★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK68 > 181.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「偽装新党CHANGE」創設とメディア支援に警戒(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/181.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2009 年 7 月 28 日 18:23:09: twUjz/PjYItws
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/change-9a35.html

2009年7月28日 (火)
「偽装新党CHANGE」創設とメディア支援に警戒


次期総選挙を通じての「政権交代」実現は、我が国の歴史上、初めての「市民革命」が成立することを意味する。


「官僚」、「大資本」、「外国資本」の利益を追求する政治を排除し、主権者である国民の幸福を追求する政府を樹立することが「政権交代」の意義である。


この歴史的大事業を成就させるために、政権交代実現を希求する野党勢力は結束して全力を注がなければならない。


「政官業外電の悪徳ペンタゴン=既得権益勢力」は本格的政権交代を阻止しようと死にもの狂いになっている。「悪徳ペンタゴン」は最後の瞬間まで利権死守を諦めないだろう。十分な警戒が必要である。


7月20日付記事


「各社世論調査と総選挙に向けての三大警戒事項」


に記述したように、政権交代を希求する勢力は以下の三点に警戒しなければならない。


@偽装新党CHANGE


A御用メディアの偏向報道と民主党攻撃


B政治謀略


の三点だ。


 「偽装新党CHANGE」については、昨年来、警戒を呼び掛けてきた。


 「偽造新党CHANGE」は以下の五つのグループにより編成されると考えられる。


@自民党内小泉一家


 小泉純一郎氏−中川秀直氏−武部勤氏−塩崎恭久氏−石原伸晃氏−小池百合子氏


A小泉チルドレン


B官僚OBグループ


 渡辺喜美氏−江田憲司氏−高橋洋一氏


C自民別働隊地方首長グループ


D民主党内市場原理主義者


 この5グループが結集して「偽装新党CHANGE」を結成するだろう。


いくつかのグループの合流は総選挙後になるだろう。


 このグループは


@地方分権


A霞が関改革


を唱える点で、民主党の二番煎じである。二番煎じなら民主党に合流すればよいのだが、その選択が示されない。なぜなら、このグループは「自民別働隊」であると考えられるからだ。


 民主党の政策と異なる点が二つある。


@市場原理主義を基礎にすえること


A対米隷属主義を基本に据えていること


だ。


 「偽装新党CHANGE」創設の狙いは、民主党に向かう投票を「偽装CHANGE新党」に振り向けることにあると考えられる。


 自民対民主の戦いにおいては、


自民プラス公明獲得票VS民主獲得票


が勝敗を決することになる。


 この問題については、


7月21日付記事


「衆議院解散と油断できない政権交代情勢」


に記述した。以下にその一部を引用する。


 2000年以後の総選挙における比例区得票率と獲得議席数を、自民+公明と民主で比較すると以下の通りになる。


2000年6月25日総選挙


得票率  議席
自民+公明 41% 264
民主    25% 127


2003年11月9日総選挙


得票率  議席
自民+公明 50% 271
民主    37% 177


2005年9月11日総選挙


得票率  議席
自民+公明 52% 327
民主    31% 113


これに対して、本年7月12日の都議選では、


得票率  議席
自民+公明 39%  61
民主    41%  54


であった。


 民主党に対する強い追い風が吹いているが、自民+公明票と民主票は拮抗している。野党が共闘体制を強め、社民、国民、共産支持者の多数が小選挙区で民主党候補者に投票すれば政権交代は実現するだろう。しかし、まったく油断はできない。風向きの変化で情勢はいつでも変化するからだ。


  「悪徳ペンタゴン」の狙いは、「偽装CHANGE新党」を立ち上げて、民主党に向かう投票を「偽装CHANGE新党」に吸収することにあると考えられる。


 重要な問題は、


@偽装新党CHANGE


A御用メディアの偏向報道と民主党攻撃


が結びついて展開されることである。


 テレビメディアを見て気付くことがある。


a.官僚礼賛番組の増加


b.官僚に関する特集企画の増加


c.自民別働隊地方首長の突出したテレビ番組への出演


 テレビドラマ「官僚たちの夏」などは、官僚に対するイメージを向上させるための番組である。現在の現実と程遠いドラマはいまの日本を考える材料にはならない。


 「偽装新党CHANGE」は「官僚OB」が軸になる。この新党を


C自民別働隊地方首長グループ


が絶賛して支持に回る。そして、


A小泉チルドレン


C自民別働隊地方首長グループ


D民主党内市場原理主義者


から総選挙候補者が実際に参加する。


 Aから山内康一氏、Cから中田宏氏、Dから浅尾慶一郎氏が参加するだろう。中田宏氏は総選挙に出馬しないと断言したので、中田氏が万が一、総選挙に出馬するなら中田氏は「嘘つき」ということになる。中田氏は民事訴訟をかかえているが、もし、中田氏が「嘘つき」ということになれば、訴訟での中田氏の主張の信憑性(しんぴょうせい)も揺らぐことになるだろう。


B官僚OBグループでは、江田憲司氏が軸になり、渡辺喜美氏が新党を代表するのだろう。


 御用メディアは「日本新党」が結成された当時のように「偽装新党CHANGE」を持ちあげるだろう。


 自民党内小泉一家は、総選挙後に「偽装CHANGE新党」と合流するだろう。


 しかし、「国民の幸福を追求する政府」樹立を目指す、政権交代を希求する国民は、決して騙されてはならない。


 理由は以下の三つだ。


@「偽装新党CHANGE」は、「悪徳ペンタゴン」が既得権益=利権構造を死守するため、本格的な政権交代実現を阻止するために樹立するものだと考えられること。


A「偽装新党CHANGE」の政策基本方針に「市場原理主義」と「対米隷属主義」が据えられると考えられること。


B過去の実績から判断して「偽装新党CHANGE」が「官僚利権根絶」を実現できるとは、到底考えられないこと。


である。


 「悪徳ペンタゴン」の一角を占める御用メディアは、8月30日の投票日まで、民主党を攻撃し続け、「偽装CHANGE新党」を支援するだろう。


 しかし、国民本位の政治体制確立を希求する国民は、決して「偽装CHANGE新党」に投票してはならない。偽装新党の「知られざる真実」を徹底的に有権者に伝えなければならない。


 これまで政治謀略を繰り返してきた「悪徳ペンタゴン勢力」は、今後も政治謀略を仕掛けてくるだろう。冷静に見れば、悪徳ペンタゴンの狙いは一目瞭然だが、御用メディア報道を鵜呑み(うのみ)にすると、判断を惑わされる。私の発言が封じられることを極めて遺憾に思うが、有権者には確固たる信念を持って、本格政権交代実現の方向に向かって行動してもらいたい。


 山内康一氏離党、浅尾慶一郎氏離党・立候補表明、中田宏氏辞任、などきな臭い動きが加速している。


 また、御用メディアと橋下徹氏などによる民主党マニフェスト批判も加速している。自民党はマニフェストを発表もせずに、他党のマニフェストを批判する資格を持たない。


 主権者である国民は、御用メディアを含む「悪徳ペンタゴン」が総力をあげて政権交代阻止に向けて活動している事実を正確に洞察し、確実に「政権交代」に向けて駒を進め、日本の歴史上初めての「市民革命」を実現しなければならない。

人気ブログランキングへ


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK68掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。