★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK68 > 636.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
植草一秀さんの健闘を祈る(反戦な家づくり)
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/636.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2009 年 8 月 04 日 12:28:58: twUjz/PjYItws
 

(回答先: 副島隆彦:植草一秀氏が収監されました。彼の無事を祈り、一刻も早く生還し、言論活動を再開することを私たちは強く希望します。 投稿者 クマのプーさん 日時 2009 年 8 月 04 日 09:08:36)

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-750.html

植草一秀さんの健闘を祈る


本日より、植草一秀さんが獄中の戦いに入られた。

「無血市民革命」成就に向け全力を投入しよう

という、総選挙に向けた基調講演とも言える論考を残していただいたので、しっかりと読み、獄中にある植草さんとともに政権交代の日を迎えたい。

※この記事は、おそらく弁護士さんが声明をアップする際に間違って消してしまったようだ

日刊スポーツが、マスコミにしては比較的冷静な経緯を書いている。

植草一秀受刑者「手鏡」から収監まで
2009年8月3日 日刊スポーツ

りそな銀行国有化という巨額インサイダー疑惑を追及したために、2004年、2006年と2回にわたり痴漢冤罪で逮捕されたことは、すでに多くの国民が知るところとなった。
その追究されていた張本人である竹中平蔵こそが、直接的にか間接的にかは別にして、植草さんの口封じをおこなっている下手人である。

あまりにも悪いことをしすぎて、ということは、すでに稼ぐだけ稼いだので、さっさと議員なんて辞めちゃってトンズラしよう、と思った竹中平蔵は、口を封じたはずの植草さんがしぶとく言論活動を続けているのが怖くて仕方なかった。
議員を辞めたら不逮捕特権もないし、検察や警察にも顔が利かなくなる。それなら今のうちだ。

こうして2006年9月13日、植草さんは被害者がいるのかいないのかすら分からない痴漢冤罪で逮捕される。
竹中平蔵が議員を放り出す、実に2日前のことだ。

そして、日刊スポーツにあるように、裁判所の保釈決定を検察が2回も取り消させている。
条例違反で、なんと4ヶ月も拘置所に勾留したのである。
この無理矢理の長期拘留にこそ、逮捕の悪意に満ちた意図が透けて見える。


そして、今、無血市民革命とも言える、日本人にとって史上初めての政権選択のときを目前にして、またしても竹中平蔵は表舞台にしゃしゃり出てきた。国会ではなく、マスコミという舞台で、自民党に辟易した人たちの気を引き、民主党の票を少しでも削り落とすために、おぞましい踊りを披瀝しはじめた。

竹中平蔵が、人前に出るためには、どうしても消しておかなくてはならないものがあった。
植草さんの言葉である。

何度逮捕してみても、むちゃくちゃな判決で有罪にしても、いっこうにヘコタレない植草さんが、毎日何万人もの人に向かって言葉を送っているうちは、竹中はテレビで偉そうなことを言っていても、実は○○は縮み上がっている。
「は、はやく収監しろ! なにをグズグズしているんだ!」

こうして、植草さんは、本日からしばらく、戦いの場を刑務所に移すことになった。

弁護士さん、ぜひとも頻繁にメッセージを発表して下さい。
できれば、植草さんのブログに代筆でアップしていただくと、非常に多くの人の目に届くと思います。
多くの目が注目することが、獄中の植草さんを守ることにもなります。


念のため。文中の竹中平蔵の心情や発言は、言うまでもなく私の想像の産物。
ただし、私の心の中では、おおむねこんな感じだろうと確信している。


※さっそく弁護団の声明が

植草一秀氏の刑事事件弁護団声明

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK68掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。