★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK73 > 105.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ私たちは反対するのか? オリンピックはいらない! 国家主義・環境破壊・金喰い虫のイベントにきっぱりNO!(かけはし)
http://www.asyura2.com/09/senkyo73/msg/105.html
投稿者 ダイナモ 日時 2009 年 10 月 09 日 19:36:02: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.jrcl.net/web/p01b.html

 十月二日、コペンハーゲンで開かれたIOC総会で二〇一六年の開催地がブラジルのリオデジャネイロに決まった。石原都知事の面子はまるつぶれだ。オリンピックはいらないと訴え続けてきた東京の仲間も現地でノーの意思を表示した。

民族差別に貫か
れた万博と五輪

 九月二十七日、東京渋谷勤労福祉会館で、「オリンピックはいらない宣言・東京」が東京にオリンピックはいらないネット主催で行われた。
 IOCは十月二日、二〇一六年オリンピックをどこで開催するかを決めようとしている。開催に名乗り出ている都市は東京、シカゴ、マドリッド、リオデジャネイロだ。招致に向けてコペンハーゲンに、オバマ大統領や鳩山首相をはじめ各国の元首クラスが集合しアピールをした。しかし、オリンピックの開催には巨額な経費が必要とされ、民族主義を煽り立てる、と問題点も指摘され、各国での反対運動も存在している。なぜ、オリンピックに反対するのか、東京開催の問題点が明らかにされるリレートークが行われた。
 最初に、小島政男さん(東京にオリンピックはいらないネット)が近代オリンピックの歴史を概括した。 
 一八七三年から万国博覧会が開かれ、それに感激したクーベルタンがオリンピックを提案し、万博の付属として開催されるようになった。一八八九年のパリ万博で、西欧の優位を示すものとして、民族にランクをつけるために植民地の人たちが「展示」される人類館が作られた。明治政府も西欧に追いつけと内国勧業博覧会を開催した。一九〇三年に、第五回が大阪で開かれ、アイヌ民族、台湾「生蕃」、琉球、インド、ジャワ、バルガリー(インドの部族)を「展示」する「人類館」が作られた。ここには、「支那」や「朝鮮」の人たちも「展示」されることになっていたが、抗議によって中止となった。「琉球」の人たちの「展示」後、抗議があり、「展示」が中止された。万博とオリンピックの関係を知ることの重要性が提起された。
 次に小山和久さん(東京にオリンピックはいらないネット)がいかに、商業主義的に変転してきたかを明らかにした。
 「現在のオリンピックの聖火リレーや十万人動員の開会式などの雛形を作ったのはナチスの行ったベルリンオリンピックだ。引き受けた都市にカネの負担がかかると問題になり、一九八四年のロス開催から全面的な商業主義・スポーツマーケティングが取り入れられた。一九八八年のカルガリー大会では、開催日が十四日から十六日になり、テレビ放映権も八四年の三・三倍になった」。
 「東京の場合、晴海を中心にコンパクトな大会ができると言われているが、実は大きなディズニーランドのようなものを作り、IOCがもうけるために、IOCが許可する以外の看板をそこに作らせないためだ。また、トライアスロンの会場のお台場の水質調査をしたがものすごく水質が悪かった。関東大地震の可能性もありこうした所での開催は問題だ」。

招致に躍起と
なる石原都政

 続いて、福士敬子さん(東京都議)が招致主体の石原都政の問題点を明らかにした。
 石原は「自分がやる」と言えば、みんながついてくると思っていたようだ。三多摩の瑞穂町議会が招致決議を上げないのに対して「ほえずらかくなよ」とどう喝した。町会に招致の署名を行ったが、何もしなかった町会も結構あったようだ。最初、国威発揚を強く打ち出したが他がついてこなかったので、五輪をやれば経済が発展すると言い出している。
 カネをつぎ込み、上から指令を出す手法を行ってきた。招致費用は五十五億円で、NPO法人・招致委員会を作り、そこが民間から四十億円を集めるようにし、税金は十五億円だけだとした。しかし百五十億円にふくらんだ。都の税金で百億円、NPOが五十億円持つことになった。このようにすべてどんぶり勘定でやられている。
 優秀な職員を五輪招致のために集めた。そのことで他の部局がしわ寄せをくっている。私たちの試算だと十五億円といっていた招致のための税金の投入は二百八億になっている。こんなムダな税金の使われ方は五輪以外にない。これで東京に決まれば、大会運営費で三千億円、関連施設の整備で五千億円にもなる。元貯木場の埋め立て地が大会会場として使用され開催されることになり、大地震が来たらどうなるのだろうか。
 私たちは電話アンケートをした。その結果は賛成二五%、反対二一%、分からないが五〇%だった。IOC評価委員が来たとき、委員のアレクサンドル・ポポフさんはこの資料を欲しいと要望された。十月二日の開催地決定に向けた会議に、「何とかして東京にこないでほしい」とアピールをしてくる。

