★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK64 > 831.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田中角栄的なるもののすべてを跡形もなく破壊する!!(つむじ風)
http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/831.html
投稿者 忍 日時 2009 年 6 月 08 日 16:11:47: wSkXaMWcMRZGI
 

太田先生が逝去されて、
しばらく経った!!
『偲ぶ会』が執り行われるらしい!!

 残念ながら、出席は出来ないが、予て、転載したいと温めていた時事寸評の記事があった。重要な観点と感じていた遺稿である。この機に、偲ぶ意味で転載したい。

 時事寸評も日本新聞もデーヴィット・アイクさんのブログも、中断中である。大変寂しい思いがしている。きっと継いでくれる人士が現れることを願っている一人であるが、願うのみでしかない。

 斯く思う人々も少なくはないと思うので、一緒にエールを送りたい。

《平成21年06月04日17時30分

◯ 「太田龍さんを送る會」(偲ぶ會)の案内が出來ました。

  日時 平成二十一年六月二十三日火曜日
     開會 午後六時三〇分(受付六時十五分から)
     閉會 午後八時四十五分(豫定)
  場所 アルカディア市ヶ谷(旧私學館)

▼お申込み・問い合わせ先

gifファイル(41k)
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/pictures/0623annai.gif

pdfファイル(306k)
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/pictures/0623annai.pdf


【太田先生遺稿転載】

一九七二年日本独立に動いた田中角栄首相に対して、ユダヤフリーメーソンイルミナティ三百人委員会は、
田中角栄的なるもののすべてを跡形もなく破壊する第四次日本侵攻勢力を発動した。
これは今も継続中だ。

更新 平成21年03月14日23時54分
平成二十一年(二〇〇九年)三月十四日(土)
(第二千七百二十五回)

〇筆者(時事寸評)は、

〇ロッキード事件を「ユダヤ世界帝国の日本侵攻戦略」(日本文芸社、一九九二年、絶版)
 として出版した。

〇「ユダヤの日本侵略450年の秘密」(日本文芸社)によれば、

〇ユダヤ・フリーメーソンの日本侵攻戦略の第一波は、
 1549年、ザビエルの日本上陸である。

〇第二波は、1853年、1854年。ペリー艦隊の日本襲撃である。

〇第三波は、日露戦争終結直後の米艦隊の総力を挙げての日本襲撃である。

〇この時すでに米国政府と米国陸海軍は、日本全土の占領計画を明確に立てた。
 これが日本進行第三波である。

〇これは1945年に実現した。

〇ユダヤ・フリーメーソン日本侵攻の第四派は、

〇1972年、田中角栄政権の実現の時に始まった。

〇つまり、ユダヤフリーメーソンイルミナティ三百委員会は、田中首相の登場を、

〇日本の新しい独立への動き、と、見たわけである。

〇そこでユダヤフリーメーソンイルミナティ三百人委員会は、田中角栄的なものの
 すべてをことごとく跡形もなく抹殺する作戦を発動したのである。

〇現在小沢一郎民主党代表と、日本を、
 ユダヤフリーメーソンイルミナティ三百人委員会に売り渡そうとするすべての
 売国奴勢力が、

〇田中角栄的なものの最後の砦、

〇小沢民主党代表を粉砕すべく、

〇狂奔している。

〇それは、三月八日の「朝まで生テレビ」(朝日テレビ)、田原総一郎と田中真紀子が
 この番組で、発言した内容については、我々は十分には把握してはいないが、もちろん
 この問題に関連するであろう。

〇この件については引き続き調査したい。

つむじ風
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/06/post_9f58.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK64掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。