は「(外環道は)税金を投入してもやるに値する事業だ」とあくまで推進する姿勢に固執しました。
 笠井氏は、「外環道のように、構想以来四十年以上なくても困っていないものより、国民のために今、ないと大変なものこそ優先すべきだ」と強調。廃止された生活保護の母子加算の復活などを求めました。(しんぶん赤旗/2009年5月9日より)
◆ハイライト(PDF/http://www.kasai-akira.jp/bt/updata/bt_20090509110511.pdf
外環道新規整備計画
 東京・練馬―世田谷間16キロを結ぶ地下40メートルの深さに直径16メートルのトンネルをつくる計画。概算事業費総額は1兆2820億円。


(*原サイトには同一PDFファイルが二度用いられていたので片方を削除しておいた)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK62掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。