★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK72 > 859.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ、現代日本の社会の中において、無責任な組織体制運営活動において、偽善・欺瞞的な不正・不正義な現代的・病理社会的な社会
http://www.asyura2.com/09/senkyo72/msg/859.html
投稿者 matuoka yuuji 日時 2009 年 10 月 07 日 15:12:15: noT716RWWrvIk
 

【なぜ、現代日本の社会の中において、無責任な組織体制運営活動において、偽善・欺瞞的な不正・不正義な現代的・病理社会的な社会行動が横行し、蔓延するのか?】

 

その不全・無責任な社会機能の建て手直しの方策において、その十全なる機能が作り出されて、実行され、その有効性が果たされる社会を創生することは可能であるのか?


1.日本の文化に根付いて存在してきている 【水に流す】 という文化的な想念・観念が、現代社会の中に、色濃く、強く、日本の社会の中で保持され続けられてきているのであろうか?。


2.日本の社会の中で、建前と本音が、まったく、正反対のままで、存在して、社会活動が、偽善的な勢力によって、行われている事に疑問を抱く人は少ないのである。


3.日本の社会に、蔓延する社会広報活動において、支配権力による不都合を覆い隠すために、偽善・世論誘導的な広報によって、国民は真実を知らされない状態にあるのである。

 悪しき勢力によって、真実を隠された目隠しの状態で、情報的な誘導広報に撹乱されている。


4.この欺瞞・偽善報道を監理・監督すべき構造体系が、この日本の社会・政治・行政の中に、存在していないのである。


5.非合法的に、社会を撹乱し、混乱に陥れるような誘導的な妖術による広報情報操作的な宣伝で、社会的な支配をもくろむ勢力が日本の社会を台無しにしているのである。


6.その中心的な勢力は、まさに、今度の衆議院選挙で、主権者である国民から不信任をつけられた前自民党、公明党によって、形成されたものである。


7.国民を困窮に落としいれ、今なお平然と、偽善的な社会正義を振りかざし、日本の社会に大きな悪しき影響力を有して、暗躍しているのである。


8.この悪魔的な、既得権力支配構造体制を打ち壊さねば、日本の社会は混乱と・混沌で、おおいつくされてしまうであろう。


9.麗(うるわ)しき日本の社会を取り戻すために、このような悪魔的な活動を行う勢力を

この日本の社会からこの悪しき構造の支配体制を糾弾し、追放させていかなければならない状態に我々は、立たさされているのである。


   元創価学会員より  2009.10.7


===============

植草一秀の『知られざる真実』 :

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/


 日本の社会に世論誘導広報宣伝妖術を使って、日本の社会に悪魔的な政治・行政の支配をもくろむ既得権益擁護の悪しき偽善的、強固な勢力の実体を公表するために、冤罪によって、窮地に追い込まれてもなお、その悪魔然の勢力に立ち向かい、戦い続ける勇気ある植草氏を最大限、支援をしていこう。

 我々国民は、この悪しき勢力に騙され続けてきたのである。


 安寧なる日本の社会を創生するために、現在の日本社会に充満する偽善・欺瞞等を拡散し、国民を混乱に導く悪しき勢力の正体を見抜いて、その実体活動を究明し、公表して、断固として、糾弾をしていこう。

============

【私のブログ】:希望のある未来を創ろう :

    http://matuoka1248.blogspot.com/

私のブログランキングのご支援を重ねて御願い申し上げ致します。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK72掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

★コメント投稿フォーム (1000字まで)
よかったら一言、ここに感想などお聞かせ下さい。
コメント投稿するとすぐにこの上部に表示されます。
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):

ch1:    ch2:  

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。