コペンハーゲンで
反対キャンペーン

 次に、都立養護学校で働くさがやまひろこさんが、どのように学校に対して五輪招致がなされているか報告した。二〇〇七年から、ポスター、署名、旗が学校に配られ、飾られるようになった。また十四歳から十九歳までのアジアパラリンピック大会に子どもたちが観戦動員された。そこはトイレが一カ所しかなく、暑くてとてもたいへんだった。障害者学校は施設が劣悪で、職員の数も少ない。食事の質も悪い。五輪にカネを使うなら、職員を増やして、まともな食事を出して欲しい。このようなことは日本だけの問題ではなく、どこでもそうだ。五輪そのものに反対する。
 スポーツジャーナリストの谷口源太郎さんがメディアはどう報道して、どう報道していないか、検証した。五輪についてはほとんどつっこんだ取材をしていない。「朝日」は盛り上げ報道だけで一切批判がない。「毎日」だけが少し問題提起している。石原が麻生と会談し、「赤字が出た場合、国が保証する」と取り付けた。しかし、「これは国会決議がなければ、憲法違反にあたるのではないか」と指摘した。それに対して、都は「毎日」に「五輪開催に反対するのか」とどう喝した。テレビは新聞以上に最悪で一切批判するなとなっている。
 東京招致の問題には二つある。一つ。石原はアジア蔑視の差別主義者だから、アジアの票はもらえない。皇太子を使おうとしたが拒否された。最後に鳩山頼みだ。二つ目。猪谷千春IOC副会長のスキャンダル。不透明なカネの流れの問題でトライアスロン大会の会長を下りた。それに女性問題で連れ合いから離婚問題を突きつけられている。十月二日まではこの問題はおさえろとなっている。
 「国の保証問題」について、ネットでは民主党に質問状を出したが、民主党の回答は、麻生内閣の対応に対して、良いとも止めるとも言わない、あいまいなものだった。今まで巨額の放送権料が運営費にも回されたので、赤字になったことがないが、インターネットで見て、本放送を見ないというようなこともあり、放送の力が落ちているので、二〇一六年開催時には、赤字も出る可能性があるという指摘があった。
 最後に長野冬季オリンピックに反対する活動を続けてきた江沢正雄さんが長野の経験を報告した。長野では、招致費は五億円の予算を立てたが実際は二十五億円かかった。東京都はすでに二百八億円かけているというのに、なぜ都民は怒らないのか。東京もそうだが、長野でも特別会計をつくらなかった。どこからどこまでが五輪会計なのか捕捉できないようになった。一兆七千億円の借金が残った。商店街はガラガラでシャッター通りになってしまっている。せっかく作ったスキー場が今では国際大会費が払えず使えない。五輪ではカネもうけはできない。五輪は外国人労働者を排除し、自然を破壊し、人権侵害を起こし、自治体を破壊し、平和に役立たない。
 オリンピックいらない宣言・東京(別掲)を採択した。四人がコペンハーゲンに行き、オリンピックは東京にいらない、世界どこにもいらないアピールをし、シカゴなど世界で反対している人たちとも交流してくると決意が述べられた。(M)


オリンピックいらない宣言・東京


 私たち「東京にオリンピックはいらないネット」は石原慎太郎都知事が2016年オリンピックを東京に招致すると発表してから発足し、約3年活動してきました。
 なぜ東京にオリンピックなのか、なぜ都民に民意を問うことをしないのかという問いから運動は始まり、これまで「誰のためのオリンピックなのか」を明らかにしてきました。

 東京都民は東京でのオリンピック開催に必ずしも積極的でないことは、IOC自身の二度にわたる調査でも明らかでした。その調査内容は、東京招致に賛成は 55・5%。反対は他の候補地をはるかに上回る23・3%もあったのです。私たちの調査では賛成と反対がほぼ同じで、むしろ無関心が多数だったのです。
 無関心の理由は、都や招致委員会が語るオリンピック招致の理念(平和や環境など)を都民がウソっぽいものとして捉えていたからに他なりません。招致の目的はオリンピック・ムーブメントに賛同するからというより、巨大開発、都心の再開発という実利を得るためであることが誰の目から見てもハッキリしていたからです。
 また石原都知事(招致委員会会長)が「国威発揚のため」と明言したように、ナショナリズムを鼓舞するためのオリンピック招致でもありました。石原都知事が当初より招致活動の顔として皇太子(夫妻)を引っ張り出そうとしていたことも、皇室を利用するというだけでなく国家元首として振舞う天皇制の強化を視野に入れたものと言えます。
 オリンピックの招致予算は当初55億円、うち都の負担が15億円と公表されていました。それが立候補ファイルの中では都負担が31億円に膨れ、やがて招致予算総額は150億円で都の負担が100億円に。それでも収まらなくて現在では総額208億円を越し、都の負担は158億円にもなっています。オリンピックに関しては当初の予算があってなきがごとしです。
 都民の合意形成もないまま、支持も実はそれほどないまま、湯水のように税金を浪費し続けてきたオリンピック招致活動です。

 私たちはこの問題と取り組み、2010年バンクーバー冬季大会に反対する人々との連帯集会を通して、国際オリンピック委員会(IOC)がコマーシャリズムを最大限に利用して肥大化し、もはや拝金主義に大きく支配されていることを知りました。またIOCは国際的な人類の平和を謳い上げながら、ナショナリズムを最大限に利用していることも知りました。

 私たちは、オリンピックは東京にいらないという主張と共に、オリンピックは世界のどこでもいらないという主張をし始めています。このままIOC、オリンピック・ムーブメントが自己変革しないならば、やがて世界のどの市民からも支持されなくなる日がやってくるでしょう。10月2日、IOCが2016年大会をどこで開催すると決めても、私たちはオリンピックに反対していきます。そこにはオリンピック・ムーブメントに食い物にされる大勢の市民がいるからです。

オリンピックはいらない!
東京にオリンピックはいらない!
世界中のどこでもオリンピックはいらない!!
2009年9月27日
東京にオリンピックはいらないネット

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK73掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

★コメント投稿フォーム (1000字まで)
よかったら一言、ここに感想などお聞かせ下さい。
コメント投稿するとすぐにこの上部に表示されます。
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):

ch1:    ch2:  

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。