★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK68 > 572.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田母神が幸福実現党の意見広告に登場!大川きよう子(前代表)と対談!「真正保守」で一致したらしいw(爆笑) 画像あり。
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/572.html
投稿者 稀代の天才白魔女さん 日時 2009 年 8 月 02 日 22:49:11: u31fCu3ZM.QfQ
 

産経新聞に田母神氏との対談が掲載 - 幸福実現党 山本あつし応援ブログ

今日(8月2日)の産経新聞に、
田母神俊雄(前航空幕僚長)と大川きょう子(幸福実現党宣伝局長)の対談が掲載されています。
2面を使った意見広告です。

http://blog.goo.ne.jp/hps777/e/5ee2692ef736b0255df25e7d44cf55c7
↑上記画像はここから。

以下、保守ブログの反応↓

さるさる日記 - クライン孝子の日記

田母神後援会会員
奥中 正之氏より

<<各位

本日8月2日付産経新聞を読んでいて
思わず「おやぁ〜」と思うことがあった。
それは「幸福実現党」の意見広告である。

広告の内容は;
「激論・日本の選択(上)」と題して、
田母神俊雄前航空幕僚長と大川きよう子幸福実現党
宣伝局長との対談形式となっている。

おや!と思ったのは、田母神氏は「幸福の科学グールプ」
の信者か、少なくとも「幸福の科学グールプ」の教えに
共鳴し、その布教や「幸福実現党」の政治活動に協力すると
いうスタンスなのだろうか?
という率直な疑問であった。

民主主義国・日本において、各人の信仰の自由と政治信条
の自由は大切な価値観であり、これを否定する気は毛頭ない。
また「幸福の科学グールプ」の布教活動に関しても、
また「幸福実現党」の政治活動ついても詳しい予備知識を持ち合わ
せていないので、その布教活動や政治活動について批判する
立場にはない。
従って田母神俊雄氏の後援会の会員として、私の率直な意見を
以下に述べたい。

先ず、政治と宗教との関係についての私の理念を申し上げると;
宗教が政治権力を壟断してこの世の地獄をもたらした中世の
暗黒の歴史に教訓を得て、宗教家が政治に口出しすることに
は疑問を持っている。

「幸福実現党」の総裁大川氏は「幸福の科学グールプ」の総裁でも
あり、「幸福実現党」と「幸福の科学グールプ」は一心同体と言える
のではないか。
前述したように大川氏が宗教家と政治家とも兼ねるのは自由だし、
その活動に関して是々非々を決めるのは国民である。
■2009/08/02 (日) 喜ぶのは誰であるか?どこの国であるか?(2)

しかし私の理念に基づけば、宗教と政治とが一体となっている
この組織にわが尊敬する田母神氏が直接関わっているとなると
田母神氏が主張される歴史観や国防論については賛成ではあるが、
田母神氏を今まで通り信頼して良いものか?
私個人としてつい考え込んでしまうのである。

宗教と政治は分離する方が望ましいという原則は人類進歩の
智恵の一つであり、わが尊敬する田母神俊雄前航空幕僚長が
特定宗教の信者であるとかまたは特定宗教と一心同体の
政党の活動に関わって居られることを知れば、
私同様、田母神氏とは一線を画すべしと考えられる保守系の
人たちは結構居られるのではなかろうか。

繰り返すが、田母神氏がどのような宗教を信じようが、また
如何なる政党を支持されようが、それは田母神氏のご自由で
あり、何人といえど、それ批判し介入することは許されない。
しかし田母神氏が「幸福の科学グールプ」の信者か若しくは
「幸福実現党」の協力者だとすれば、私は田母神氏とは袂を
分かつしかないということである。

私の知る限りでは、私と同様の考え方を取られる方々が結構居
られる。

さて次には、安定した職を自己の信念を貫くために捨て、真正保守
の星と信望を集めた田母神氏に対する信頼と協力が失われることに
よるマイナス点を挙げたい。

田母神氏の主義主張に共鳴し協力していた人々の多くが田母神氏から
去り行く危険性がある。
また中間層の中から田母神氏のお考えに共感して保守人として目覚める
人たちの発生を邪魔だてすることとなる。
以上の二点は保守勢力にとってマイナスである。

田母神氏の主義主張は日本を真の独立国に再生するために必要な
考え方であるが、その主義主張に反対の勢力にとっては、
田母神氏にケチをつける絶好の機会となる。
これは日本国にとって大きなマイナスである。

また反日勢力は、真正保守と田母神氏との意見や姿勢の違いを
大いに活用して保守勢力分断に動くことも危惧される。

以上縷々述べた問題点を総括して言えば、迷走日本を立て直し、
真の独立主権国とするための活動にとりマイナスである。

それを喜ぶのは誰であるか?どこの国であるのか?
心ある人々には自明のことである>>」。
■2009/08/02 (日) いずれにしても背後関係を調べる必要あり

河野氏より

<<本日の産経新聞紙上の前面広告に2ページにわたり、幸福実現党
が「激論・日本の選択」のタイトルで意見広告を載せており、
田茂神前空幕長と党の広報部長(大川総裁夫人)の対談という形を
取っています。 

同じカルト政党である公明党とは、イデオロギーが180度異なる
「右派」の様であり、安全保障政策の主張だけをみる限り、保守派の
支持を取り込めそうな気がしないでもありませんが、「大統領制」を
掲げるなど、皇室とは距離を置く政策を掲げている点をみると、
違和感を禁じ得ません。 

問題なのは、いまなぜ田母神氏を担ぎ出したのかという点と、
この集団の背後関係です。 
私には、保守派の票を分裂させ、自民党を敗北に追い込もう
と画策する勢力の動きの一つに見えなくもないのですが
如何なものでしょうか?

いずれにしても背後関係を調べる必要がありそうです。 
1点問題があるとすれば、
田母神氏が対談の最後で、この党を支持しているかの様に取られ
かねない点です。 
純粋に安全保障政策についての趣旨に賛同されたのかもしれ
ませんが、慎重に対応いただく必要があると思います>>

今一つ
関西人の永田町ほえまくり氏より
( 注;原文の表現が関西弁でえぐいので書き換えた)

<<不思議で奇怪な政党です。この幸福実現党!

今朝の産経新聞みて下さい。
田母神将軍と大川隆法氏の奥方の大川きょう子氏との
対談が全面で2ページでている。

なんと読んだら大川氏の主張ですが、
全く真正保守の議論と変わらない。

夫は東大法学部卒奥方は東大文学部卒。
この女史オーラがある。

田母神将軍と同様戦闘的保守で何から何まで納得できる
論議に驚きました!

宗教集団の論調なので、敬遠してきたが、
一体この団体や政党はなんなのか!
本物なのだろうか!

これほどはっきり物事をいうのは素晴らしいし
表面的には正論である。
ひょっとして田母神将軍、ここから出馬するのだろうか?

これこそが日本の再生の真の良い意味での
ファッシズムたるムソリーニ党になるのではなかろうか。
夫妻とも東大の頭脳だから、そこらのインチキ集団や
ネズミ講とは違う!

これが本物の保守なら、爆発的に
リベラルやらサヨクやら似非保守を叩き出す起爆剤になるのでは?

断っておくが、小生、これ、あくまでも実体をしらずに
活字から解釈したものであることだ>>

http://www2.diary.ne.jp/user/119209/#1249217179  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK68掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。