★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK64 > 422.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
次期衆議院選「東京12区」に民主党から八代英太氏が出馬するかも
http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/422.html
投稿者 明日のジョー 日時 2009 年 5 月 31 日 15:25:30: 2mRCBALq2vKFs
 

ひょんなことで八代英太氏のブログを覗いて見たら、其れらしいニュアンスをコピペします。
選挙を目前に気がムズムズするらしい・・・頑張って下さいね!


国の省庁は小さい方がいい。これからは地方に行政権を移して、国は外交と防衛と財務ぐらいでいいのではないか。いずれにしても、選挙前のパフォーマンスで混乱させることは許し難い。
新たな政権が、しっかり国の理念を掲げて、官僚政治から脱皮するきっかけとして、今の霞が関省庁改革をやったらいいと思う。
また各役所では、副大臣を何人も置いているのだから、舛添大臣も出しゃばらず、忙しいふりをせず、仕事を分割することが先決と思うが・・・・
      「お遊びの 増減役所の 愚かしく」
http://eita12.exblog.jp/10328269/

暑い8月の熱い戦い。いずれにしても、もう総選挙は秒読みに入ったことだけは間違いない。
私も、ソロソロ・・・なんて気ばかりが燃え始めている。
    「熱き日の 汗と涙が 入り混じる」
http://eita12.exblog.jp/10264543/

黒白と言えば、大関日馬富士が、黒星なくて、白星街道を走っている。新生民主党も、日馬富士を見習って、「真っ向う勝負!」で頑張って欲しい。
http://eita12.exblog.jp/10241862/

私の東京第12選挙区は、やはり小沢さんがやるのか?彼の記者会見を見ながら、小沢氏の政治生命を賭けたラスト戦いのステージが、この12選挙区になる可能性が出てきたように思えてならない。
http://eita12.exblog.jp/10222346/

ところで、民主党の小沢党首が、この選挙区で戦ってくれると期待したが、どうもダメらしい。
この東京第12選挙区は、誰が戦い、どう選挙を盛り上げてくれるのか見えてこない。
どうする?どうしよう!困ったことだ。
http://eita12.exblog.jp/10118551/

北海道の芽室町、石川ともひろ君の講演会で講演。新党大地のサポーターとして・・・
http://eita12.exblog.jp/9944770/

警察上りの官房副長官が「自民党には捜査は及ばない・・云々」などと、20人も同席の記者会見で述べていたなど、不穏な背景が垣間見える。
http://eita12.exblog.jp/9828912/

政治資金の中身のもっとも詳しい人の小沢代表。しかも衆議院解散が取りざたされているこの時節に、野党第一党の党首をターゲットにしての検察の動き。変だ・・・
http://eita12.exblog.jp/9768304/

東京ホテルニューオータニで「鈴木宗男を叱咤激励する会」が開かれて、1200人の宗男フアンと一緒に、今の政治をどう変えるべきかの宗男節に、会場は盛り上がっていた。
http://eita12.exblog.jp/10001422/

前回、第44回衆議院議員選挙の結果である。小泉インチキ解散で民主党が大打撃を喫した選挙結果でもある。
民主党と八代氏信者を合わせれば、太田を落とせますぞ!
109636 太田 昭宏 公明党(自民推薦)
 73943 藤田 幸久 民主党
 44279 八代 英太 無所属
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK64掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。