★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK67 > 121.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
共産党の敗北は真の敵を見誤ったこと、民主批判でなく独自路線を強調すべきだった
http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/121.html
投稿者 南青山 日時 2009 年 7 月 13 日 07:32:26: ahR4ulk6JJ6HU
 

今回の選挙は、民主大勝、公明善戦、自民・共産大敗北という結果になった。
自民の敗北は当たり前の結果だが、公明善戦の背景には、共産の敗北――選挙戦略の誤り――があったからと思う。
戦略の誤りとは、党の正当性、独自性を出すために、政策と関係ないところでの民主批判を前面に出したことだ。
結局、この路線は無党派層に支持されなかった。
たしかな野党ではなく、身内の足を引っ張り合う、不健全な野党と映ったのだ。
民主批判をする前に、自公批判を全面に押し出すべきだったし、党の独自性を主張すべきだった。
多くの有権者には、鳩山故人献金問題だけを執拗に攻撃し続けた(驚くべきことに、調子に乗って、選挙当日に田原の番組でそれをやっていた)自民党と同じに見えたのではないか。
独自の主張もない政党、政権批判をせず、野党批判をすることでしか存在を主張できない、存在意義のない政党、と。
突然、同じ野党を口角泡を飛ばして批判をはじめる、与党なのか野党なのかよくわからない政党、と。
ネットでの共産党ブーム、「蟹工船」のベストセラーといった話題は、結局、共産党への追い風にならなかった。
砂上の楼閣に過ぎなかったのだ。
共産党が選挙戦略の誤りで党勢を縮小するのはいっこうにかまわないが、問題なのは、本来減ずるべき公明の議員数が現状を維持してしまったことだ。
なぜ浮動票、現政権の批判票が共産党ではなく民主党に流れたのか、今回の選挙結果を見て、共産党は大いに反省してもらいたい。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK67掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。