★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK66 > 1138.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
闇の声、その前日に書き込まれた東国原、都議選、政府の混乱と選挙後の予想(不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から105)
http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/1138.html
投稿者 南青山 日時 2009 年 7 月 10 日 13:44:07: ahR4ulk6JJ6HU
 

(回答先: 闇の声、都議選直前予想「最低35は有り得る」(2ちゃん政治板、不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から105) 投稿者 南青山 日時 2009 年 7 月 10 日 13:12:59)

★面白いので上に紹介した都議選予想の前日に書かれた「闇の声」も紹介したい。
東を勧誘した背景のリークもそれなりに興味深い(どこまで真実か保証の限りでないが)。
劣化政治家は何をやらせてもダメということだ。
政府中枢がばらばらという雰囲気も良く伝わってくる。
こんな感じでよく首相が務まるものだ。
ダメになるときは、すべてこんなようになるのだろう。
「闇の声」の政権交代後の予想は、多分に本人の願望も含まれている。
いずれにせよどこまでこの予想が当たるのか、楽しみではある。
個人的には、国民の溜まりに溜まったマグマの圧力は「闇の声」の予想をはるかに超えていると思うのだが。

341 名前: 闇の声 Mail: 投稿日: 2009/07/08(水) 17:01:11 ID: nwtHIQ74

今回ほどくだらない選挙はないね
まず、東国原の話だが・・・
震源地は安倍で間違いないだろうと言う
さらに、安倍に東国原を薦めたのは安倍のかかあだ
安倍のかかあは、東国原の昔のかかあと繋がりがある
もっとも、頭の出来は女優の方が遥かに優っていて、芸能ネタに弱い安倍の
かかあを旨い事誑し込んで東国原を高く売りつけた
面白いのは、あの夫婦は離婚していても今でも連絡は取り合っている
お互い利用しあう関係は残っているんだ
東国原がとんでもなく高い買い物だと安倍は判る訳がない・・・それを
自慢たらたら麻生に話をして、麻生はそれを古賀に言った
菅に勝手に掻き回されて嫌気の差している古賀はそれならどこまでも道化師を
装ってやるわとのそのそ宮崎まで行った
元々、宮崎は旧民社党の地盤で、旭化成の労組上がりの米沢が確か宮崎だったと
思ったが、その線で知事に自民党も宜しくとでも言いに行ったのかと思っていた・・・
しかし現実は、麻生に言われてぶち切れ状態の古賀が言われたままを言ったまでの話だ
東国原だって最初は本気で言った訳じゃないが、だんだん本気になってしまった
これは考えの浅さを意味する・・・おそらく、衆院選次第で辞める処まで追い込まれるかも知れない

古賀が切れた理由は幾つかあるが、安部と麻生で何でも決めてしまう事に対する
反発と、菅が自分を差し置いて何でも喋ってしまう・・・執行部四役気取りに対する怒りだ
菅は、自分がメディアを抑えてすっかり総裁気取りで、これが与謝野達の癇に障り
もはや党内はばらばらだ・・・樽の箍が外れると言う例えがあるがまさにその状態といえる
与謝野は、都議選の結果次第で今の執行部と完全に決別するか、選挙で落選した場合
政治家を引退する可能性まで出てきている
古賀も与謝野も、最近怒らなくなっている・・・古賀は特にそうだ
先が見えていると言う事だな


345 名前: 闇の声 Mail: 投稿日: 2009/07/08(水) 17:16:12 ID: nwtHIQ74

議席数だけれども、日に日に自民党の議席数は減ってきている
最初、都議選はぎりぎり過半数だろうと思っていたがどうもそうじゃない
もし、民主党がはっきり石原都政批判をすれば、かなりの浮動票が民主党に
移るだろう・・・つまり、石原は飽きられてきたと言う事だ
ただそこに勝負に行けないのが鳩山由紀夫の鳩山たる所以であり、所詮
勝負師としては二流の人物だ
我々は議会第一党になった場合銀行問題をまず解明すると言えば、石原は
足元が相当揺らいでしまうし、信濃町は慌てふためく
そうなると、民主党に擦り寄る局面も出てきて、自公路線の終焉につながる
可能性も出てくるだろう・・・もっとも、今の自民党にとってそれが
最善の策だと自分は思っているが・・・

