★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK67 > 1125.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
テレビ朝日が「(郵政民営化)反見直しキャンペーン」を行うのは、節度がなさすぎる/森田実
http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/1125.html
投稿者 仁王像 日時 2009 年 7 月 26 日 11:33:59: jdZgmZ21Prm8E
 

・森田実/2009.7.24(その1)
 《新・森田実政治日誌(87)》テレビ朝日は2005年郵政民営化選挙の過ちを繰り返してはならない。テレビ報道によって政治の方向を決めようとするのは報道機関としての節度を捨てることだ。テレビ報道の影響力を行使して特定の方向に引っ張ろうとするのはやめるべきだ。テレビ朝日は節度がなさすぎる。反省を求める
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C05536.HTML

 7月23日(木)夜のテレビ朝日「報道ステーション」は特集で郵政民営化問題を取り上げ、郵政民営化見直し論に疑問を呈し、郵政民営化推進派を応援するような報道を行った。事実上の選挙戦に入ったところで、報道機関が現政権に加担し、「郵政民営化か見直しか」という総選挙の最大の争点について世論を一方の方向へ誘導しようとすることは、報道機関の節度を越えるものである。

 テレビ朝日は4年前に小泉首相側に立って郵政民営化推進の大キャンペーンを行い、国民世論を誘導した前歴がある。テレビの巨大な影響力を特定の政治目的に使うのは誤りである。テレビ報道は公正中立でなければならない。そのときは他のテレビ局も同じ動きをしたため、テレビ朝日の突出はあまり目立たなかった。

 しかし、いま、テレビ朝日が「(郵政民営化)反見直しキャンペーン」を行うことは、テレビの過度の政治利用である。テレビは国民を一定の方向へ誘導するようなことをしてはならない。公平な立場を堅持すべきである。報道にあたる者は謙虚でなければならない。過ちを繰り返してはならない。テレビが政治の方向を決めようとするのはテレビ局の傲慢である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK67掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。