★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK68 > 631.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「取り調べ可視化」で自民、民主対立【裁判開始を機に議論が活発になる可能性もある】(中日新聞)
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/631.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2009 年 8 月 04 日 09:44:05: twUjz/PjYItws
 

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2009080490070106.html

「取り調べ可視化」で自民、民主対立 
2009年8月4日 08時59分

 東京地裁で3日に始まった全国初の裁判員裁判。制度を創設する裁判員法は2004年、自民、民主両党など全会一致に近い賛成多数で成立しており、次期衆院選で裁判員制度が主要な争点になる気配はない。ただ「取り調べ過程の可視化」をめぐる両党の姿勢には違いがあり、裁判開始を機に議論が活発になる可能性もある。

◆民主 全取り調べを

 民主党は衆院選マニフェストに「可視化」を明記。最新の政策集には、裁判員が公正に判断できるよう、取り調べの「全過程を録音、録画」すると記している。

 同党は、この時期の制度開始を容認しているが、鳩山由紀夫代表は5月の法施行時に「残念ながら可視化ができていない。もっと慎重にやるべきだった」と、延期が望ましいとの見解を表明していた。

 政策集には可視化に加え、重い病気や妊娠中に限られる厳格な辞退理由の弾力化、現行上限1万円の日当引き上げなど、国民の負担を軽減する具体策も掲載。協調関係にある社民党もマニフェストで可視化を主張しており、民主党中心の政権が誕生すれば、制度見直しの動きが加速することも予想される。

◆自民 根強い慎重論

 一方、自民党内では可視化への慎重論が強く、マニフェストにも裁判員制度に関する記載は一切ない。

 河村建夫官房長官は3日の記者会見で運用面で柔軟に対応する必要性を指摘。裁判員の評議での自由な意見表明の担保や、守秘義務が負担にならない仕組みづくりを挙げた。

(東京新聞)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK68掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。