★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK66 > 1200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
法華経を多少なりと勉強した人は、【火宅の赤子】の意味することを理解しているはずだ。欺瞞に覆われた現公明党政権のことだ。
http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/1200.html
投稿者 matuoka yuuji 日時 2009 年 7 月 11 日 09:33:06: noT716RWWrvIk
 

仏教の精髄である法華経の中で、説かれる比喩的な表現の例えの中で、【火宅にある赤子】を如何に救い出すかについての知恵が説かれている。

1.この法華経を多少成りとも、勉強した人は、この意味することを理解しているはずである。

2.ましてや、創価学会の研鑽に於いてもである。

3.しかしながら、現在の創価学会を主導する幹部およびそれに繋がる公明党を主導を形成する党幹部の人達は、この火宅の赤子の例えにあるように、自分の周りで、生じている危急的な火事場を自らの誤謬によって、引き起こして、多くの汗を流し、涙を隠し、懸命に生きようとする善良な国民達を逃れることが極めて困難その火事場(経済的な困難)に突き落としながら、その火事場から、真っ先に、逃げ出して、自らのその行為について、社会的な正義を遂行しているのだと、主張をして、偽善的な与党政権によるの権力支配を続けているのである。 まったく、偽善的な集団である。

4、この法華経の教えをも、まったく、無視した傲慢・不遜な存在になっているのである。

3.このような悪行による結果は、必ずや裁かれると法華経の大切な教えの中で、説かれている。

4.悪しき自民党と成り果てたその与党の権力支配に、日蓮大聖人が時の政権に対して、行った合理的批判ももたず、前面的に協力して、あくまでも、支援をする公明党の夜叉のような欺瞞的な本性を賢い国民は、見抜いているのである。

5.この偽善的な集団に、政治的政権を委ねざる得ない現在の日本は、まさに、法華経の比喩にある大火事のど真ん中に置かされているのである。

6.この大きな火事場を、国民は、早急に、消し止めるために、国民の総力をあげて、その火事を引き起こした不逞のやからを、政治の舞台から引きずりだして、公正な断罪をしなければならないのである。

7.まさに、批判されるべき現在の自民・公明党与党政権政治の実態である。

8.主権者である国民は、必ずこれを、真の法華経で説かれた正義によって、断罪するのである。

9.その因果を御覧ぜよ。その舞台の大展開する日は、その悪しき欺瞞的な公明党集団が、逃れようとしても、すぐそこに、断罪の場面の舞台が、目前に来ているのである。

10.一同お覚悟あれ。 

  
  元創価学会員より


  参考:私のブログ:http://matuoka1248.blogspot.com/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK66掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。