ずばり言って、都議会議員選挙はまだぎりぎり過半数を維持してるかだが
この三日間でそれがどうなるか予断を許さない・・・
民主党の、政策の財源問題は相当民主党にとってマイナス要素で、思っている以上に
効いている・・・しかし、麻生がサミットの成果を能天気に言えばそれは
アンチ麻生に動いてしまうだろう
衆議院選挙で、自民党が固めた議席数はまだ130程度だ
60〜80が競っているが、このうち40は確実に民主に行くだろう
そうなると、数的に見てせいぜい160議席しか自民は取れない事になる
さらに問題なのは、このうち現執行部に批判的な数がだいたい50くらいになりそうだ
仮に与謝野が引退すると、政策集団的な集まりを模索していた議員20は宙に浮いてしまい
仕方なしに園田を担ぐのか・・・と言う事になる
枡添ー尾辻の参院ラインで党再建を目指すと言う事になれば、少なくともこの20名は
党に残るが、もしも清和会が強くなればこれは分裂になる
安倍ー中川ー菅と言うラインが有力だが、これは本当に最悪のラインだ


348 名前: 闇の声 Mail: 投稿日: 2009/07/08(水) 17:30:49 ID: nwtHIQ74

ただ、民主党が政権を握った場合乾杯なんかしてられない
諸兄に於かれては党内は右派ー中間派が握っていると言われる方が多いが
実際にはまだ左派は相当強い
政策毎の割り振りで何とかその対立を避けようとしているのが見えるが、問題は
左派が教育と福祉だけで満足するかと言う事であるし、それと横路の処遇をどうするかが
大きな問題となるだろう
輿石と横路を主要閣僚に据えれば、これは大混乱になりかねないし、たとえば
北朝鮮問題をめぐってあっと言う間に閣内不統一状態は十分考えられる
つまり、民主が相当左派寄りの政党である事がばれてしまうのは政権樹立後極めて
短い時間で十分だろうね
そうなった時に福祉の充実と言う大義名分で覆い隠してしまえるか・・・
かなり疑問だが・・・同時に、自民党には人材がいない
つまり、極めて短期間のうちに選挙になったとして、自民党は落選した議員をまた
戦わせなければならず、党にとっても本人達にとっても厳しいとしか言えない

そうなると・・・前から書いているけれども、中川秀直グループが重要閣僚を取り敢えず
一個貰う事で連立を組むかになってくる
自分はこれが一番ありえる線だと見ているし、そうなれば信濃町も加わって数的には
厚みを増してくる
自民党は崩壊状態となり、その分民主政権は内部摩擦を起こしつつし政権運営をする事になりそうだ


351 名前: 闇の声 Mail: 投稿日: 2009/07/08(水) 17:47:55 ID: nwtHIQ74

政権奪取後に、いきなり予算見直しを宣言する可能性もある
これは、パフォーマンスとして少なくともその声は上がるだろう
問題は完全な素人政権である民主党が、菅直人の言う様に官僚を排除して
全ての政策を党でやろうとすれば、それはもう混乱を招く結果に他ならない
ただ、民主にとって一つの救いは、大阪の橋下の存在だ
恐らく、地方分権に関して反石原/若手首長に同意の姿勢を示せば
橋下は民主に寄ってくるだろう・・・本来なら、あんなチンピラ弁護士
知事なんてなれっこなかったんだが、なってしまったんだから恐ろしいものだね
使うしかないんだな・・・民主党は・・・

橋下を厚遇すれば、今度は民主党内部に摩擦の火種が出来てくる
前原や野田と言った連中だけれども、地方政界から中央へとの若手政治家の
うねりみたいなものを作れれば中身がなくても少しは時間が稼げるよ
表向き、民主になって明るい政治が出来て結構だになるだろうが、その鍍金が
剥げるのは早いと見ている
特に消費税問題は避けて通れない・・・自民党の悪政の結果なので民主党に
責任はありませんと言える訳ではない
だから、民主党が政権を維持するためには、本当の財政状態を開示し、
その上で税制の抜本的改正をしますと宣言しなければならない
ところが・・・ここで菅直人の舌禍事件じゃないが行政音痴が顔を出す
つまり、自分たちで何でも出来ますと言った以上官僚に意地でもモノは
頼み難い・・・つまり、新政権のアキレス腱は菅直人と横路ら左派だと見ている  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK66掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。